Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 挨拶・マナー

2021.12.21

【LINEが苦手な人】の特徴は?

 

メールなど他の手段を使う

LINEが苦手な人とやり取りをする場合、LINEを使うこと自体が負担になっている可能性もあります。そのような人に連絡をしたいときはLINEは使わずにメールや電話など、他の手段を使いましょう。どのような手段が一番都合がいいのか、相手に聞いてみるといいかもしれません。 メールであれば自分のペースで返信ができるため、LINEが苦手でも気軽に連絡し合えるでしょう。彼女や彼氏がLINEを苦手とする場合、連絡は電話にするのがおすすめです。電話で声を聞くことで、LINEの文章では伝わりにくい相手の感情も伝わります。相手をより身近に感じられるでしょう。

LINEが苦手な男性にアプローチする方法

気になる男性とLINEでつながったものの、返信のタイミングが遅かったり、メッセージがそっけないという場合、LINEが苦手な可能性が高いでしょう。 そんな男性にLINEでアプローチする場合、気遣いが必要です。いつも友人と交わしているノリで対応してしまうと、良い印象を与えられません。ここでは、LINEが苦手な男性にアプローチする方法について紹介します。

LINE苦手な人特徴女性男性対処法克服方法

スタンプの送信は控える

LINEが苦手な男性は、特にスタンプの扱いに苦慮しています。使い方がよくわからないという人もいれば、スタンプを使うのが恥ずかしいという男性もいるでしょう。 スタンプだけを送られても、どう返信をしていいのかわかりません。そのため、スタンプの送信はできるだけ控えましょう。また、メッセージの内容もあまり長いと返信をどうするのか迷ってしまいます。そのようなことが続くと面倒になり、連絡を取りたくないと考えてしまうかもしれません。できるだけ必要な用件だけ、短いメッセージで送りましょう。

少ない回数のやり取りで終わらせる

LINEで連絡するにしても、少ない回数で終わらせましょう。そもそも、LINEが苦手な男性にLINEでアプローチをしようとしても、逆効果になるだけです。本格的にアプローチしたい場合は、LINE以外の方法を考えてみてください。電話であれば、LINEのように相手の返信を待つことなく効率の良い会話ができます。声で反応がわかるため、アプローチもしやすいでしょう。また、意外性を狙って手紙を書いてみるという方法もあります。きれいな文字で丁寧に書かれた手紙は誠意が伝わり、印象が良いでしょう。

「LINEが苦手」という人の克服法

自分はLINEが苦手だという人は、友人との付き合いで仕方なく使っている場合も多いでしょう。LINEをやめたら付き合いも断たれてしまいそうで、やめるわけにもいかないと思っているかもしれません。LINEグループは特に面倒だけど、抜ける口実がないという人も多くいます。そんな人のために、克服法を紹介しましょう。

LINE苦手な人特徴女性男性対処法克服方法

通知をオフにする

LINEが苦手でも通知があれば気になって読み、気を遣って返信を書くことになります。LINEが苦手な人にとっては、大きな負担になるでしょう。 煩わされたくないときは、思い切って通知をオフにする方法もあります。LINEを確認する時間を決め、それ以外の時間をオフにしてしまえば、LINEから解放されます。 友人には、あらかじめ「忙しくてLINEが使えない」などと頻繁にやりとりができないことを伝えておきましょう。すぐに返信をしなくても、理由がわかっていれば相手に理解してもらえます。

あえてスタンプだけで返信する

「スルーはしたくないけど、返信も面倒」というときは、あえてスタンプだけで返信をするのもひとつの方法です。スタンプだけの返信が続けば、「忙しそう」と思い、メッセージを控えてくれる可能性もあります。ただし、毎回スタンプだけでは「適当に返信されている」と思い、相手はいい気分ではありません。普通にメッセージも書きながら、適度なバランスでスタンプの返信を行うのがよいでしょう。

LINEが苦手な人には配慮しよう

LINEを楽しんでいる人にとっては、「LINEが苦手」ということが分かりにくいかもしれません。しかし、いつも返信が遅かったり既読スルーなどが続く場合、LINEが苦手な可能性があります。 苦手だけど相手に気を遣い、仕方なく対応している場合もあるでしょう。「LINEが苦手なのかも」と察したら、「返信不要」の一言を添えるなど配慮することが大切です。便利で手軽に使用できるツールだけに、思いやりのある対応を。

LINE苦手な人特徴女性男性対処法克服方法

▼こちらの記事もおすすめ

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!