デビュー6周年を迎える韓国人気ロックバンド・N.Flyingが全員でDomaniに登場! オンライン取材であれこれ聞いてきました【スペシャルインタビュー】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.07.12

デビュー6周年を迎える韓国人気ロックバンド・N.Flyingが全員でDomaniに登場! オンライン取材であれこれ聞いてきました【スペシャルインタビュー】

韓国ラップ×ロックのニュー・トレンド・ツインボーカルバンド N.Flying(エヌ フライング)が6月30日に待望のJapan New Single『Amnesia (アムネシア)』を発売しました。 韓国では6月7日に初の1stフルアルバム『Man on the Moon』を発表、全てのトラックの作詞作曲にメンバーが参加し「音楽的にも進化したアルバムだ」と世界中のロックファンを魅了したばかり。そんな彼らとのオンライン取材が実現。 今回は新曲『Amnesia』(〝記憶喪失〟の意)にかけ「記憶」をキーワードにインタビューを行いました。取材中の様子はイラストでお楽しみください! ※サイン入りチェキのプレゼントもあります。最後までお見逃しなく。

Tags:

N.Flyingメンバーが「忘れたいこと」と「忘れたくないこと」

―今回の新曲『Amnesia 』は〝記憶喪失〟という意味ですよね。ということで今回は〝記憶〟をテーマにお話を伺いたいと思います。いきなりですが、みなさんが〝忘れたいこと〟はありますか?

▲(左から)ソ・ドンソンさん/キム・ジェヒョンさん/イ・スンヒョプさん/ユ・フェスンさん/チャ・フンさん


ソ・ドンソンさん
(以下ドンソン):初ライブの時、すごく緊張していたみたいで…あとから映像を見ると、演奏中の自分が全然動いてなくて驚きました。それから一生懸命練習して成長したので、今はちゃんとライブ中も動いていますよ(笑)。実力アップできるように、もっと頑張りたいです!

ユ・フェスンさん(以下フェスン):僕は記憶力がいいほうではないので、忘れたいことすら忘れてしまうんですよね。忘れないように努力したいと思います(笑)。

キム・ジェヒョンさん(以下ジェヒョン): 僕はドラマ〝キミセカ(日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』)〟のシャワーシーンです。一緒に出演していた竹内涼真さんと笠松将さんは筋肉が大きいのに、僕は…(笑)。もっと鍛えておけばよかったと反省しました。

▲インタビュー中は終始ニコニコと笑顔で話してくださいました。グループの仲の良さが伝わります♡


イ・スンヒョプ
さん(以下スンヒョプ):僕たちのデビュー曲が『기가 막혀(キガマッキョ/わけがわからない)』というタイトルだったんです。ノースリーブを着て歌番組に出演したのですが、デビューしたばかりで放送についてよく知らなかったので、脇毛を見せるのはタブーだというルールも知らなかったんですね。マイクを持って、「YOYO!」と歌いながら腕を上げた時に、脇が見えちゃったんですよ! でもちょうど脇の部分に「キガマッキョ(英語名:Awesome)」というタイトル字幕が入って隠してくれたんです。当時その画像が出回って、ファンの方達が「字幕よ、ありがとう」と言っていて(笑)。恥ずかしい、忘れたい記憶ですね(笑)。

▲その場で再現してくれたスンヒョプさん。脇をそっと隠してあげるジェヒョンさんが可愛すぎます。


チャ・フン
さん(以下チャ・フン):ライブ中にギタースピンをしようとして、リハーサルの時はうまくできたんですけど、本番でギターが飛んで行ってしまったんですよ。本当にびっくりしました!ギターが飛んでいくって!

▲その時のことを思い出して、メンバー全員大爆笑!


―では逆に、〝忘れたくないこと〟についても教えてください。

ドンソン:色々ありますね。でも一つ選ぶとしたら、チームに入る前にライブをした時。約23曲を3週間ほどで準備したんですが、あの時の覚悟や気持ちは記憶に残っていますし、忘れたくないですね。

ジェヒョン:2015年にデビューしてN.Fia(ファンの名前)に初めて会ったとき!あのときのことは絶対に忘れられないですね。とっても幸せでしたし、同じくらい緊張もしていました。

