子どもが【着替えを嫌がる・時間がかかる】でお困りのママたちへ、専門家の言葉が沁みる… | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.06.06

子どもが【着替えを嫌がる・時間がかかる】でお困りのママたちへ、専門家の言葉が沁みる…

未就学児の間にできるようになることのひとつとして〝お着替え〟があります。大人からすると1分で終わる着替えが、子どもにとってはまるで大きな山を登るくらい大変に感じる子も。このつまづくことも多い〝お着替え〟どう対処していけばいいのでしょうか。

Tags:

スムーズに着替えさせるにはどうしたら良いの?

「着替えは、5歳くらいで概ね自分で着替えられるようになると言われています。自分でやろうと思えばできるけど、着替えを嫌がる・時間がかかるのはなぜなの?と思う親御さんも少なくないはず。それには様々な理由があり、それぞれ対応も異なります」と話すのは、スクールカウンセラーとしても活動している臨床心理士・吉田美智子さん。

朝の忙しい時間や、早く寝かせたい夜に【スムーズなお着替えタイム】を実現にするにはどうしたら良いのでしょうか。

着替えを嫌がる子ども、どう接する?

着替えを嫌がるのには様々な理由が。それぞれの対処法をご紹介していきます。

●洋服自体が嫌い・洋服を着ることが嫌い

「本人が気に入る洋服を買うところからスタートです。また大人はかわいい洋服と思っていても、子どもにとっては着にくい・チクチクする・キツイということも。自分で着替えをさせるには、シンプルでストレッチの効いたものを選んでみてください」

●不機嫌・面倒臭がる

「着替え後の楽しみを作ってあげてみましょう。例えば、着替えが終わったらジュースが一口飲める、ラムネが1個もらえるなど」

●イヤイヤ期

「この時期は本人のペースに任せるか、最悪そのままでも良しとしましょう。朝着替えをしなければパジャマのまま園へ。夜パジャマを着たくないと言えば洋服のまま寝かせてみましょう。特に朝は、親が恥ずかしい思いをするかもしれません。でも周りの親も同じ経験を持ってるはずです。そして、時間が経つと子どもも違和感を感じます。次に繋げるためにも「なんだかおかしいね、次はちゃんとお洋服を着ようね」と声がけは忘れずに」

●実は出かけたくない

「保育園や幼稚園に行きたくなく、着替えを嫌がっている場合もあります。本人に理由を聞いてみたり、先生に変わった様子がないか聞いてみましょう。そんな場合は、ちょっとの遅刻も大目に見る気持ちで接してあげられるといいですね」

子供 着替え いやいや

【育児ストレス】を解消するには? 発散方法や自宅でできるリフレッシュ方法まとめ

着替えに時間がかかる子ども、どう接する?

着替えは嫌がらないけど時間がかかる。園児の間はまだまだ〝急いで着替える〟〝手早く着替える〟はできなくても当たり前の年齢。親にとってはもどかしい時間ですが、シチュエーション別の対処法で乗り切りましょう。

●着替えの途中で気が散っちゃう

「着替えるときの環境を見直しましょう。周りにおもちゃがあれば遊んでしまいますし、TVがついてれば夢中になります。朝であれば、何もない寝室で着替えを終えてからリビングへ誘導、夜ならお風呂上がりに脱衣所でパジャマを着るのが好ましいですが、そうもいかないのが子育て。時間がかかることに親がイライラしてしまうのであれば、手伝ってしまったほうが精神衛生上良しとなります」

●園で時間がかかると言われたとき

「着替えのプロセスで苦手な動き(特にボタン)があるときは、日頃から生活や遊びの中で指使いを練習できる場面を作りましょう。折り紙や紐にストローを通すなど、子どもが繰り返しやりたくなるような遊びを見つけてください。

親としては忙しい時間帯に、着替えひとつに手間暇かけていられないと思うのが正直なところ。卒園するまでずっと親が着替えさせているのは少し考えものですが、子どもの気持ちを尊重してパジャマのままの日があったり、親の都合に合わせて全て着替えさせてしまう日があったり、どちらもが混在していればOKではないでしょうか。〝できるようにしなきゃ〟と気負わず、親子で譲り合って【スムーズなお着替えタイム】を構築できるといいですね」

写真・イラスト/Shutterstock.com 取材・文/福島孝代 

あわせて読みたい
▶︎言い返してくる娘を〝生意気〟と感じてしまう…前思春期の娘とどう付き合う?
▶︎5月の連休明けに急増!子どもの「学校行きたくない」に親はどう対処すべき?

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事