Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.09.22

元宝塚歌劇団男役が11年間在籍していた花組の変革期に立ち合って感じたこと|鳳真由さんスペシャルインタビューvol.1

前回の純矢ちとせさんからご紹介いただくのは、花組ひとすじで11年間を過ごした元タカラジェンヌの鳳真由さん。1回めの今回は、思い入れのある「宝塚歌劇団 花組」のことをメインにお話をうかがいます。

Tags:

脈々と受け継がれている花組のまぶしい魅力に胸が打たれます

宝塚歌劇団を退団されて5年。鳳さんが在籍していた花組は、2019年に明日海りおさんが退団されて柚香 光(ゆずか・れい)さんがトップスターに就任。今年、トップ娘役の華 優希さんとともに、2番手の瀬戸かずやさんが卒業。大きな転換期を迎えています。

天真みちるさん(元花組男役で鳳さんの1期下)もおっしゃっていたのですが、「今、花組は大きく新しく変わっていて、これからがますます楽しみ」と。鳳さんはどうご覧になりましたか?

関連記事▶︎初書籍上梓!『こう見えて元タカラジェンヌです』を書いた天真みちるさんを直撃インタビュー|vol.1

鳳:退団して5年経った今でも、「私は花組の男役で本当によかったな」と思うんです。昨年の『はいからさんが通る』(柚香さんトップお披露目公演)を観た時に、「あぁ、新しい時代だ」と感じました。

そしてなぜか…、私たちは一世代前の男役だったんだなと、ほんのり寂しさがあったんですよね。で、その次の大劇場公演の『アウグストゥス/Cool Beast!!』。瀬戸さんの退団公演なので、同じ時代を過ごしてきた後輩として瀬戸さんの最後の男役姿に重点を置いて観ようと思っていたんです。ところがいざ幕が開いてみると、瀬戸さんはもちろんなのですが、真ん中にいる柚香の光るパワーがものすごくて。

ショーの『Cool Beast!!』を通して、その昔、朝夏(まなと)さん、望海(風斗)さんが花組にいらした頃に切磋琢磨していた男役の姿がそのまま今によみがえっているような気がしたんですよね。新しさとともに、そんな懐かしさがありました。みんなで熱く創り上げる空気というか、下級生ひとりひとりにいたるまで、「自分がタカラジェンヌである」っていうことを楽しんでいる空気をものすごく感じましたね。コロナ禍による公演中止などを経て、まだまだ油断のできない状況が続いていますけれども、「舞台に立てる」ということ自体がどれだけ幸せなのかということを実感しているのではないかと思います。「1分1秒もムダにしないぜ!」という気概を、男役さんからも娘役さんからも感じて、とてつもないエネルギーをもらいました。

私は花組出身だから花組びいきで、男役だったから男役の方中心に観てしまうわけですが…、やっぱり“瀬戸かずや”は花組男役の代名詞的な存在で、ずっと花組を見守ってきた上級生としての紡ぎが感じられました。同じ空間にいて同じ時間を過ごした柚香は、花組を引っ張りながらも花男としてのあり方を吸収して、周りに伝えていて。水美も、下級生も、瀬戸さんと一緒にフィナーレナンバーを踊りながら、瀬戸さんが伝えたいことを受け取っている空気が手にとるようにわかり、最初に感じた寂しさが昇華できたんですよね。「自分が知っている花組が一番素晴らしい」という気持ちはもちろんで、新しい時代になったことへのジレンマがあったんでしょうね。それが一気に解消された思いがあり、繋がりながらも進化していく花組の姿がすごく眩しかったです。永遠にこの舞台を観ていたいと思いました。

タカラヅカは、そうやってどんどん紡がれていくものなんでしょうね。

鳳:「伝統だから継承していくべし」という強制のようなものではなく、上級生が背中を見せることで下級生が「カッコいいな、マネしたいな」と、技術や魅せ方を盗んでいくのが花組で受け継がれているものだと思うので、それが息づいているのを感じて懐かしくなったのかもしれませんね。

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事