ライフベスト着用時は「像」に要注意?【元CAの中国語ってムズカシイ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.02.10

ライフベスト着用時は「像」に要注意?【元CAの中国語ってムズカシイ】

同じような発音の言葉や日本語にはない発音が多く存在する中国語。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、新人のころに体験した中国語のしくじり談とは…? 連載第10回目は「像」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

合格通知を受け取った1週間後、異国での新しい生活が始まりました

スーツケースひとつで台湾に降り立った次の日から3か月間に渡るイニシャルトレーニングが即スタート。

英語と中国語での授業に毎日頭の中は沸騰状態。聞き取りだけでなく、サービス会話や緊急脱出時の指示出しも、中・英・日の3か国語でいえることが必須でした。

(c) shutterstock.com

最初はまったくチンプンカンプンだった中国語も、毎日ぶつぶつ呪文のように唱えていると、それなりに通じるくらいにまで上達するもので、1か月ほどすると実寸台のモックアップ(実寸サイズの機内)での実施試験でも、本番さながらに大きな声で緊急脱出の指示が中国語で出せるようになっていました。

それでもやはり発音には日々苦戦。音自体は合っていてもアクセントを間違えてしまい、まったく違う意味の指示出しになっていた (冷汗) 、なんてこともありました。

「像」は〝〜のように〟の意味。「像 (シャン)」と「想 (シャン)」、発音は似ているけれど間違えると…

たとえば危機感迫った緊急着水時、CAはライフベストを着るよう乗客に指示します。

「ライフベストは椅子の下に! 私のように着て!」
「Lifevest is under your seat! Put on your lifevest like me!」
「救生衣在你座位底下! 穿上救生衣我一樣!」

この中国語のフレーズ、問題は「像 (シャン)」の発音。

実は、「〜のように」という意味の「像 (シャン)」と、「想う、恋しい」という意味の「想 (シャン)」の発音がよく似ているが故に、指示出しのときに間違ったことがありました。

「救生衣在你座位底下! 穿上救生衣我一樣!」(ライフベストは椅子の下に! 私を想うように着て!)

そんなトンチンカンなことを試験で叫んでしまった日には「やり直し〜!」と教官の鋭い声が飛んできたものです。

〜のように=像 (Xiàng)
想う、恋しい、〜がいなくて寂しい=想 (Xiǎng)
(例) I miss you=我想你

(c) shutterstock.com

さらにどうしても覚えられない緊急時のフレーズは、(少々無理ある) 語呂合わせを発明し頭に叩き込むという作戦で乗り越えていました。一度も使うことがなかったからよいものの、今思えば本当にひどい内容でした (苦笑)。

さて、ここまで私たち日本人クルーのしくじり談をご紹介してきましたが、連載第11回目の次回は台湾人クルーが日本線でやらかした印象深いしくじりをご紹介したいと思います。

【続】

▼ あわせて読みたい記事
先輩に「熊貓」の話をするのはやめておこう【元CAの中国語ってムズカシイ】
野菜市場で「荔枝」を買えるようになれば一人前?【元CAの中国語ってムズカシイ】
緊急脱出時に「床」は不謹慎発言?【元CAの中国語ってムズカシイ】

画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事