純粋な人には裏表がない|特徴や純粋さを取り戻すポイントを解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.10.26

「純粋な人」ってどんな人?|素直さを心がけて純粋な人になろう

純粋な人は裏表がなく素直な性格なので、安心して付き合いやすいという特徴があります。今回は純粋の意味や類語、純粋な人が持っている5つの特徴をご紹介します。相性がいい相手の特徴や純粋さを取り戻すポイントもまとめているので、純粋さに憧れる人は参考にしてください。

Tags:

純粋とは?人の性格以外の意味もある?

純粋

ひねくれたところのない素直な性格の人を「純粋な人」と表現することがあります。また、「あの頃は純粋だった」と思い出に浸るときに言うことがあるかもしれません。
純粋という語句は人の性格を表現するときに使われますが、他にも意味がある言葉です。純粋という言葉の意味と、その類語と対義語を詳しくチェックしていきましょう。

純粋の意味

純粋という言葉は、人の性格だけを表現しているわけではありません。純粋には2種類の意味があり、1つ目は「私欲や邪念がなく、清らかなこと」「けがれがないこと」という人の精神的な状態を表すものです。この場合は「純粋な気持ちを伝えた」などと使います。

2つ目の意味は「混じり気がなく、異質なものが含まれていないこと」です。例えば、「これは純粋な水です」というように、物に対しても純粋という言葉が使われます。

純粋の類語と対義語

純粋の類語は、「純情」「純真」「無垢」「無雑」です。それぞれの意味は、以下のとおりです。

純情:素直できれいな心のこと、またはそのさま
純真:けがれがないこと
無垢:心身ともに清らかな状態であること、うぶで世間知らずなこと
無雑:混じりけがないこと

対義語は「邪念」「不浄」「悪意」「不純」です。それぞれの意味は以下のとおりです。

邪念:倫理的に正しくない、悪い考え
不浄:心身が汚れていること
悪意:悪い心
不純:純粋ではなく汚れていること

純粋な人が持つ5つの特徴

純粋

純粋な人は以下のような5つの特徴を持っています。

1.裏表がなく素直な性格をしている
2.疑うことなく相手を信じられる
3.駆け引きは苦手な傾向にある
4.安心して付き合える
5.人によっては好まれない場合もある

これらの特徴は基本的には周りの人たちにとっても好意的にとらえられやすいものですが、5つ目にあるように、人によっては好まれないケースがあります。純粋な人が持つそれぞれの特徴について、詳しくチェックしていきましょう。

1.裏表がなく素直な性格をしている

純粋な人が持つ1つ目の特徴は、裏表がなく素直な性格をしていることです。人によって態度を変えたり、対応に裏があったりする人は純粋な人とは言いません。頼みごとをされた場合には、損得勘定ではなく自分がどうしたいかを判断基準にします。

素直な性格をしているため、ひねくれたところはなくストレートな感情表現をします。人の意見をそのまま受け止め、なにかあったら感謝や謝罪をきちんと相手に伝えるのも特徴です。

2.疑うことなく相手を信じられる

純粋な人が持つ2つ目の特徴は、疑うことなく相手を信じられることです。純粋な人は自分が他人を騙そうとは考えないため、人のことも信じています。万が一騙されてしまっても仕返しをしようとは考えない傾向にあり、様子を見ていた周りの人たちにフォローしてもらうこともあるようです。

恋愛においてもその特徴があり、一途で相手を信じ続けます。浮気を疑うこともないため、穏やかに愛し合えるときを過ごせるでしょう。

3.駆け引きは苦手な傾向にある

純粋な人が持つ3つ目の特徴は、駆け引きは苦手な傾向にあることです。恋愛や仕事などの場面で計算高く駆け引きをする人がいますが、純粋な人にはこれができません。

相手を困らせるかもしれないことができず、また思っていることをストレートに表現したがる傾向があるため、純粋な人は駆け引きには向かないのです。相手にも打算ではないと伝わるので仕事の相手からは信頼されやすく、恋愛面ではピュアさが強みになるでしょう。

