「淡白な人」とはそっけない態度をとる人のこと。特徴やNG行動についてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.11

「淡白な人」とはどんな人のこと!? 淡白な人との付き合い方とは

「淡白な人」とは、感情をあまり表に出さず、態度がそっけない人のことです。一見冷たい性格に見えますが、実は浮気をしないなど、プラスのポイントもあります。 今回は、淡白な人の特徴や相性が良いタイプ、NG行動についてご紹介します。また、淡白な人は態度がそっけなく、脈があるのかどうか分かりにくいもの。そこで淡白な人の脈ありサインについてもご紹介するので、気になる人が淡白な性格ならば、ぜひチェックしてみてくださいね。

Tags:

【目次】
 ・「淡白な人」とはさっぱりしている人のこと
 ・「淡白な人」の特徴5つ
 ・「淡白な人」の恋愛の特徴3つ
 ・「淡白な人」と相性が良い人の特徴2つ
 ・「淡白な人」との付き合い方のポイント2つ
 ・「淡白な人」へのNG行動2つ
 ・「淡白な人」の脈ありサイン3つ
 ・「淡白な人」は感情の表現が少ないことを理解しよう

「淡白な人」とはさっぱりしている人のこと

淡白な人とは、物事やお金に執着せず、欲がなくさっぱりしている人のことです。人に対しても執着することがないため、誰が相手でも淡々としています。そのため、時にはクール、冷たい人という印象を抱かれることも多いです。

淡白な人

■そもそもの「淡白」の意味はあっさり

「淡白」のそもそもの意味は、あっさりしていることです。人の性格を表す以外にも、味や色があっさりしている場合にも使用可能です。例えば料理で味付けがあっさりしている時には、淡白な味と表現します。

「淡白な人」の特徴5つ

淡白な人の特徴には「態度がそっけない」、「あまり他人に関心がない」、「1人で過ごすことが多い」、「思考が論理的」、「ムキにならない」ということが挙げれらます。それぞれ詳しく見てみましょう。

淡白な人

1. 態度がそっけない

淡白な人は感情を表に出すことがあまりありません。例えば驚くような話を聞いた場合、他の人は「えっ?!そうなの?」と驚いても、淡白な人は「へぇ、そうなんだ。」程度のリアクションしかしないのです。

相手からすると、せっかく楽しい話をしても反応がなければつまらないもの。また、人によっては「もしかして、話が不快だと怒ったのでは?」と不安を抱いてしまう可能性もあるでしょう。

2. あまり他人に関心がない

淡白な人は、物やお金などにほとんど執着しません。人にも執着することがなく、関心もないので、「あのモデルさん可愛いよね!」、「今度来た課長、冷たそうに見えて実は奥さんにデレデレらしいよ」と他人の話題で盛り上がっていても、淡白な人は話題に入ってきたり、自ら話したりすることはほとんどないでしょう。

3. 1人で過ごすことが多い

淡白な人は人と話したり、仲間同士で遊んだりするより、1人でいることを好む傾向にあります。淡白な人は普段感情の浮き沈みが少なく落ち着いた性格の人が多いため、いつも冷静です。どのような状況でも1人で切り抜けることができるという特徴が見られます。

4. 思考が論理的

思考が論理的であることも、淡白な人の特徴の一つです。淡白な人は、物や人に囚われないからこそ、周りの言葉や意見、推測に惑わされることはありません。

そのため、どのような状況でも周りの私情や想いなどには惑わされず、冷静に判断を下せます。ただし、人の感情よりも理論を優先させてしまう傾向もあるので、周りから「厳しい」、「冷たい」と言われてしまうこともしばしばあるでしょう。

5. ムキにならない

淡白な人は物事に執着しないため、「え?それは違うのでは?」と納得できないことがあったとしても、ムキになることはありません。1、2回は反論してみても、相手がムキになってヒートアップしてくると、早い段階で「もういいや」と、折れたり諦めたりしてしまうのです。すぐに諦めてしまうのは良いことではありませんが、見方を変えれば気持ちの切り替えが早いとも言えます。

「淡白な人」の恋愛の特徴3つ

淡白な人の恋愛面での特徴には、「愛情表現が少ない」、「特別な日を祝おうとしない」、「浮気はしない」の3つが挙げられます。淡白な人は恋愛面で相手に「冷たい」と誤解されがちですが、その一方で浮気はしないというメリットもあります。淡白な人との恋愛はどのような感じになるのか、特徴を見てみましょう。