スンヒョプ:僕はデビューしたときですね。

▲韓国で国民ソングとなった『Rooftop』の作詞作曲も担当。イケボイスなボーカル&ラップのイ・スンヒョプさん。

フェスン:N.Fiaたちと一緒に歌っているときのことは忘れたくないですし、忘れるわけがありません。

チャ・フン:メンバーやファンの方達との思い出は、すべて忘れたくないです。

▲チャ・フンさんの言葉に、みんな激しくうなずき拍手していました。


―では、今度は〝メンバーにこれは忘れてもらいたいなぁと思うこと〟についても教えてください。

フェスン:僕はメンバーで新年の挨拶をした時、ヒョン(お兄さん)たちによく見られたくて、カッコつけてしまってお酒をちょっと…お酒が綺麗に見えたからたくさん飲んだので、記憶がなくなりました。次は止めてくれたら嬉しいです(笑)。

▲「僕は忘れないよ」とチャ・フンさん。


チャ・フン
:別にないと思っていたんですけど…ありました!僕は高校生から20歳くらいまでテコンドーをすごく頑張っていたんです。でも、運動を頑張っていたときの僕はもういないから、忘れてください。最近はあのときのような雰囲気はもうないので…。

▲クールで飄々とした空気を纏いつつ、ユニークさと男らしさが共存する四次元的魅力、ギターのチャ・フンさん。

ジェヒョン:さっき話したドラマのときの僕の体を忘れてください(笑)。 僕は今、運動を一生懸命しています。もっともっと頑張ってもっといい体で、もっといい自分になるので忘れてください!!お願いします!

▲ドラマ出演で日本での知名度も急上昇!元気でパワフルなムードメーカー、ドラムのキム・ジェヒョンさん。

スンヒョプ:20代初めのデビューしたばかりの頃に、コミュニケーションがうまくとれなくてメンバーとケンカすることもありました。その時の事は忘れて欲しいですね。ごめん!

ドンソン:昔は体が細かったんですけど、今は運動を頑張ってジムに通っています。もっと体を大きくして、もっとカッコいい体になるので、昔の細いドンソンは忘れてください!(笑)

▲「ぼくも運動してます!」とみなさん一斉に。スンヒョプさんは冗談っぽくニヤニヤされてました。真相はいかに?

▲「みなさんの運動している姿をYouTubeにアップするのはいかがですか?」との問いに、「一生懸命すぎるのでかっこよくないかもです(笑)」とジェヒョンさん。「運動後の顔はとてもひどいです(笑)」とチャ・フンさん。

―ドラマをきっかけに、N.Flyingのことを知った日本のファンの方達もいらっしゃると思いますが、N.Flyingを一言で紹介するなら?

ジェヒョン:ミンジュン(ドラマの役名)は死にましたけど、N.Flyingは生きています!

▲終始元気いっぱいのジェヒョンさん!とにかくパワフルです♡


スンヒョプ
:永遠に続くバンド。

フェスン:N.Flyingと書いて、ロックと読みます。

▲美しくも力強い歌声で魅了するボーカリスト。いつもニコニコ穏やかなユ・フェスンさん。


チャ・フン
:80才まで音楽とステージ活動することを約束します!

ドンソン:N.Flyingは1番かっこいいバンドです!

―今回、韓国で待望の1stフルアルバムが発売されました。世界中のN.Fia(ファンの名前)たちが待ちに待っていた作品だと思います。

ジェヒョン:アルバムの中で、みんなの個人的な思い出を見ることができると思います。

ドンソン:フルアルバムの中で色々なストーリーを見ることの出来る曲もあるし、感情の深いところに刺さる曲もあると思うし、明るい曲も悲しい曲も、聞く時に色々な感情を感じられる選ぶことが楽しいアルバムになっているので、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。

▲子犬のような愛らしさに、マンネ(末っ子)らしからぬ落ち着きとしっかり者感はまさにギャップ神、ベースのソ・ドンソンさん。


スンヒョプ
:メンバー全員が積極的に楽曲作りに参加したアルバムです。これからN.Flyingがバンドとしてより成長できるということをお見せできたと思います。また、多様な色を感じることのできるアルバムになっているので、N.Flyingにとっても、ここからがスタートだ!という作品になっています。アルバムの曲の中から色々なポイントを感じて、楽しんでいただけたら嬉しいです。

フェスン:N.Fiaのみなさんも長い間待っていてくれていたと思います。「待ってくれていた時間、どうやって過ごしてた?」「僕たちはこうやって過ごしてたよ」と対話ができるようなアルバムになっています。

