台湾で妊娠がわかると必ず勧められるツバメの巣と驚きの白い粉 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.05.30

台湾で妊娠がわかると必ず勧められるツバメの巣と驚きの白い粉

台湾で2人の男の子の子育て真っ最中の神谷知佳が台湾の育児事情などについてお届けします。

Tags:

台湾で妊娠したら「ツバメの巣(燕窩)」と「真珠の粉」がマスト!

最初私の妊娠がわかった時に複数の人から「ツバメの巣と真珠の粉を摂りなさい」と言われ、とてもびっくりしてしまい、思わず出た言葉。

「なんですか、それ?」

つばめの巣はデザートや美容に良いと有名なので聞いたことはありますが、真珠の粉は初めて聞きました。

どうやらこの二つは妊婦の免疫力を高めたり、胎盤の発育を助けたりしてくれるということで、中華系では妊婦のマスト食品なんだそう。そして妊婦へのお祝いとして人気があるそうです。

「ツバメの巣」と「真珠」を摂るのはなぜ?

ツバメの巣は不老長寿の薬膳としても珍重され、健康を高め、昔から美貌と永遠の若さを保つために食されたと伝えられています。絶世の美女と言われた楊貴妃もツバメの巣を好んで食べていたと言われています。妊娠中、私の肌の調子が今までになくとても良かったのは、もしかしてツバメの巣を食べていたから?!

真珠は主要成分の炭酸カルシウムの他にも、多種のアミノ酸や微量元素を含み、天然の保湿成分としても効果が高いのだそう。
毒素を身体から排出し、ニキビやシミ、ソバカスを徐々になくし、肌がつるつるになると言われており、お腹の赤ちゃんの肌がきれいになるよ〜!と複数の人から言われました。

台湾ではこの2つの食材を、お腹の赤ちゃんの脳の神経細胞や体の大切な器官が形成され始める妊娠初期に食すと良いとされているため、私も妊娠3〜6ヵ月まで毎日食べました。

▼燕の巣

さて、これらをどうやって食べるのか… ですが、ツバメの巣はこのようにツバメの巣が丸ごと入っているジュレタイプで、そのままスプーンで食べます。

プルプルとした食感で夏場でも食べやすいのですが、糖分の低い商品を選んだので、無味無臭です。

▼真珠の粉!

これが言葉の通り、そのまま真珠をすり潰しただけの真珠の粉だった(笑)。漢方食材店で購入したのですが、本当に真珠をすり潰しただけで、人口色素や香料、味付け、防腐剤等一切使用していないため安心ですが、お味は「食べたことはないけれど、まるでセメントのような感じ」でした(笑)。これを小さなスプーン1杯毎食後に直接口に入れて水で流し込んでいました。

ちょっと衝撃的だったので、台湾人ママに「ねえ、真珠の粉を食べてるんだけど、それって普通なの? 古い習慣なのかしら?」と聞くと「あ! 普通よ。私も食べてた」と言っていたので、やはり今も台湾での妊娠生活にはなくてはならない食材のようです。

「ツバメの巣(燕窩)」と「真珠の粉」のおかげか? 生まれた赤ちゃんはきれいな肌でしたが、赤ちゃんってそんなもんじゃないの? と思ったことは内緒です。

画像ALT

ライター

神谷知佳

台湾で2児(ともに男児)の子育て真っ最中。国際線CA→大手スポーツメーカーの人事を経て台湾移住。現在はフリーランス人事として仕事と育児のバランスを模索中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事