【ガサツ】とは細かいところに気配りができないこと。ガサツな人の特徴も解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.21

【ガサツ】とは細かいところに気配りができないこと|ガサツな人の特徴も解説

「ガサツ」とは、言葉や動作が粗雑で気配りが行き届かない様子のことです。あなたの周りにもそう思われる人がいるかもしれません。また、自身がそのような行動をしていないかも注意したいものです。本記事では語源や例文、ガサツな人と呼ばれる女性の特徴なども紹介します。

Tags:

【目次】
「ガサツ」の意味とは?
「ガサツ」の類語表現
「ガサツ」と呼ばれる女性5つの特徴
「ガサツ」の意味を把握して正確に使おう

「ガサツ」の意味とは?

「ガサツ」とは言葉や動作が荒っぽい様子で品がなく、細かいところまで気配りができない人を形容する言葉です。ガサツは「ガサガサ」という音が動詞になっているため、漢字表記がありません。語源には、「ガサガサ」のほかにいくつかの説があります。

ガサツ

ここでは、ガサツという言葉の語源や例文について紹介していきましょう。

■「ガサツ」の漢字はない

「ガサツ」は辞書に漢字表記がなく、通常はひらがな表記です。

古い文学には「粗雑」や「我殺」「粗野」といった漢字を当てている作品もありますが、正しい表記ではありません。動詞は「がさつく」で、「ガサガサ」という擬音語の「ガサ」に動詞の「つく」をつけたもの。名詞は「がさつき」になり、形容動詞が「ガサツ」です。

■「ガサツ」の語源

「ガサツ」の語源は前述のように「ガサガサ」という擬態語ですが、人の欠点を細かいところまで詮索するという意味の 「苛察 (かさつ) 」 が由来という説もあります。また、平安時代に弁舌が巧みで「江帥 (ごうそつ) 」 と呼ばれていた歌人がいて、口が達者な人のことを 「がうそつ」 と呼ぶようになり、これが 「ガサツ」 になったという説も。しかし、これらは現代の「ガサツ」の意味とはかけ離れているため、あまり信憑性はありません。

■「ガサツ」の例文

「ガサツ」の使い方を、いくつか例文で紹介しましょう。

・彼女はいつも、周りへの気遣いがないガサツな足音を立てて歩いている
・私はガサツな性格なので、あまり部屋の片付けが得意ではない
・彼はガサツで品のない性格で、周りから敬遠されている
・彼女はいつもガサツな振る舞いをするため、たびたび注意を受けている
・あの人はガサツだから、そういう細かい部分には気がつかない

「ガサツ」の類語表現

「ガサツ」の類語は、「ガサツ」の意義を2つに分けて次のような言葉に分類されます。

ガサツ

・言動が粗雑な様子

「形式ばらない」「くだけた」「丁寧でない」「荒っぽい」「荒々しい」「落ち着きがない」「品がない」「礼儀を知らない」「マナーの悪い」

・細かいところまで気にしない様子

「荒い」「乱暴」「粗野」「大雑把」「デリカシーがない」無遠慮な」「つっけんどんな」「配慮の欠けた」「無神経な」

「ガサツ」と呼ばれる女性5つの特徴

「ガサツ」はあまり良い意味ではないため、人からは言われたくない言葉です。自分は「ガサツ」と思われていないか、気になることもあるでしょう。「ガサツ」と呼ばれる女性は、細かい作業が苦手、TPOをわきまえないなど、いくつかの特徴があります。

ガサツ

ここでは「ガサツ」だと思われやすい5つの特徴を紹介しますので、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1. 細かい作業が苦手

ガサツな女性は大雑把な性格で、細かい作業が苦手です。仕分けをする、パソコンで入力するなど、コツコツとこなす仕事を嫌います。また、手先が不器用というのも細かい作業ができない原因のひとつです。

面倒くさがり屋で、トラブルが起きたときもすぐに解決しようとしません。「なんとかなる」と思い、そのまま放置して事態を悪化させることもあります。

2. 時間の使い方ができず要領が悪い

時間の使い方もうまくなく、要領が悪いのが特徴です。いつも時間に追われ、計画を立ててもその通りに処理できません。家事なども適当で、何事も後回しにします。部屋は常に散らかっている状態で、部屋の中を見ただけでもガサツな女性だとわかる場合もあるでしょう。

ガサツな人は、このような自分を自覚していて、「これは性格だから仕方がない」と思っていることも多いです。そのため、改善する努力もあまりしません。完璧に物事をこなそうという気がなく、適当に済ませようとすることが多いでしょう。

3. TPOをわきまえない

TPOをわきまえないのも、ガサツな人にありがちな特徴です。周りの目をあまり気にせず、服装なども自分が好きなものを選びます。TPOが必要な場所に、周囲から浮いた服装をしてくることも珍しくありません。

TPOの無視は行動にも現れます。その場の状況や周囲の人のことを考えず、大きな声で話すのも特徴です。他の人に迷惑だということに気がつきません。周囲が静かな場所やエレベーターの中などでも、平気で大声を出します。

大きな声だけでなく、言葉遣いが悪い、笑い方が下品なのも、ガサツな女性の特徴と言えるでしょう。

4. 整理整頓ができない

ガサツな女性は、整理整頓ができません。職場のデスクやロッカーの中は乱雑で、書類を引き出しのどこに入れたかわからなくなることもしばしばです。デスクの上を見ればひと目でガサツだとわかることもあります。

バッグや財布、ポーチの中身も整理できず、ものを取り出すときはかき回して探すこともしばしばです。財布には古いレシートがぎっしり詰まっていることも多いでしょう。

持ち物の扱いも雑です。財布やバッグを見ても、あまり手入れをしていない様子がわかります。通常であればメンテナンスするか買い換える場合でも、そのまま使い続けていることがあるでしょう。

5. 見た目に気を遣わない

見た目に気を遣わないのも、ガサツな女性の特徴です。二日連続で同じ服装のこともあり、服のシワや汚れ、ほつれ、毛玉などもあまり気にしません。髪型やメイクにもこだわらず、ノーメイクの場合もあります。

スキンケアが面倒なため肌が荒れている、髪の手入れも適当でツヤがないというのもガサツな女性にありがちです。ガサツな性格が、見た目に現れていることも多いでしょう。

「ガサツ」の意味を把握して正確に使おう

ガサツ

「ガサツ」はガサガサという音のイメージが言葉の語源で、言動などが荒っぽく、細かいことに気を配らないことを指します。ガサツには良いイメージがなく、人にガサツだと思われるのは気分のいいものではありません。周りにも迷惑をかけてしまうでしょう。記事で紹介した特徴も参考に、自分にガサツな部分があれば直したいものですね。

こちらの記事もたくさん読まれています

ズボラを卒業したい!改善する方法は?
【臨床心理士監修】正直〝めんどくさい〟って思うことはある?「100人アンケートの結果」「めんどくさがり屋から脱出する方法」を紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事