こんなに違う!日本独自の【クリスマス文化】海外との違いは!? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.11.24

こんなに違う!日本独自の【クリスマス文化】海外との違いは!?

クリスマスは世界中でお祝いされている行事です。そのため、各地でアレンジが加えられており、さまざまな習慣や伝統があります。日本のクリスマスの始まりや海外と異なる点、各国のクリスマスの過ごし方を紹介します。

Tags:

【目次】
そもそもクリスマスとは
日本のクリスマスはいつから?
こんなに違う!日本独自のクリスマス文化
海外のクリスマス事情もチェック

そもそもクリスマスとは

ごちそうとプレゼントに囲まれる楽しい日、というイメージがあるクリスマスには、どのような意味があるのでしょうか?日本のクリスマスの特徴や、各国のクリスマス文化をご紹介する前に、基礎知識をおさらいします。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

キリストの生誕を祝う日

クリスマスは「キリストの誕生をお祝いする日」です。約2000年前にベツレヘムで生まれたキリストのお祝いのため、Christ(キリスト)とmass(ミサ・礼拝)を組み合わせてChristmasとつづられます。

いつ始まったかは明らかになっていませんが、一説にはローマ帝国時代にペルシャから伝わった太陽神・ミトラ教(ミトラス教)の冬至の祭りが関係していると言われています。冬至の日は1年で最も日照時間が短くなりますが、これ以降は日照時間が伸びていくので、太陽が復活する日とされていました。太陽神・ミトラ教の冬至の祭りは12月25日を主祭日として盛大に行われており、この太陽の復活とキリストの降臨が結び付いたと言われています。

さらに、この時期に行われていた農耕の祭りをも組み込み、「キリストの降誕祭」が誕生したという説もあります。

日本のクリスマスはいつから?

クリスマスは、現在、日本でも広く親しまれています。日本におけるクリスマスの起源と変化について見ていきましょう。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

16世紀、現在の山口県に伝来

日本で初めてクリスマスが行われたのは、戦国時代の16世紀とされています。イエズス会のフランシスコ・ザビエルとともに日本を訪れた宣教師コスメ・デ・トーレスらにより、周防国山口(現・山口県山口市)で降誕祭のミサが行われました。

その後、江戸時代に入ると、禁教令が出されてキリスト教は禁止されたため、一般的にはクリスマスがお祝いされることはなくなりました。ただし、長崎の出島に出入りするオランダ人たちは、冬至祭りとしてクリスマスのお祝いをしていたと伝えられています。

明治半ばごろから少しずつ広がる

一般的にクリスマスが行われるようになったのは、明治時代半ばの1900年ごろです。1900年に初めてクリスマスの売り出しが行われ、06年には新聞広告にサンタクロースが登場した記録があります。

最初は子どもの行事という側面が強かったのですが、大正天皇が崩御された12月25日が祭日になったことをきっかけに、多くの大人にもクリスマスが広がりました。戦時中は禁止されたクリスマスですが、終戦後に再開されるようになりました。

家族でケーキとプレゼントでお祝いする日として定着したのは、1960年ごろのことです。80年代以降は、恋人同士で過ごすロマンチックな日としても認識されるようになっていきました。

こんなに違う!日本独自のクリスマス文化

文化的な背景や手に入りやすい食材の違いから、日本のクリスマスには西欧諸国と異なる点があります。日本独自に展開され根付いたクリスマス文化をご紹介します。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

家族より恋人を優先する

クリスマスは「恋人と過ごす」日というイメージがありますが、家族より恋人を優先するのは日本独自のこと。海外のクリスマスは家族と過ごすのが一般的とされています。

反対に、海外ではお正月に恋人と過ごすことが多いそうです。日本ではお正月に家族や親族と過ごす家庭が多いため、クリスマスとお正月の位置付けがちょうど反対になっています。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

前日のイブのほうが盛り上がる

12月25日より「イブの24日が重要視」される傾向があるのも日本の特徴と言われています。「イブ」というのは、もともとユダヤ暦において日付の変更が日没に行われていたために生まれた風習です。

ユダヤ暦では24日の夕方に日が沈むと25日のクリスマスになるため、現在で言う24日の夜にミサを行いお祝いしていました。この風習の影響により、24日を「クリスマスイブ」と言うのです。

日本でイブを中心にクリスマスが盛り上がるようになったのは、バブル期のドラマやヒット曲の影響が大きいと言われています。メディア発信の流行を取り入れることで、イブがクリスマス本番のように楽しまれる日になったのです。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

ケーキやフライドチキンを食べる

クリスマスといえばケーキが出てくるのも日本の特徴です。ほかの国には、それぞれクリスマスのお菓子があることが多いため、クリスマスにケーキが出てくるのを不思議がられることもあります。

クリスマスのメニューとしてフライドチキンが定番になっているのも日本独自。西欧諸国ではクリスマスに七面鳥を丸焼きにします。しかし、日本では七面鳥を入手しにくいため、フライドチキンで代用されるようになりました。

また、ケーキもフライドチキンも、大手チェーン店の開催したキャンペーンがきっかけとなり定着したとされます。販売戦略の成功例とも言えますね。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

