Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.10.01

結婚しない男性は「しない」と「できない」の2パターン|特徴や理由、アプローチ方法をご紹介

結婚しない男性には、結婚にあまり興味がないタイプと、したくてもできないタイプの2種類あります。結婚をしていないのは同じであっても、その理由はさまざまです。今回は、結婚しない男性の5つのタイプや4つの社会的背景、そんな男性への効果的なアプローチ方法について解説します。

Tags:

【目次】
ドラマにもなった「結婚しない男性」とは?
結婚しない男性には5つのタイプがある!特徴をご紹介
結婚しない男性が増えている4つの社会的背景
結婚しない男性への3つのアプローチ方法
結婚しない男性の特徴を掴んで適切な対応をしよう

ドラマの題材にもなった「結婚しない男性」とは?

「結婚しない男性」には、結婚できるのにあえてしない場合と、できない場合の2パターンがあります。そのうち、あえて結婚しないパターンの男性を「ソロ男」と呼ぶことも。

結婚しない男

このように結婚しない男が年々増加していることは、内閣府が実施した国勢調査の、30代男性未婚率の結果でも明らかになっています。それでは、「結婚しない」と「できない」のそれぞれのパターンと、ソロ男と呼ばれる男性のことをチェックしていきましょう。ドラマ『結婚できない男』についても、あわせてご紹介します。

参照:平成30年版 少子化社会対策白書/第1部 少子化対策の現状(第1章 3)

■「結婚しない」と「できない」の2パターンあり

結婚していないという結果は同じであっても、結婚しない男性には「しない」と「できない」の2パターンがあります。これらの結婚に至らない原因は異なるものの、人によっては両方の特徴を持つケースも。

ドラマ『結婚できない男』では、主人公が「俺は結婚できないんじゃない。結婚しないんだ!」と主張していました。主人公は結婚しない男性の特徴でもある一人で自由に暮らす生活に満足している部分と、結婚できない男性の特徴である偏屈で人付き合いが苦手だが、時折寂しく感じることがあるという部分を併せ持っています。このように、複数の要因が絡み合い、“結婚しない男”になってしまうこともあるのです。

結婚しない男性は以前に比べて増加傾向にあります。内閣府でおこなわれた国勢調査の集計結果によると、1985年時点における30代前半男性の未婚率は約30%、30代後半男性の未婚率は約15%でした。しかし、2015年におこなわれた調査では、30代前半男性の未婚率は約47%、30代後半男性の未婚率は約35%と大幅に増えているのです。

■あえて結婚しない男性を「ソロ男」と呼ぶ

先述したとおり、結婚できるのにあえて一人でいることを選ぶ男性は「ソロ男」と呼称されます。この「あえて結婚しない」というパターンの男性には結婚したいという希望があまりありません。「結婚して不自由になるよりもこのままのほうがいい」と感じているのです。

ソロ男と呼ばれる男性の特徴は、ただ結婚しないだけではありません。安定した収入があり、仕事も趣味も充実。結婚できる条件は満たしているにもかかわらず、自分から結婚しない道を選んでいる場合にのみソロ男と呼びます。

結婚しない男性には5つのタイプがある!特徴をご紹介

結婚しない男性には、以下の5つのタイプがあります。

結婚しない男

1. 自由を楽しんでいる独身貴族タイプ
2. リスクを回避したいタイプ
3. そもそも結婚に興味がないタイプ
4. 結婚しなくても女性に不自由しないタイプ・逆に恋愛が苦手なタイプ
5. 仕事が多忙で出会いがないタイプ

このうち、1~3まではあえて結婚しないことを選んでいるタイプです。女性関係に関する4はあえて結婚しないパターンも結婚できないパターンも含み、5は自らの事情により結婚できなかったタイプといえます。それでは、それぞれの特徴をしっかりチェックしていきましょう。

1. 独身貴族・自由を楽しんでいるタイプ

1つ目のタイプは、独身貴族・自由を楽しんでいるタイプです。このタイプの男性は一人でいることに抵抗がなく、なんでも自分のやりたいようにやれる自由に喜びを感じています。

結婚によって自分のペースを乱されるだけでなく、相手に合わせなくてはならないのが面倒だと思い、結婚に希望が持てないでいるのが、このタイプの特徴です。

2. リスクを回避したいタイプ

2つ目のタイプは、リスクを回避したいタイプです。結婚をすると、今までの生活とは違う生活になります。とくに男性の場合、「妻と子供を自分が養わなければならなくなるのか」というプレッシャーがかかるもの。

