Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.04.07

誤用に注意!【反面教師】の意味は? 類義語、対義語もチェックしよう



「反面教師」とは「悪いことをしている人を見て反省する」ことです。由来は中国の毛沢東から来ています。誤用をするケースもあるため、注意が必要です。この記事では「反面教師」の使い方や例文と一緒に、3つの類義語についても解説します。意味を正しく知って、教訓を得ましょう。

Tags:

反面教師とは「悪いことをしている人を見て反省する」こと

「反面教師」とは「悪いことをしている人を見て反省する」ことです。読み方は「はんめんきょうし」です。辞書では以下のように解説されています。

反面教師

【反面教師】
悪い見本として反省や戒めの材料となる物事。また、そのような人。

「反面教師」の「教師」は、正しいことを教えてくれる人のことを指します。「反面」は、正しくないことという意味です。あの人のように悪いことをしてはいけないと自分を戒めるニュアンスがあります。

そのため悪いことをしている人を見て同調してしまうと、「反面教師」に当てはまらなくなります。間違った使い方には、注意が必要です。

「反面教師」の由来は毛沢東

「反面教師」の由来は、中国の偉人である毛沢東が考えた言葉です。毛沢東は、組織に在籍している間違った指導者をあえて追放しませんでした。組織に残らせて、間違った行動をしている人を見本とし孤立させていたのです。

その人物を「反面教師」と名付けて、周りへの戒めとさせました。なぜなら同じことをする人を増やさないためです。「反面教師」は、人間とは周囲にいる誰かと比較して、より良い行動をするという考え方が元になっています。

中国では、「反面教員」と表記されますが、日本で使われている「反面教師」を用いてもそのままの意味で伝わります。

「反面教師」は誤用に注意する

「反面教師」は、誤用しやすい言葉のため注意しましょう。「反面教師」を誤用する例で多いのが、良い部分を見て学ぶパターンを「反面教師」と表現してしまうことです。「反面教師」は、良い部分から学ぶことではありません

悪い部分を見本にして、そこから反省し活かしていくことです。間違ったまま使ってしまうことのないように注意しましょう。

「反面教師」の使い方と例文

ここからは、「反面教師」の使い方と例文を見ていきましょう。「反面教師」は、基本的には名詞として用います。意味と同様に悪いことをしている人を見たときに、自分への戒めとして捉えるときに使います。

反面教師

基本的には自分自身の心のなかで考えるケースが多いといえるでしょう。しかし例えば後輩などを相手にあの人のようにならないでほしいという意味を込めて「反面教師」を使う場面もあります。相手に伝える場合は、意味を取り違えないよう慎重に伝える必要があります。

以下で例文をご紹介するので、参考にしてみてください。

〈例文〉
私の失敗を【反面教師】にしてほしい。
・いつも遅刻してくる友人を【反面教師】とし、自分は同じ行動をしないようにする。
・受験に失敗した姉を【反面教師】にして、これからしっかり勉強時間を確保する。

「反面教師」の類義語3つ

「反面教師」の類義語は、3つあります。

1.他人の間違った行いも自分の糧になる「他山の石
2.他人がしている悪行から学ぶ「人のふり見て我がふり直せ」
3.戒めの意味もある「人を以て鑑となす

反面教師

反面教師」とのニュアンスが微妙に違うため、使い分けに迷わないように以下を参考にしてみてください。それぞれ詳しく解説します。

【類義語1】他人の間違った行いも自分の糧になる「他山の石」

1つ目の類義語は、他人の間違った行いも自分の糧になる「他山の石」です。読み方は「たざんのいし」です。辞書では以下のように解説されています。

【他山の石】
自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。

「他山の石」の由来は、中国最古の詩篇である『詩経』からです。「他山の石以て玉を攻むべし(たざんのいしもってたまをおさむべし」という言葉が語源です。他の山に転がっている石でも、自分の玉を磨くのに役に立つことからこのような意味になりました。

以下で例文をご紹介するので、参考にしてください。

〈例文〉
・他人の失敗は笑うのではなく、【他山の石】として自分を高めるための学びとしよう

【類義語2】他人がしている悪行から学ぶ「人のふり見て我がふり直せ」

2つ目の類義語は、他人がしている悪行から学ぶ意味がある「人のふり見て我がふり直せ」です。辞書ではこのように解説されています。

【人のふり見て我がふり直せ】
他人の行いの善悪を見て、自分の行いを反省し、改めよ。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

人の経験や失敗を見て自分自身が気づいていなかったことを改めて自覚し、直していくといったニュアンスも含んでいます。「自分は同じことをしていないか」行動を振り返るところが、「反面教師」と異なる点です。

以下で例文をご紹介するので、見ていきましょう。

【例文】
・友人がケアレスミス100点を取り逃していた。【人のふり見て我がふり直せ】で、自分はあのような失敗が無いよう見直しをしっかりしよう。

【類義語3】戒めの意味もある「人を以て鑑となす」

3つ目の類義語は、戒めの意味もある「人を以て鑑となす」です。唐書に記載されていた言葉で、鑑は鏡のことを指します。相手の悪い部分は、鏡のように自分にも同様の部分があるからこそ理解できるといった意味があります。

相手の悪い部分を見たら、自分にも同様の部分があるから気をつけなければいけないと戒める言葉です。

以下で例文をご紹介します。

【例文】
・【人を以て鑑となす】ことは、人として重要なことである。

「反面教師」の対義語

「反面教師」には、以下の対義語も存在します。

反面教師

正面教師:良い手本であり、正しいことを教えてくれる人
模範:見習うべき手本
見本:具体的な例

いい部分を見て習う対象という意味合いが込められている言葉が、対義語として存在しています。中には「教師」が対義語である説もあります。

しかし、教師は自ら教えるのに対して「反面教師」は教えてくれません。そこに違いがあるため、教師は対義語にはならないのです。

まとめ

「反面教師」とは「悪いことをしている人を見て反省する」ことです。中国の毛沢東が発案した言葉で、組織で実践していました。

反面教師

「反面教師」を良い部分を学ぶときにも使うのは誤りです。正しくは悪い行いをしている人を見て、反省することなので注意しましょう。「反面教師」の使い方に悩む方は、今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

「反面教師」には、類義語もあります。「反面教師」とニュアンスが少し違う言葉もあるため、使うときには注意しましょう。良い部分について言及したいときは対義語を使ってください。

こちらの記事もおすすめ

職場の〝合わない上司〟への対処法とやってはいけない行動(まとめ)
どうして【上から目線な人】になるの?そんな人との関係性を上手に築く方法もご紹介!

イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事