意外とややこしい!【以降】の意味って?【以降】が示す範囲や【以後】など類語との違いを徹底解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.09.28

意外とややこしい!【以降】の意味って?【以降】が示す範囲や【以後】など類語との違いを徹底解説

ビジネスシーンでよく使用される【以降】には、「ある時と、またそれ以降を含む」という意味があります。時間など、目に見えない抽象的なものについて述べる時に使われるため、少しわかりづらいですよね。今回は「以降」の意味や正しい使い方、類語などを徹底解説します。

Tags:

【目次】
「以降」の意味とは?
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
使い⽅を例⽂でチェック
「以降」の対義語はある?
英語表現とは?
最後に

「以降」の意味とは?

以降

皆さんは、仕事やプライベートなどで予定を組むときに、「以降」という言葉を使ったことはありませんか?「5日以降なら大丈夫です」や「明日以降であれば、都合がつきます」などと使いますが、この場合「以降」とは、「5日」や「明日」も含むのでしょうか。まず、「以降」の意味から確認してみましょう。

意味

実は、「以降」とはもともと法律用語でした。「以降」は「いこう」と読みます。「以降」の「以」という漢字は、「使う」や「用いる」という意味が含まれています。そして「降」には、「後(のち)」という意味を持っているため、「ある時と、またそれ以降を含む」のが「以降」の意味になります。

「以降」は、年、月、日、時間を表す場合に使います。例えば、「15時以降」と言われた場合に「その時間を含むのか、それとも、15時は含まれず、15時よりも後のことを指すのか」と混乱した経験がある方もおられるかもしれません。「15時以降」とは「15時も含んでそれよりも後」を指します。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

以降

「以降」という言葉の他に、時間の範囲を表す言葉があります。それぞれニュアンスが異なり、混乱しやすいので整理して使い分けないと、相手との認識の間に齟齬が生まれる可能性があるので注意が必要です。

1:以後

「以降」と特に似た言葉として挙げられるのが「以後」です。「以後」も「以降」と同様に「ある時を含んだそれから後」という意味になります。「以降」と「以後」の大きな違いは、「基準とする日」です。「以降」は、過去や未来の日時を境にしたある時間と、その後」という意味で使われます。一方で「以後」は、例えば「以後気を付けてください」というように、「今、この瞬間から後」というニュアンスで使われるのです。

2:以来

「以来」も「以降」と似た意味を持っています。例えば「あの日以来、よく眠れない日々が続いている」のように使います。この例文から分かる通り、「以来」は「ある時からの状態が、今まで継続している状況」を指す言葉です。過去から継続した状態を示す言葉なので、「明後日以来」など、未来を指す言葉と使われることはできません。

3:今後

「今後」は、漢字から意味を推測することが出来ます。「今後」とは、「今から後」や「この後」という意味です。「以降」や「以来」との違いは、起点が現在であるという点になります。具体的にいつから、という日時などは明記されません。

また、ビジネスシーンでも「今後」という言葉はよく使われます。例えば、取引先とこれからも友好的な関係を築きたい場合に、「今後とも」という言葉を使うことが可能です。「これからもずっと」というニュアンスが含まれているため、「今後ともよろしくお願いいたします」のように使うことで、「このまま終わるのではなく、この先も良い関係を続けていきたい」という意思を相手に伝えることが出来ます。

使い⽅を例⽂でチェック

「以降」の類義語を確認したところで、続いてそれぞれの実用的な使い方について例文を用いながら紹介します。

1:「緊急の案件についてご相談があるので、今日以降で都合の良い日をお伺いしたいです」

「以降」という言葉には「ある時とその後」「今日以降」という意味があるので、人と会う約束を取り付けたいときには「今日今から」という急なニュアンスが含まれる「今日以降」という言葉はあまり用いられることはありません。したがって、緊急を要する場合にのみ使われることがあります。

2:「この度は、ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございませんでした。以後気を付けます」

「以後」とセットでよく使われるのは、「気を付けます」という言葉です。ビジネスシーンにおいて、何かをミスしてしまった場合は、相手に誠意が伝わるように、丁寧に謝罪する必要があります。また、「以後」には「今を起点としてこれから先ずっと」という意味が含まれているため、謝罪と一緒に使うことで、反省の意図を示すことが可能です。

また、指摘されたことや、アドバイスに対して、感謝の気持ちを込めてお礼と一緒に使うこともあります。例えば「ご指摘いただきまして、ありがとうございます。以後気を付けます」という使い方です。

3:「アメリカに来て以来、私はずっと日本に戻っていない」

「以来」には、「過去からずっと継続して続いている」というニュアンスを含んでいます。また、例文からも分かる通り、「以来」はあまり近い過去については使われません。

「以降」の対義語はある?

以降

「以降」は「ある時とその後」という範囲を表しますが、逆に「ある時とその前」を表す言葉も存在します。それが「以降」の対義語「以前」にあたります。例えば、「10日以前」と言った場合は、「以降」と同様に「10日」と「10日より前」の両方を含みます

しかし、混乱しやすいのが具体的な年月日や時間と一緒に用いられない場合の「以前」には「ある状態や、時期になる前の段階のみ」を指す場合もあるということ。例えば、「昭和以前のファッションの流行」と言われた場合は「昭和時代を除いたそれよりも前」を表す場合があります。他にも「こんな凡ミスをしてしまうなんて、能力以前の問題です」という場合は「ある段階のレベルまで達していない」というニュアンスを込められているのです。

英語表現とは?

日本語でも分かりにくい「以降」という言葉ですが、英語ではどのように表現するのでしょうか。いくつか紹介するので、是非参考にしてください。

1:after

「after」は「~より後」という意味になります。「after」を使うときは、その日や時間を含まないので注意が必要です。「I’m going to call you after making my dinner」(私は晩ご飯を作った後に電話をします)のように使います。

2:since

「~からずっと」という意味を表すことが出来るのが「since」。「I and John have known each other since we were 7 years old」(私とジョンはお互いの事を7歳の時から知っています)という使い方が可能です。

3:from

「from」は「I’m from Tokyo」のように出身地を説明したり、どこから来たのかを紹介する時によく使われますが、「~から開始して」という意味も持っています。例えば、「He won’t be home from next Friday on」(彼は来週の金曜日以降は家にいません)という使い方。「on」を組み合わせることで継続の意味を含むのです。

最後に

「以降」は時間など、目に見えない抽象的なものについて述べる時に使われるため、非常に分かりにくいです。今回の記事を参考に、今までの使い方が間違っていないかを是非、振り返ってみてください。

こちらの記事もたくさん読まれています
「ですが」の正しい使い方って?類語や英語表現、ビジネスシーンでの注意点をご紹介
【恐縮】の正しい使い方とは?ビジネスシーンでの注意点や英語表現を徹底解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事