【ほっといてほしい】人の心理とは? 「ほっといてほしい」と感じる、心が疲れた時の対処法 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.20

【ほっといてほしい】人の心理とは? 「ほっといてほしい」と感じる、心が疲れた時の対処法

彼氏や身内に「ほっといてほしい」なんて言われたらショックを受けますよね。ただ「ほっといてほしい」という感情は誰にでも起こるものです。今回は【ほっといてほしい】人の心理や、そう思われてしまう人の特徴、心が疲れた時の対処法などをまとめてご紹介します。

Tags:

【目次】
「ほっといてほしい」人の心理とは?
彼氏や家族に「ほっといてほしい」と言われたらどうする?
「ほっといてほしい」と言われてしまう女性の特徴とは?
「ほっといてほしい」と思った時どう伝えたらいい?
「ほっといてほしい」と感じる、心が疲れた時の対処法
最後に

「ほっといてほしい」人の心理とは?

「ほっといてほしい」と言う人の心理は、どのようなものでしょうか。常にそのように思っている人もいれば、タイミング的に「ほっといてほしい」時もあるでしょう。

自分自身も「ほっといてほしい」と思った経験があるなら、その理由や心理も想像しやすいのではないでしょうか。ここでは、「ほっといてほしい」人の心理をいくつかご紹介します。

1:職場で大きなミスをした

仕事で大きなミスをして落ち込んでいる時は、後悔や反省の気持ちに襲われ、他のことは考えらられないもの。しばらく時間を置くと、徐々に気持ちも安定してくるでしょう。

2:疲れている

疲れきっている時に、遊びや飲み会の相談をされても、対応できるものではありあません。あまりにしつこいと、「ウザい」と思われることも。

3:一人の時間が必要な人

もともと人とのコミュニケーションが苦手で、一人が好きだという人も多くいます。こういう人は、職場や友人との人間関係が悪くなくても、定期的に一人になりたいと感じます。

彼氏や家族に「ほっといてほしい」と言われたらどうする?

心を許した彼氏や家族などから「ほっといてほしい」と言われたら、どうすればいいのでしょうか。ここでは、対処法をご紹介します。

1:相手が落ち着くまでそっとしておく

「ほっといてほしい」と言われたなら、相手が落ち着くまでそっとしておくのが最良です。いつまでも同じ状態が続くわけではないので、しばらく期間を空けて様子をみるといいでしょう。

2:落ち着いた頃を見計らって声をかけてみる

相手が精神的に落ち着いた頃に、「どうしたの?」と声をかけてみるといいでしょう。人に話を聞いてもらうことで、慰めになったり癒されたりすることもあります。

3:一人の時間を尊重する

相手のことが嫌いになったわけではなく、もともと一人でいることが好きな人もいます。一人で過ごす時間を尊重してあげましょう。十分に一人の時間を謳歌したら、また戻ってきます。

「ほっといてほしい」と言われてしまう女性の特徴とは?

通常「ほっといてほしい」なんて言葉を言われることは少ないと思いますが、人によっては何度もそのような場に遭遇することも。実は「ほっといてほしい」と言われてしまう女性には特徴があります。

ほっといてほしい

1:嫉妬深い

LINEの返信がちょっとでも遅いと、「誰か他の女性と楽しく過ごしているんじゃないか」と疑ったり、職場の女性からの仕事の連絡にさえ嫉妬したり。事あるごとに「誰なの?」「本当は気があるんじゃないの?」と聞いてこられると、うんざりして「ほっといてほしい」と思われても無理はありません。

2:空気が読めない

疲れているのに、かまってほしがったり、どこかに遊びに連れ出そうとする空気が読めない彼女だと、うんざりするのが当たり前。また、相手の反応お構いなしで、自分の話をひたすらする自己中心的な人も、相手を疲れさせるばかりです。

時には何も言わずそっとそばにいて、静かに癒してほしいと思っているのかもしれません。

3:すべてを知りたがる

「どこに行っていたの?」「誰といたの?」「何をしていたの?」と、全てを知りたがる恋人も困ったものです。別に隠し事はなくても、話をするのが億劫になり、「ほっといてほしい」と言われるかもしれません。

「ほっといてほしい」と思った時どう伝えたらいい?

自分が疲れすぎていて「ほっといてほしい」と思った時、できるだけ相手を傷つけないように伝えたいものです。ここでは、相手を傷つけない、配慮のある伝え方をご紹介します。

ほっといてほしい

1:理由をはっきりと伝える

理由もわからず「ほっといてほしい」と言われたら、多少のショックは受けるもの。「こういう理由があって、しばらくそっとしておいてほしい」と、理由を明確に伝えると、よっぽど無神経な人でない限りは、距離と時間をおいてくれるはずです。気持ちが落ち着いたら、改めて「あの時はごめんね」と謝ると、お互いわだかまりが残ることはないでしょう。

2:言い方を変える

「ほっといてほしい」というのは、なかなかストレートな言い方です。「そっとしておいてほしい」、「しばらく一人の時間を過ごしたい」、「一人で考えをまとめたい」など、その場に合わせて言い方を柔らかく変えてみるといいでしょう。

「ほっといてほしい」と感じる、心が疲れた時の対処法

ほっといてほしい
疲れすぎて、「ほっといてほしい」と感じることもあるでしょう。心がトゲトゲしてしまって、不用意に人を傷つけてしまう前に、疲れた時におすすめの対処法を覚えておくことをおすすめします。

1:気分転換をする

出かける体力があるのなら、いつもの環境から少し離れてみては。自然を感じることのできる場所でしばらくの間過ごすと、次第に癒されることでしょう。

2:自分が落ち着く時間を見つける

自宅でお気に入りの音楽を聴く。いつものインスタントコーヒーではなく、コーヒーを豆から挽いてみる。アロマやお香を焚いてみるなど、五感で心地よく感じる時間を作ってみましょう。

3:一人の時間を大切にする

少しの期間、人と距離を置いたり、SNSを遮断したり、一人で過ごす時間を作ってみてはどうでしょうか。疲れすぎていると、自分と向き合う時間も持てなくなります。

最後に

「ほっといてほしい」という感情は誰にでも起こるもの。言われるのもショックですが、それだけに、自分が「ほっといてほしい」と言うときには、相手を傷つけないように気を付けたいですね。疲れすぎた心を回復させる自分なりの方法を見つけておくといいでしょう。

こちらの記事もたくさん読まれています
「家に帰りたくない」人の心理とは? 理由や対処法をご紹介
【思い込みが激しい】人の特徴は? 長所、短所もご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事