淡白な人

1. 愛情表現が少ない

淡白な人の恋愛の特徴として、まず挙げられるのが愛情表現が少ないことです。淡白な人は元々愛情だけではなく、その他の感情も表に出すことが得意ではありません。

一緒にいても「好きだよ」、「愛してる」などと言葉にしたり、ハグやキスなどのスキンシップしてきたりしないので、愛情表現をしっかりして欲しい人からすると、物足りなく感じてしまうこともあるでしょう。しかし、淡白な人も性格上、愛情表現が苦手なだけで、相手を嫌ったり飽きたりしているわけではないのです。

2. 記念日や特別な日を気にしていない

付き合い始めた記念日や、クリスマスやバレンタイン、相手の誕生日などの特別な日を祝うカップルは多いでしょう。しかし、物や人などあらゆるものに執着しない淡白な人は、記念日や特別な日も興味がないので、あえて祝おうとは考えていない傾向にあります。

そのため、記念日や誕生日に「もしかして恋人がなにかしてくれるのでは?」と期待すると、何事もなく過ぎてしまい、がっかりすることになるでしょう。

3. 浮気はしない

淡白な人は、愛情表現が少なく冷たいと思われがちです。しかし、その一方で恋人を含め自分以外の人にあまり興味を持たないので、浮気もしないというプラスの面もあります。

淡白な人が浮気をしないのは、「浮気なんて面倒くさい、他人に興味がない」という気持ちからであって、愛情の深さによるものではありません。しかし、「絶対に浮気はしない人が良い!」という人にはぴったりでしょう。

「淡白な人」と相性が良い人の特徴2つ

淡白な人と相性が良い人の特徴としては、「自身も淡白である」、「穏やかな性格」という2点が挙げられます。ただし、もし当てはまらなくても、「自分は淡白な人とは合わないのか……」と諦めないでください。相性が良い人の特徴を理解して自分が変わることで、意中の人とうまくいく可能性が上がるかもしれません。相性が良い人の特徴をご紹介します。

淡白な人

1. 自身も淡白な性格

淡白な人に合うのは、同じように淡白な性格の人です。淡白な人同士ならば、リアクションが薄くても、愛情表現が少なくても、お互いが淡白な性格ゆえの行動だと分かります。

自身も淡白な性格のため、「そんなに冷たいなんて、私のこと好きじゃないんでしょ!」と相手を責めて、喧嘩になってしまうこともありません。淡白な人同士はコミュニケーションが少なく見えますが、心の中ではお互いの性格を分かり合えているので、付き合いが長いカップルも多いです。

2. 穏やかな性格

穏やかな性格の人も、淡白な人と相性が良いと言えます。なぜならば、穏やかな性格の人も感情の起伏があまりなく、穏やかだからです。穏やかな人は言動もゆったりと落ち着いているため、静かに一人で過ごしたいことが多い淡白な人との相性が良いのでしょう。

また、穏やかな人は協調性があるため、自分とは違う意見や考えであっても責めるようなことはせず、淡白な人に合わせます。「そういう性格の人なんだな」と、自然体で受け入れることができるのです。

「淡白な人」との付き合い方のポイント2つ

淡白な人と上手に付き合うためには、「淡白な性格を理解する」、「相手のペースに合わせる」という2つのポイントを押さえることが大切です。淡白な人は反応が薄かったり、愛情表現が少なかったりするため、付き合っているとイライラしてしまうことも。そんな時は、ご紹介するポイントを参考にして、上手に折り合いをつけてくださいね。

淡白な人

1. 淡白な性格を理解する

自分が淡白な性格でないと、相手のそっけない態度にイライラしたり、「本当に私のこと本当に好きなのかな」と不安になってしまったりすることもあるでしょう。しかし、淡白な人にとって、感情の表現や愛情表現が少ないことは当たり前なのです。

そして、表現が少ないからといって、楽しんでなかったり、愛情がなかったりするわけではありません。淡白な人と付き合う際は、感情の表現が少ないことを理解してあげましょう。

2. 相手のペースに合わせる

淡白な人は基本的に1人でいることを望みます。そのため、相手が「あれやってみようよ!」、「今度はあっちに行こう!」とぐいぐい引っ張りたがると、面倒に感じてしまうことも。

LINEやメールの返信も同様です。「どうして返事くれないの?」と急かしたり、こちらからだけ何通もメッセージを送ったりするとうんざりされてしまいます。淡白な人との付き合いでは、相手のペースと距離感にこちらから合わせてあげる配慮が必要と言えます。

「淡白な人」へのNG行動2つ

淡白な人と付き合う上で、注意したいNGポイントは「過度な期待を寄せる」、「干渉・束縛をする」です。これらの行動は他の人にも嫌がられる行為ですが、うっかり淡白な人にしてしまうと一気に嫌われてしまうこともあるので、注意してください。

