もしかしたら間違った言い方をしているかも!「汚名挽回」って言葉は正しい? 間違い? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.03.06

もしかしたら間違った言い方をしているかも!「汚名挽回」って言葉は正しい? 間違い?

その言葉正しく使えていますか?「親子で学べることばクイズ」連載、本日のお題は【汚名挽回】。

Tags:

汚名【挽回】ではなかった!

たとえば仕事でミスをしたとき、「次こそは成果を出して挽回しよう!」というシーンは誰にでも起こり得ることですが、この様子を表す慣用句があります。

「ミス=汚名」と言い換えて、その状況を挽回するということで「汚名挽回でしょ?」と思った人もいるかもしれません。

しかし、それは間違いなんです!

間違っているのは「挽回」の部分。

この場合は、「挽回」ではなく別の言葉が入ります。

さらにヒント!“一般に、返すこと。または、受け取らないこと„を意味する言葉が入ります。

 

分かりましたでしょうか?

【汚名○○】の〇〇に入る正しい言葉とはいったい???

 

正解は…

 

Domaniドマーニ言葉ことば正しい読み方正しい使い方言葉クイズ知ってるつもり意外と知らない間違えがち間違えやすい言葉汚名返上汚名挽回

 

汚名【返上】

でした!

お‐めい【汚名】
悪い評判。不名誉な評判。
「―を着せられる」「―をそそぐ」「―返上」
〔補説〕
「汚名挽回」「汚名を挽回する」は正しくないとされる。「汚名返上」「汚名を返上する」「名誉挽回」「名誉を挽回する」が正しい使い方。「汚名挽回」を誤用とする説、正しいとする説とがあるが、これは「挽回」の解釈の相違による。誤用説は「失ったものを取り戻す」意とし、正しいとする説は「もとのよい状態を取り戻す」意とする。
文化庁が発表した平成16年度「国語に関する世論調査」では、「前回失敗したので今度は―しようと誓った」という場合に、本来の言い方とされる「汚名返上」を使う人が38.3パーセント、本来の言い方ではない「汚名挽回」を使う人が44.1パーセントという逆転した結果が出ている。

【返上:へんじょう】
返すことを、相手をうやまい、へりくだっていう語。また、一般に、返すこと。または、受け取らないこと。
「タイトルを―する」「休日を―して働く」「汚名―」

Domaniドマーニ言葉ことば正しい読み方正しい使い方言葉クイズ知ってるつもり意外と知らない間違えがち間違えやすい言葉汚名返上汚名挽回

~【汚名】の類語紹介~

その1:悪名

【悪名:あくめい】
悪い評判。よからぬうわさ。あくみょう。
「―が高い」

その2:面汚し

【面汚し:つらよごし】
その人の属する社会や仲間の名誉を傷つけること。面目を失わせること。
「旅の恥はかき捨てでは日本人の―になる」

その3:札付き

【札付き:ふだつき】
1.札がついていること。特に、商品に正札がついていること。また、そのもの。
2.定評のあること。特に、悪い評判が定着していること。また、その人。
「―の悪党」
〔補説〕
良い評判は「折り紙付き」という。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

こちらの記事もたくさん読まれています

【対処療法】この言葉に1ヵ所、間違いがあります。あなたはどこが違うか正しく答えられますか?
大人なら間違えずに答えたい!「社交辞令」と「社交辞礼」、正しいのはどっち?

イラスト/©Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事