非正規雇用の増加など社会的な不安もあり、「責任を持ちたくない」としてリスクを回避しようとする男性が増えています。このタイプは結婚した場合の幸福など、数値に表せないメリットは信用していないのが特徴です。

そのため、結婚生活がどうであってもあるであろうリスクのほうに目がいってしまいます。

3. 結婚に興味がないタイプ

3つ目は、結婚自体に興味がないタイプです。近年では晩婚化や未婚者の増加、社会の多様化などで、「積極的に結婚をしなければ」というプレッシャーは少なくなっています。その影響もあって、結婚自体にあまり関心を持てないでいる人が増えているのです。

このタイプは結婚しないと決めたりできないと焦ったりすることもなく、自分の好きなように気ままに暮らします。そのため、「この人だ」と思える相手と出会えれば、すぐにでも結婚する場合もあるのが特徴です。

4. 女性に不自由しない・逆に恋愛が苦手なタイプ

4つ目は、女性に不自由していない、もしくは逆に恋愛が苦手なタイプです。このパターンはそれぞれまったく違う理由ではあるものの、要因が女性に関するものという点で共通しています。

女性に不自由しないタイプは、いつでも相手を見つけられるため特定の人を決める必要はないと感じています。今の生活に満足している場合は、同棲はしても結婚には二の足を踏むケースもあるでしょう。

恋愛が苦手なタイプは、自分の容姿に自信が持てなかったり、以前の恋愛のトラウマがあったりなど、恋愛や女性に対してネガティブなイメージをもってしまった人です。恋人探しすらも消極的なので、良いなと思える人がいてもうまくアプローチできないという特徴があります。

5. 多忙で出会いがないタイプ

5つ目は、多忙で出会いがないタイプです。こなさなければならない仕事が溜まっており、朝早くから夜遅くまで毎日ずっと職場にいるという人では、そもそも人と出会えるような時間がありません。

その状態では休みの日はぐったりしてしまったり、休日出勤がよくあったりという状態になってしまい、土日であっても出会いの場に行きづらくなるでしょう。

結婚しない男性が増えている4つの社会的背景

結婚しない男性が増えている社会的背景には、以下の4つの要因があります。

結婚しない男

1. 多様性を尊重する社会になってきたこと
2. 低所得・非正規雇用など生活が不安なこと
3. 出会いの場が減少したこと
4. 子育てをしにくい環境になりつつあること

先述したとおり、結婚しない男性の割合は以前よりも増加傾向にあり、個人的な事情のせいだけではなく、社会的な要因も組み合わさった結果と言えます。それでは、これら4つの社会的な背景もしっかりチェックしていきましょう。

1. 多様性を理解する社会になってきたため

結婚しない男性が増えている1つ目の社会的背景として、多様性を理解する社会になってきたことが挙げられます。昔は「結婚して家族を持つことこそが幸せである」という考え方が一般的でした。

しかし、近年では多様性を受け入れる社会になってきたため、独身や事実婚、同性愛なども受け入れられてきています。その分、周りから「結婚しないと」と言われるプレッシャーを受けることも減っており、結婚への焦りも少なくなっているのです。

2. 低所得・非正規雇用など生活が不安なため

結婚しない男性が増えている2つ目の社会的背景は、低所得での労働や非正規雇用など、生活が不安な人が増えていることです。とくに男性は、「結婚したら一家の大黒柱として家族を支えなければ」という責任感が強い傾向にあります。

家族を養えるだけの安定した収入を得られるという見込みがなければ、安易に結婚はできないと考える人も多いのです。そのため、低所得者や非正規雇用の増加など、社会的な背景によって生活への不安があると、結婚を諦めてしまう要因になってしまいます。

3. 出会いの場の減少のため

結婚しない男性が増えている3つ目の社会的背景は、出会いの場が減少してきているためです。以前は結婚適齢期を迎えた人に対して、「この人と結婚したら?」と進めてくるおせっかいなおばさんなどがいました。近年ではこういったことや両親からお見合いを進められることが少なくなり、結婚適齢期同士の出会いの場が減ってきています。

また、以前は仕事関係の人が結婚相手になることが多くありました。しかしその職場においても、人間関係の問題やセクハラの問題などがあり、職場恋愛は敬遠される傾向にあります。これらの影響から、自然に出会える場が少なくなっているのです。