淡白な人

1. 過度な期待を寄せる

淡白な人へのNG行動として、まず挙げられるのが、相手に過度な期待を寄せること。淡白な人は物事に執着しません。そのため、記念日や誕生日などはきちんと覚えてはいても、例えば記念日デートをしたり、サプライズプレゼントを贈ったりなど、わざわざお祝いをしようとは思わないのです。

そのため、記念日や誕生日近くに、「今は何も言わないけど、もしかしたらこっそりプレゼントを用意してくれてるかも」と期待すると、当日何もなくがっかりしてしまうでしょう。

しかし、淡白な人は決してお祝いしたくないわけではありません。ただ、相手が何も言わないので、お祝いする必要がないと思っているだけなのです。淡白な人と付き合う場合、期待してただ待つよりも率直に願望を伝える方がおすすめです。

2. 干渉・束縛をする

自分の考えで行動し、1人でいることを好む淡白な人は、必要以上に干渉されたり、束縛されたりすると嫌気がさしてしまうことがあるので注意してください。人と仲良くなりたい時、相手に色々聞いてみたい気持ちはありますが、相手が淡白な人の場合は根掘り葉掘り聞いて干渉するのは避けた方が良いでしょう。

相手が魅力的な人であるほど、浮気や他の人から好かれないかが心配になりますよね。しかし、淡白な人とお付き合いすることになった際は、相手に「異性もいる飲み会にはなるべく行って欲しくない」と言ったり、スマホをチェックしたりするような、束縛行動はとらないようにしましょう。

束縛する人は基本的に好まれませんが、淡白な人からは特に好まれません。一気に嫌われてしまう原因にもなるので、相手を信じて束縛と取れる行為はしないように注意してくださいね。

「淡白な人」の脈ありサイン3つ

感情を表に出すことが少ない淡白な人の脈ありサインは気が付きにくいですが、「他の人といる時より表情が豊か」、「なるべく長い時間、一緒にいようとする」、「自分の話をしてくる」と言った行動がみられるようであれば、脈ありの可能性があると言えます。淡白な人の脈ありサインを見逃さないように、チェックしてみてくださいね。

淡白な人

1. 他の人といる時より表情が豊か

淡白な人は、感情を表現することが少ないので、リアクションが薄いことが特徴です。しかし、気になる人といる時は、心から嬉しい、相手に共感を示したいと思うので、表情が豊かになっています。淡白な人が、他の人と話している時より、あなたといる時にニコニコとよく笑うようであれば、脈ありの可能性が高いと言えるでしょう。

2. なるべく長い間一緒にいようとする

1人の時間を大切にしたいと思う淡白な人は、例えば仕事が終わったら飲み会などに参加せずに帰宅するなど、基本的に誰かといることを避けることが多いです。しかし、好きな人とはなるべく一緒いたいと思うため、なんとか理由を付けて、好きな人と一緒にいる時間を長くしようとします。

先の例で言えば、あなたが参加する飲み会だけには参加するのであれば、脈ありと言って良いでしょう。他にも、ランチの時間いつも近くの席を取るなど、あなたの近くにいようとするのであれば、脈ありの可能性が高いですよ。

3. 自分の話をしてくる

淡白な人は、他人に興味を抱くことはほとんどありません。そのため、他人に自分のことを話すことは稀と言えます。しかし、それでも自分の趣味や出身地、好きな食べ物など、自分の話をしてくるのであれば、それはあなたに自分のことをもっと知って欲しいという気持ちがあるからです。

淡白な人が、自分が好きなことや、今ハマっていることなど、趣味や興味があることの話をしたら、脈ありのアピールと受け取って良いでしょう。

「淡白な人」は感情の表現が少ないことを理解しよう

淡白な人は、他人や物事、お金への執着がほとんどないので、感情的になることがほとんどありません。全てのことが他人事のような反応をしがちです。そのため、1人で過ごす時間が長かったり、そっけない態度をとりがちだったりするので、世間からは「冷たい」、「クール」と言わることもしばしばです。

淡白な人

しかしその一方で、他人に興味を持つことが少ないため、浮気しにくいと言ったプラスの特徴もあります。淡白な人と付き合うのであれば、相手の性格を理解して必要以上に干渉や束縛をしてはいけません。このポイントを守ることで良好な関係を築けるでしょう。

淡白な人は感情を表に出すことが少なく、脈ありサインも見落としがちですが、全くないわけではありません。気になる人が淡白な性格の人であれば、今回ご紹介した付き合い方や脈ありサインを参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もたくさん読まれています

そっけない態度を取る人の特徴や心理|実は好きの裏返し?おすすめの対処法をご紹介
無愛想な人の特徴とは?メリットとデメリット、改善方法まとめ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事