枕元にプレゼントを1つ置く

海外のドラマや映画で、大きなクリスマスツリーの下にたくさんのプレゼントが置かれているのを見たことがありませんか?欧米では、クリスマスが近づくと家族や親族から続々とプレゼントが届きます。そのため、子どもたちは、1人に1つではなく、複数のプレゼントを受け取れるのです。届いたプレゼントは、クリスマスの朝に一斉に開けます。

一方、日本では「1人に1つ」プレゼントが届くのが定番です。家族ではなくサンタクロースからいい子に届く、と子どもに伝えている家庭もたくさんあります。

また、プレゼントを置く場所は、日本ではクリスマスツリーの下ではなく枕元であることが多いです。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

海外のクリスマス事情もチェック

クリスマス当日はもちろん、準備期間や新年にかけての過ごし方は、海外でも国ごとに異なります。それぞれどのような伝統や文化があるのでしょうか?特徴的なイベントや風習を見ていきましょう。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

ドイツ

ドイツのクリスマスは4週間の準備期間である「アドベント」から始まっています。この期間には、ニュルンベルク・シュトゥットガルト・ドレスデンの3大クリスマス・マーケットのほか、多くの都市でクリスマス・マーケットが開催されており、クリスマスの飾り付けをした屋台が並びます

グリューワインというスパイス入りのホットワインや、たっぷりの蜂蜜とスパイス入りのお菓子レープクーヘンなど定番のほか、クリスマス雑貨が販売されている屋台も並びとても賑やか。

また、アドベントには、ドライフルーツやナッツの混ぜ込まれた焼き菓子シュトレンを食べるのが古くからの習わしです。非常に日持ちがするので、クリスマスまでの間に、少しずつスライスして食べます。

クリスマス問合せ殺到「パレスホテル東京」の予約締切間近のクリスマスフード【デジタルノマドの#おうち時間】

メキシコ

国民の8割以上がカトリック信者であるメキシコのクリスマス期間は、12月16日~1月6日までととても長いのが特徴です。「ナビダー」と呼ばれるこの期間は1年の間で最も大切にされています。

12月10日ごろからクリスマスツリーが飾り付けられ、メキシコの守護聖母「グアダルーペ」の生誕祭である12日にはお祭りムード一色です。飲んで食べるのはもちろん、踊りまくるパーティー三昧の期間が始まります。

一転して厳かな雰囲気になるのが24日です。日本のお正月に近い雰囲気の日で、各家庭で大量の料理を作り親族で集まります。

そして、長いお祭り騒ぎが終わるクリスマス期間の最終日に、大きな輪の形をしたパン「ロスカ・デ・レジェス」を切り分けて食べるのです。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

オーストラリア

南半球に位置するオーストラリアの12月25日は真夏です。そのため、北半球に位置するほかの国とは異なり、サンタクロースはカヌー・船・水上バイクなどで登場します。

クリスマスツリーの飾り付けは、涼し気な寒色系の色が多いのも特徴です。真夏のクリスマスですが、さまざまな場所で盛大にイベントやキャンペーンが行われ、盛り上がります。また、クリスマス料理の定番は、肉や魚介を中心としたBBQです。

オーストラリアでは1980年ごろから7月にもクリスマスを祝うのが流行りだし、広く親しまれるようになりました。真冬のクリスマスには、ほかの西欧諸国に似た方法でクリスマスを楽しむのです。

クリスマス

(C)Shutterstock.com

アイスランド

アイスランドでは、クリスマスまでの13日間に「ユールラッズ」という13人のサンタクロースが家にやってくると言われています。サンタクロースは妖精(トロール)で、それぞれの個性を持ち、とてもいたずらが大好きなのが特徴です。

このサンタクロースは、12日から1人ずつ山からやってきて24日に勢ぞろいし、25日からまた1人ずつ帰っていきます。子どもたちは、12日になると窓際にきれいな靴を用意し、やってきたユールラッズがプレゼントを入れてくれるのを毎日楽しみにしているそう。ただし、プレゼントがもらえるのはいい子にしていた子どもだけで、悪い子には腐ったジャガイモを置いていきます。

サンタクロースとバイキング時代の物語が混ざり合い生まれたユールラッズのおかげで、アイスランドの子どもたちはいい子にしていると13個ものプレゼントを受け取れます。

参考:在アイスランド日本大使館

クリスマス

(C)Shutterstock.com

 

画像ALT
『おうち歳時記』(朝日新聞出版)

年中行事、ならわし、旬の食べ物、まつり…1年を通じて楽しいことがいっぱい! 二十四節気も暮らしに潤いをもたらします。季節とともに暮らすノウハウやちょっとしたアイデアが満載です。

画像ALT

和文化研究家

三浦康子

古を紐解きながら今の暮らしを楽しむ方法をテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Web、講演などで提案しており、「行事育」提唱者としても注目されている。連載、レギュラー多数。All About「暮らしの歳時記」、私の根っこプロジェクト「暮らし歳時記」などを立ち上げ、大学で教鞭もとっている。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)ほか多数。

あわせて読みたい
▶︎ホリデーシーズンは旅へ!サンディエゴで過ごしたクリスマス
▶︎遊べるおもちゃ屋「ハムリーズ」が楽しい理由を考えてみた

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事