4. 子育てをしにくい環境のため

結婚しない男性が増えている4つ目の社会的背景に、子育てをしにくい環境になっていることが挙げられます。「結婚=子供を持つ」と考える人は多く、子育てのためにはある程度の経済的余裕が必要だと考える男性が一定数います。

実際、子育てをしようと思うと教育費やその他もろもろの費用など、大きな金額が必要です。低所得での労働や非正規雇用といった社会不安は増えているにもかかわらず、教育など子供にかかる費用は増加傾向にあります。その結果、子育ては大変だと尻込みしてしまうのでしょう。

また、虐待行為を防止するため、周りの人たちの目が厳しくなっていることも、子育てをしにくくなった要因の一つです。虐待はできる限り防止しなければいけないものであるものの、普通に暮らしていても子供は泣いてしまうことがあります。

しつけを虐待だと言われかねない現代の環境も、結婚して子供を持つことを躊躇わせてしまう要因だといえるでしょう。

結婚しない男性への3つのアプローチ方法

付き合っている男性からなかなか結婚の話が出ないと、将来について不安になるものです。そんな結婚しない男への効果的なアプローチは、以下の3つの方法があります。

結婚しない男

1. 自立していることをアピールする
2. 料理や安らげる時間を作ることで、結婚後を意識させる
3. 思い切って別れの提案をする

「結婚したい」という願望が少ない相手に対しては、結婚願望がある男性とは違うアプローチをとりましょう。「結婚を意識してくれない男性なのに好きになってしまった」と悩んでいる人は、これから紹介するアプローチ方法を試してみてください。

1. 自立しているとアピールする

1つ目の効果的なアプローチ方法は、自立した女性であるとアピールすることです。先述のとおり、「一家の大黒柱にならなければ」という金銭的な不安から、結婚を選択できないでいるパターンも多いです。そんな相手には、頼りきりにならない女性であると感じさせることで、結婚への不安を取り除きましょう。

この方法は、「依存する女性は好ましくない」と感じているハイステータスな男性にも効果的です。寄りかかられるだけではなく、支え合っていけるだろうと感じてもらうことで、結婚後の明るい生活をイメージしてもらえます。

2. 料理や安らげる時間を作って結婚後を意識させる

2つ目の効果的なアプローチ方法は、料理でのアピールや安らげる時間を作るなどで、結婚後を意識させることです。おいしい料理で胃袋を掴めれば、「結婚したら毎日これが食べれるのか」とイメージしてもらえます。

また、仕事などで疲れている男性に対して癒しを意識した時間を共に過ごすことも有効です。「結婚後、この人とだったら穏やかな生活ができそうだ」と感じれば、結婚を意識してもらえるようになるでしょう。

3. 口約束だけのずるい男なら別れの提案が有効

口約束だけのタイプに有効なのが、3つ目の効果的なアプローチ方法である、あえて別れの提案をすることです。女性側が結婚を希望しているのであれば、結婚しない男との恋愛をずるずると引き延ばしてしまうのはリスクが大きく、どこかで決着をつけなくてはなりません。

別れてしまうリスクはありますが、子供を希望しているなど、何歳までに結婚したいといった具体的な希望がある場合は、別れるリスクとこのままずっと家庭を持てないリスクを天秤にかけて、よく考えてみましょう。

結婚についての希望を伝えても、適当な口約束をするだけできちんと考えてくれない相手には、「結婚する気がないなら、別れたい」と別れの提案をして、自分との将来をどう考えているのか、思いをぶつけてみてください。

別れの提案をきっかけに覚悟を決めてもらえることも多いです。逆にそれでも引き延ばすようなら、本当に別れることを決断してもいいかもしれません。

結婚しない男性の特徴を掴んで適切な対応をしよう

結婚しない男が増えている要因には、個人的な理由と社会的な背景があります。もしも自分が好きになった男性が結婚しない男に当てはまる場合には、相手がどうして結婚しないのかを考え、そのタイプに合わせて対応しましょう。

ただし、結婚したいという自分の希望が強いようであれば、ズルズルと関係を続けるのは考えものです。家庭の良さを感じてもらう、面倒な女性ではないとアピールするなどしたのに話が進まなかった場合、思い切って別れを切り出すことも考えてみましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

【結婚相手の決め手】結婚前に確認したいポイントや見極め方
社会人の恋愛って難しい?学生時代との違いやきっかけの作り方をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事