【月経カップ】から始まった私の新生理ライフ! 実際に使用してみて分かったメリット・デメリット | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.04.14

【月経カップ】から始まった私の新生理ライフ! 実際に使用してみて分かったメリット・デメリット

最近、話題の生理用品と言えば吸収性生理パンツや月経カップではないでしょうか。かく言う私も月経カップ愛用者です。そこで、月経カップの購入を検討している人や、気になっている人に使用中の月経カップについてご紹介します! 

Text:
Mio Tsuchiya
Tags:

〝月経カップ〟存在は知っていたものの試さぬまま時は過ぎ…

数年前に行われたコスメキッチンの展示会で初めて目にした月経カップ。当時の私にはセンセーショナルな商品で、いつか試してみたいと思っていました。しかし、本当にこれで1日分の経血が収まるの? とか、外出時の交換は? とか多くの不安があり、なかなか購入まで踏み出せずにいました。

そんなこんなで試せずにいたところ、妊娠&出産で生理お休み期間に入ってしまいました(笑)。出産後も授乳していたせいか、1年以上は生理も来ず。でも、さすがにそろそろ来るのでは?? と思い、生理用品を確認していたときに思い出したのが“月経カップ”。試してみようと思っていたじゃないですか!と。

◆選んだのは「メルーナカップ クラシック・リング型 Mサイズ」

商品比較を見まくって選んだのは「メルーナカップ」。

いざ! とネットサーフィンで月経カップのリサーチを開始したら、数年前とは比べ物にならない種類が売っているではありませんか。どれ買えばいいんですか…??? となり、商品比較などのYouTubeを見漁った結果、私が選んだのはメルーナカップのクラシック・リング型のMサイズ。

なぜメルーナカップを選んだかと言うと、まず医療用TPEという医療器具や赤ちゃんの哺乳瓶の乳首などにも使用されている素材だったこと。あとはオーガニックコスメもドイツのメーカーが好きだったり、ドイツ製に対して個人的に信頼度が高いというのもポイントになりました。

サイズや硬さ、色、形の種類も豊富だったので、自分好みのものが選びやすかったこともありますが、ひとまずメルーナカップに決定! そしてさっそく、Amazonでポチり。

◆実際に使用開始!

いよいよ使ってみることに…商品到着後、消毒を済ませてスタンバイ。ちょっとビビりながらも、説明書をよく読んで、簡単なCフォールドという折りたたみ方でトライしたところ、苦戦しましたが何度か試したところで収まりました。とは言え、初めてなので不安もあり、ナプキンも装着しました。

直後はさすがに何かを入れたな、という感じがありましたが、あっという間にその感覚を忘れるくらい違和感なし! 入れるときの感覚はタンポンと似ているかもしれませんが、タンポンは経血を吸収すると膨らんでくるのに対して、月経カップは膨らむこともなく、出すときも苦しくない。ステムも体内に収まっていて、紐が体外に出ていることがないから、そのままトイレに行けるというのがすっごく便利です。

私は過多月経のため、とても経血の量が多いです。そのため、生理中はナプキンを交換するためだけにトイレに行くこともしばしば。1日に何回もトイレに行くのは面倒だし、いつ経血が漏れるかヒヤヒヤしながら過ごすのも、本当にストレスでした。まず初めて月経カップを使ったときに感動したのはこの点です!

自分のタイミングでトイレに行けるって最高じゃん!!! ちょっとしたことかもしれませんが、今までストレスに感じていたことが減ったのはとても嬉しいこと。さらに、経血が体内にとどまっているから、ムレずに嫌なニオイもなく衛生的です。初日ですでに生理中の不快ポイント2つが解決。

◆月経カップの処理方法!

とは言え、先述した通り過多月経の私はこのサイズでも1日もちません。トイレに行ったら、ナプキンに経血が漏れていて交換することに。初めての交換にビビりながらもステムを探り、キャッチして引き抜こうとするものの、なかなか抜けない…。取り出すときのポイントをあまり読んでいなかった私は悪戦苦闘(笑)。

なんとか取り出せたものの、本当に出せるのかと焦った〜!

指でステムの根本をつかんで、カップを少しつぶして空気を入れてから引き出すというのがポイントなのです。ネットで見た骨盤底筋を使って(いきむように)カップを押し出す、というところだけ頭に入っていたものの、なぜかカップを軽くつぶすという工程を見逃していました…。

3回目の取り出しのときは、つぶしながら出したものの、指がすべって膣口ギリギリでリムが開いてしまい、激痛!

