Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.30

加湿器のベストな置き場所|避けたほうがいい場所や効果的な使い方まとめ

乾燥する時期に大活躍の加湿器。でも置き場所を間違うと、本来快適な空間を作ってくれるはずの加湿器が、逆に空気を汚してしまう可能性も…。そこで今回は、しっかりと加湿器の効果を得るために、加湿器の正しい置き場所についてまとめました。もし置いてしまっている場合は今すぐ置き場所を変えたい、NGな置き場所についても解説します。

Tags:

【目次】
そもそも加湿器を置くメリットって?
加湿器のベストな置き場所はどこ?
加湿器を置くのを避けたいNGな場所は?

そもそも加湿器を置くメリットって?

喉や鼻の粘膜を守ってくれる

加湿器を置くメリットのひとつに、「喉や鼻の粘膜を守ってくれる」というのがあります。

一般的に風邪のひきやすさと湿度の低下には関係があると言われています。粘膜が乾燥することで外部からの刺激を受けやすくなってしまい、喉や鼻に悪影響を与えることがあるのだそう。

加湿器で50〜60%の湿度を保つことで、バリア機能が高まる効果が期待できると言われています。

快適に眠れる環境を作ってくれる

快適に眠れる環境を作ってくれる
(C)Shutterstock.com

加湿器を置くことで快適に眠れる環境も作ることができると言われています。

寒くて眠れないからと、暖房をつけて寝る人が多いですが、暖房器具で空気を温めると温度が上がるにつれ、湿度は下がっていきます。

すると乾燥した空気で咳や肌のかゆみが出てしまったり、乾燥を感じて途中で目が覚めたりしてしまう可能性があるのだそう。

ですが、加湿器を置くことで適切な湿度を保つことができるため、快適な睡眠環境に整えられます。

この場合のベストな湿度は「40~60%程度」と言われています。40%以下の状態が長く続くと乾燥を感じやすくなると言われているので、注意しましょう。

高すぎる湿度はNG

高すぎる湿度はNG
(C)Shutterstock.com

湿度は40%以下になると乾燥を感じやすくなり、60%を超えるとジメジメとした空気を感じてしまいます。

湿度60%以上になると、窓ガラスが結露し、カビやダニが増える原因にもなります。

加湿はしすぎてもしなさすぎても良くないと言われ、換気も2時間に1回は行ったほうが良いと言われているのだそうです。

とくにマンションにお住まいの場合は、密閉性が高い構造になっているお部屋が多いため、湿度が上がりすぎないよう、しっかりと換気を行うことが大切です。

加湿器のベストな置き場所はどこ?

リビングは「空気の通り道」に置くのがベスト

リビングは「空気の通り道」に置くのがベスト
(C)Shutterstock.com

加湿器は一般的に、温風や冷風が流れる「空気の通り道」に置くことが効果的だと言われています。加湿器のセンサーが誤作動しないよう、エアコンの風が直接当たる場所は避けたほうがいいでしょう。

壁や家具、窓の近くに置くと、結露やカビが発生することもあるので、そういった場所に置く場合は〝少し離して〟置くことがポイントです。

寝室の枕元に置くのはOK?

寝室は枕元に置いてもいい?
(C)Shutterstock.com

就寝中も十分な湿度を保てるよう、寝室に加湿器を置くのがおすすめされています。

その際、コンパクトなサイズのものを枕元に置いてOK!

ただし寝ている間、顔や体に蒸気が直接当たらないよう、位置はしっかり調整してから寝ましょう。

台に乗せたほうがいい?どのくらいの高さにするべき?

台に乗せたほうがいい?どのくらいの高さにするべき?
(C)Shutterstock.com

一般的に効率よく加湿器を使用するなら、床から70~100cmの高さに加湿器を置くことが推奨されています。

この高さは空気が比較的温かく、水蒸気も広がりやすくなると言われています。

ただし、加湿器はパソコンや書類などの近くに置くのはNG。卓上型の加湿器はとくに注意が必要です。そういったものに水蒸気が直接当たらないよう配慮して使用しましょう。

加湿器を置くのを避けたいNGな場所は?

結露が発生する恐れがある場所は避ける

結露が発生する恐れがある場所は避ける
(C)Shutterstock.com

加湿器は温度の低い場所に設置すると、結露が発生する恐れがあると言われています。結露は発生時、空気中の水分を奪ってしまう上、カビや細菌の温床にもなりやすく、空気を汚してしまう可能性があるのだとか。

そのため、結露を防ぐために加湿器は以下の場所には置かないことが推奨されています。

・壁際
・出入り口
・換気扇の側

できるだけ上記の場所や窓、家具の近くを避け「空気の通り道」や直接蒸気が当たらないような枕元に置いて、効果的に部屋を加湿しましょう!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事