身の回りに絶対いる!「人を見下す人」の心理と撃退法とは?| 悲惨な末路から人を見下す癖の直し方までご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.17

身の回りに絶対いる!「人を見下す人」の心理と撃退法とは?| 悲惨な末路から人を見下す癖の直し方までご紹介

周囲に居る「人を見下す人」はどんな心理状態なのでしょうか? 今回は「人を見下す人」に対する適切な対応や、癖の直し方、たどる末路までをご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「人を見下す人」ってどんな人?
「人を見下す人」の心理とは?
「人を見下す人」の撃退法とは?
人を見下す癖を直すには?
「人を見下す人」の末路は…?
最後に

「人を見下す人」ってどんな人?

「人を見下す人」ってどんな人なのでしょうか。幸いにも周囲に「人を見下す人」がいない人は、ピンとこないかもしれませんね。「人を見下す人」は、人を馬鹿にした態度をとったり、上から目線で話してきたり、人の話を鼻で笑ったりと、カチンとくる態度をとります。このような「人を見下す人」の撃退法を知っておくと、いざという時に嫌な気分にならずに済むことも。

人を見下す人

(C)Shutterstock.com

また、知らず知らずのうちに自分自身が「人を見下す人」になって、他人に不快な思いをさせてしまっている可能性もあります。以下でリストアップした「人を見下す人」の特徴を自分自身と照らし合わせて、よく確認してみてください。あわせて、人を見下す癖を直す方法もご紹介しておきます。

「人を見下す」意味を持つことわざは?

一度は聞いたことがあるような有名なものから難しいものまで、人を見下すことわざは、数多く存在します。これらの言葉を投げかけられたら、見下されていると思って間違いありません。

▷「井の中の蛙(いのなかのかわず)」

これは、「井の中の蛙、大海を知らず」という言葉を短くしたものです。井戸の中の世界がすべてだと思い、世界には大きな海があることも知らずにいる、という内容で、見識の狭さを表しています。良く知られている言葉なので、耳にしたこともあるのではないでしょうか。

同じように、「鍵の穴から天を覗く(かぎのあなからてんをのぞく)」、「葦の髄から天井を覗く(よしのずいからてんじょうをのぞく)」というのも、狭い見識で大きな問題を考えることの例えです。

▷猫に小判、豚に真珠

価値がわからない人には、価値のあるものも意味をなさない、という内容です。これを言われたら、見下されていること間違いなしです。

▷独活の大木(うどのたいぼく)

図体ばかりがデカくて中身が伴わず、役に立たないことを意味します。この言葉も、かなり相手を見下した内容です。

▷下手の考え休むに似たり

これは、能力のない者が長く考えても、時間を浪費するだけで休んでいるのと変わらない、という意味です。

「人を見下す人」の心理とは?

「人を見下す人」をスピリチュアル的な観点で分析すると、その人が成長途中であるとも言えます。自分にストレスのかからない程度に見守ってあげるのも、一つの手です。

人を見下す人

(C)Shutterstock.com

友人関係では「人を見下す人」は少ないかもしれませんが、職場のような、好き嫌いにかかわらず人が多く集まる場には、「人を見下す人」は一定数存在します。ここでは、「人を見下す人」の特徴と心理について説明します。

1:マウンティングしてくる

「人を見下す人」は、自分の優位性を確認したいという心理から、しつこくマウンティングしてくる特徴があります。マウンティングはカッコ悪い行為です。はっきりと「それってマウンティング?」と聞いてみるのもいいでしょう。

2:ストレスがある

「人を見下す人」は、ストレスが溜まっている場合が多いです。ストレスのはけ口として、人を見下したような態度をとるのです。

3:他人と比較して優越感に浸りたい

自分のほうが優れていると自負し、他人と比較することによって、優越感に浸りたい人もいます。

4:揚げ足をとる

人の失敗には人一倍目ざとく、失敗を見つけると大げさに騒ぎ立て、見下した態度をとります。

5:自慢話が多い

人からすごいと思われたいため、自慢話が多いのも特徴です。

「人を見下す人」の撃退法とは?

不幸にも周りに「人を見下す人」がいる場合、どのように対処・撃退すればいいのでしょうか。

人を見下す人

(C)Shutterstock.com

1:大きな心で接する

「この人はスピリチュアル的にまだ成長段階なんだな」と、大きな気持ちで接してあげましょう。

2:できるだけ関わらない

なるべく関わらないことで、不快な思いをしないで済むでしょう。職場などで距離が置けない場合は、普段の会話は普通にし、人を見下した発言に関してはスルーするといいでしょう。

3:はっきり指摘する

前の項目でも述べましたが、マウンティングしてくる人に対しては、「それってマウンティング?」と聞いてみるのもいいでしょう。マウンティング=カッコ悪いという風潮がありますので、自分のしていることのカッコ悪さに気づいてくれるかもしれません。

人を見下す癖を直すには?

ここまで読んで、もし自分自身に「人を見下す人」の特徴が見られる場合は、今すぐに以下の方法を試して、癖を直しましょう。

1:相手の立場になって考える

これを言ったら相手はどう思うか、どう感じるかということを考えてから発言すると、人を見下すような言葉にはならないでしょう。

2:相手の良いところに目を向ける

自分と比べて相手の劣っているとことを見つけるのではなく、相手の優れている点、いいところを積極的に見つけ、それぞれの良さがあることを尊重しましょう。

3:自分自身を見つめ直す

「もしかしたら、人を見下した発言をしていたかも」と思った人は、これを機に、自分自身を見つめ直してみましょう。自分のいいところも、悪いところも理解することによって、他人への理解も深まることでしょう。

「人を見下す人」の末路は…?

「人を見下す人」にはどんな末路が訪れるのでしょうか。

人を見下す人

(C)Shutterstock.com

1:人に見下される

人を見下していると、その行いはいずれは自分にも。これを因果応報と言います。人を見下すと自分に返ってくるのです。

2:友達が去っていく

「人を見下す人」からは友人も去っていくでしょう。誰も、上から目線で人を傷つける人と一緒にいたいとは思わないものです。

3:誰も助けてくれなくなる

「人を見下す人」は、誰の助けも得られません。自分のほうが優れていると思い、今まで見下してきた人たちのサポートを受けられると思うのが、そもそも間違いなのです。

最後に

人を見下すという行為には、傲慢な気持ちや、自慢したい欲望、承認欲求など、様々なものが内包されています。「もしかしたら私も人を見下していたかも」と心配になった人は、一度自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。人と接する態度にも良い変化が見られるでしょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

【文句ばかり言う人】が理解できない!どういう心理?上手な対処法をご紹介
気が強い人とはどう付き合うべき?~強く魅力的な女性を目指して~

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事