元宝塚歌劇団男役が11年間在籍していた花組の変革期に立ち合って感じたこと|鳳真由さんスペシャルインタビューvol.1 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.09.22

元宝塚歌劇団男役が11年間在籍していた花組の変革期に立ち合って感じたこと|鳳真由さんスペシャルインタビューvol.1

前回の純矢ちとせさんからご紹介いただくのは、花組ひとすじで11年間を過ごした元タカラジェンヌの鳳真由さん。1回めの今回は、思い入れのある「宝塚歌劇団 花組」のことをメインにお話をうかがいます。

Tags:

花組へのあふれる愛と、退団以来の舞台となった『エリザガラコン』について

春に行われた『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』で退団以来の舞台姿を披露された、元タカラジェンヌの鳳 真由さん。前回ご登場いただいた元宙組娘役の純矢ちとせさんいわく、「普段はほわっと見えるのに、役にスッと入るのがすごい」。今回は、今、変化を遂げている花組についてや同期の現役タカラジェンヌへの思い、5年ぶりとなる舞台出演について語っていただきました。

関連記事
▶︎「娘役に転向できなかったら辞めていたかも」。実力派の元タカラジェンヌの初告白
▶︎観てきました! 聴いてきました!『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』(09年月組ver.)観劇イラストレポ

「現役の時は、『タカラヅカスペシャル』で同じ舞台に立つことがあるくらいで接点はなかった」と純矢さんは言われていました。お芝居でしっかり絡むようになったのは、退団後の作品ですか?

鳳さん(以下敬称略):『タカスペ』でも振り分けによって同じ曲を歌ったり踊ったりして合わせることがあるのですが、それもなく。もちろんお話をさせていただいたことはありますが、そこまで深いお付き合いはなかったんですよ。私が『ポーの一族』(2021年1〜2月公演)の稽古場代役で入らせていただいた時、お稽古場の席が隣だったんですね。ちゃんとお話するのは初めてくらいだったのですが、感染対策のためのアクリル板越しに気さくに、たくさん話してくださいました。

以前純矢さんに取材した時にニトリのグッズをおすすめしてくださって、なんだかとってもうれしくてなってしまったんですよ。「純矢さん、素敵…!」って。

鳳:宙組にいらした時はゾフィー(『エリザベート』)やエカテリーナ(『黒い瞳』)など、地位が高くて強い女性の役をされていたため、勝手に緊張感を持っていたのですが、もう真逆の方で! とてもナチュラルでシンプルで、心地のいい方なんです。誰もがマネできる素朴なものを最小限に活かしつつ、美しさを保っていらっしゃるところにとても惹かれています。

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事