そんな失敗もありながら、練習あるのみ!と、めげずに再挿入。再び挿入するときは経血をトイレに流したあと、おしり拭きをトイレに持ち込み、カップをふきふき。「1日1回はお風呂などできれいに洗浄してください」と書かれていたものの、ウエットティッシュなどで軽く拭けば再度使用できるというのも月経カップの良いところ。

外出先でも、ウエットティッシュを持っていれば安心です。カップだけでなく、汚れた手も拭けるので一石二鳥。ウエットティッシュはトイレに流せないのが難点ではあるけれど、流せるタイプなら、その問題も解決します。温水洗浄便座であれば、ビデでカップをすすいでしまいます(笑)。そうすれば仕上げにウエットティッシュで軽く拭くだけ。ゴミも減るし、何しろ簡単。

夜はお風呂でカップを洗って、そのあと耐熱容器に水と月経カップを入れてレンジでチン! これだけで煮沸消毒も完了するからお手入れも簡単です。あとはしっかり乾かして、翌日に備えます。

そして、使用2日目にして、挿入は少しうまくなってきたかも! と思っていたら、なんだか違和感もあるし、入れて間もなく経血がつたう感覚があり。どうやらカップが中でうまく開いておらず、正しく装着できていなかったよう。過信してはいけないですね…。反省しました。

3日目、4日目は反省を活かしてスムーズに使用できました!私は経血の量が落ち着いてきたところでナプキンにシフトしました。月経カップを使う期間は試してみてから、自分の感覚で判断すると良いのかなと思います。

翌月また、ドキドキしながらトライ。でも、使い始めてしまえば、なんとなく感覚や失敗を思い出し、挿入も取り出しもスムーズにできました。私の場合は1回の生理中に何度か出し入れを練習ができたので、わりとすぐにコツがつかめたのかもしれません。なかなか入らないというときは、カップのたたみ方もいろいろ試してみるといいかも。

私もはじめはCフォールドで挿入していましたが、今はパンチダウン派です。

個人的には経血の量が多いときはCフォールドでも入るのですが、量が減ってくると入れにくくなります。そんなときはパンチダウンにすると先端が小さくなるので入れやすい。カップの開きやすさで言うとCフォールドで、入れやすさはパンチダウンという感じです。他にも折り方はいろいろあるので、ベストな折り方を探ってみてください。

◆実際に使用してみて分かったメリット・デメリット

私が使った結果のメリットとデメリットをまとめてみました。

【メリット】
・ナプキン交換のためだけにトイレに行かずにすむ
・繰り返し使えて経済的ゴミが減る
・経血の量がわかる気になるニオイがしない
・ナプキンのストックを減らせる
・ムレないからかゆみやかぶれることもない
・経血を気にせずお風呂に入れる

生理中でも、気にせずお風呂に入れるというのも大きなメリットだと思います。子どもとお風呂に入るとき、血が出ていて気まずい思いをした経験がある人もこれで安心! 温泉やプール、海などのレジャーのときも便利です。ゴミの量が減るというのも地味に良い。

【デメリット】
・手が汚れる
・慣れるまでの苦労
・初期投資がある

デメリットに上げた初期投資については、多少の初期投資はかかるものの、ナプキンを買い続けるのを考えると、将来的にはかなりお得!

最後に

私は経血量がとても多いので、「月経カップ+ナプキン」というスタイルで落ち着いています。それでも、以前と比べたらストレスが確実に軽減しましたから、月経カップのみで過ごせる人はより快適に過ごせると思います!

これまでは夏のムレやすい時期は特に、不快感やニオイなども気になっていましたが、次の夏からはその心配もなさそうなので、期待しています。そして、使い捨てのナプキンはいまだに使っていますが、今までより、かなりゴミの量を減らすことができています。サスティナブルな行動という点でも、ぜひみなさんに月経カップをおすすめしたいです。

あわせて読みたい
▶︎N.Y.発のセレクトショップ【New Stand Tokyo】で見つけたフェムテック商品と新しいセルフケアの形
▶︎【生理用品】いつものナプキンにオンするだけ? 巷で話題の「ソフィ シンクロフィット」を試してみた!
▶︎【生理用品】今どきのエコで快適なサニタリーショーツとナプキン集めました!

公式ホームページ:メルーナ
インスタグラム:@melunajapan

取材・文/Mio Tsuchiya イラスト/腹肉ツヤ子

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事