チャ・フン:全部メンバーの皆が言ってくれましたね(笑)。ドンソンが言ったように、その時々の気分でアルバムの中の曲を選んで、楽しめる作品になっています。Japan New Single『Amnesia (アムネシア)』も素晴らしい一曲になっていますので、ぜひみなさんに聴いていただきたいです。

スクショタイムまで、わきゃわきゃ大盛り上がり!始終楽しそうなだけでなく、誰かが話すときは温かく見守りながら常に気にかけてあげる、メンバーたちのチームワークの良さが垣間見れた取材でした。楽しくておもしろくて親切!なのに音楽をするときはカッコいい、才能溢れる素敵なグループでした。

サイン入りポラロイドを2名様にプレゼント!

N.Flyingの貴重なサイン入りポラロイドを、2名様にプレゼント!応募方法をご確認の上、ご応募ください。

【応募の方法】
●DomaniのTwitterアカウント(@Domani_magazine)をフォローしてください。
※当選確認の際に必要となります。
●本記事告知ツイートに今回の記事の感想を添えて、リプライ&リツイートしてください。その際、必ず#Domani #NFlyingポラプレゼント希望 のハッシュタグをつけてください。
●応募の締切:7月31日(土)23:59まで
※厳正な抽選にて当選者を決定します。
※当選のご連絡は、8月上旬までにさせていただきます。この連絡をもって当選者の発表と代えさせていただきます。当選についてはTwitterのDMでご連絡させいただきますので、DomaniのアカウントからDMが受け取れる状態にしておいてください。DM送付後、3日以上ご連絡いただけない場合は、自動的に当選キャンセルになりますので、あらかじめご了承ください。
※当落のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※いただいた個人情報はプレゼントの抽選、当選者へのご連絡以外には使用しません。
※ポラロイドは選べません。

取材・文/東山サリー イラスト/えるたま

関連記事
▶︎N.Flying キム・ジェヒョンの本人による〝どこよりも詳しい〟プロフィール解説|vol.1
▶︎スマホのロック画面は愛する○○の写真!? N.Flying キム・ジェヒョンのプライベートを根掘り葉掘り|vol.2
▶︎「僕の裸が…」N.Flying キム・ジェヒョン最近の喜怒哀楽|vol.3
▶︎米津玄師、納豆、キラキラ星… N.Flyingキム・ジェヒョンの〝日本LOVE〟|vol.4
▶︎「ミンジュンとジェヒョンの共通点は〝あたたかい心〟があるところ」|N.Flying キム・ジェヒョンの素顔 vol.5

画像ALT
Japan New Single『Amnesia (アムネシア)』

多くのファンが待っていた、待望の日本ニューシングル。〝生きることや愛することの尊さ〟に気づいていくというストーリーをN.Flyingらしくポップに仕上げた一曲。作詞作曲をイ・スンヒョプが手掛け、管楽器をメインフレーズとしたハイブリッドなバンドサウンドとキャッチーなメロディに、若者へのメッセージとも取れる哲学のある歌詞を乗せている。
▶︎詳細はこちら

『Amnesia』発売記念オンラインリリースイベント開催決定

『Amnesia』初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤に封入されている「シリアルコード付きオンライン特典会/プレゼント抽選応募券」よりご希望の特典にご応募いただけます。

■特典会開催日時
2021年7月22日(木・祝)14:00~17:00予定 ※開催日時は変更となる可能性がございます。
■応募期間
2021年6月29日(火)10:00 ~ 2021年7月13日(火)18:00まで

画像ALT
N.Flying

ボーカル&ラップのイ・スンヒョプ、同じくボーカルのユ・フェスン、ギターのチャ・フン、ドラムのキム・ジェヒョン、ベースのソ・ドンソンの5人で構成される韓国ラップ×ロックのニュートレンドツインボーカルバンド。2015年に韓国でデビューし、2019年には「Rooftop」が国民ソングに。口コミで人気に火がつき、リリースから1ヶ月以上経って韓国の各種音源サイトのチャートで1位を総なめに。異例のチャート逆走劇により、再び音楽番組に出演するなど活動を再開したほど。2016年に日本メジャーデビューを果たして以来、現在も日韓で精力的に活動している。
▶︎Twitter @NF_official_jp
▶︎Instagram @n.flying_official_jp
▶︎YouTube N.Flying JAPAN

 

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事