4.安心して付き合える

純粋な人が持つ4つ目の特徴は、安心して付き合えることです。純粋な人は嘘をついたり嫌味を言ったりすることはほとんどしないため、信頼できます。一緒にいて楽で安心できる相手だといえるでしょう。

純粋な人から出た言葉はその人の本心なので、純粋な人になにかを言われても嫌味っぽいと感じにくいことも特徴です。もし純粋な人から褒められた場合はストレートに受け取りましょう。

5.人によっては好まれない場合もある

純粋な人は、相手によっては好まれない場合もあります。基本的には周りの人たちから安心感がある、信頼できるなどとプラスの印象を持ってもらいやすいものの、受け取る相手によっては嫌われてしまうことも。

「冗談が通じない」「あざとい」「ぶりっ子だ」などと思われてしまう場合があり、自分とタイプが違う人からは苦手意識を持たれる可能性もあります。

純粋な人と相性がいい恋愛相手の2つの特徴

純粋

純粋な人は裏表がなく相手を一途に思うため、恋愛相手としても魅力があります。感情表現がストレートなため、なにを考えているのかが理解しやすく、相手側も自然体でいられるでしょう。その結果、恋愛が長続きしやすいという特徴があります。そんな純粋な人と相性がいい恋愛相手の2つの特徴は、以下のとおりです。

1.自分の考えをはっきり言ってほしい人
2.一途に自分を想ってほしい人

それぞれチェックしましょう。

1.自分の考えをはっきり言ってほしい

自分の考えをはっきり言ってほしい人は、純粋な人と恋愛面で相性がよいといえます。建て前や遠慮ばかりで本当にしたいことを言ってくれない人よりも、ストレートに伝えてくれる人の方が好きな人は、純粋な人となら気軽に意見を言いあえるでしょう。

また、純粋な人は怒ったときにはすぐに言うので、後々になってから怒りを爆発させるようなことはありません。嫌なことはその場で言ってほしいと思っている人ともうまく付き合えるでしょう。

2.一途に自分を想ってほしい

一途に自分を想ってほしい人も、純粋な人と相性がいい恋愛相手です。純粋な人は、一途に好きな相手のことをずっと想い続けるという特徴があります。

一途なことはいいことですが、恋愛する相手によっては重たいと思われてしまう場合もあるかもしれません。むしろその気持ちを嬉しく思うような人が純粋な人の恋愛相手には合っています。

純粋な人になる2つのポイント

純粋

純粋な人は周りの人たちに好印象を持ってもらいやすく、恋愛においてもモテるという特徴があります。そんな純粋な人に憧れをもって、「できれば自分もそうなりたい!」と思っている人は少なくないでしょう。

純粋な性格になるための2つのポイントは、以下のとおりです。

1.相手の気持ちを受け入れること
2.感謝の気持ちをしっかり伝えること

それぞれの内容をチェックしていきましょう。

1.相手の気持ちを受け入れる

純粋な人になるための1つ目のポイントは、相手の気持ちを受け入れるようにすることです。なにか自分の意見と違うことを言われたとしてもすぐ反論するのは抑えて、相手の意見を受け入れてから自分の意見を伝えるようにしましょう。

相手を信じられるようになると、相手の気持ちを素直に受け入れられます。まずは、相手のことを信じる努力をしましょう。

2.感謝の気持ちをしっかり伝える

純粋な人になるための2つ目のポイントは、相手に感謝の気持ちをしっかり伝えるようにすることです。ちょっとしたことでも、なにかしてもらえたときは相手に「ありがとう」と伝えましょう

相手に感謝できることがないかを常に考えていると、自然と素直で純粋な気持ちになれるでしょう。感謝の気持ちを伝えられた周囲の人々にもいい影響があるかもしれませんね。

素直さを心がけて純粋な人になろう!

純粋

純粋な人は裏表がなく素直で、人を信じられます。「あの頃は純粋だったなあ」と思い出話をする人は多いですが、純粋さは取り戻すことができます。純粋な人に憧れるなら、周りの人たちのことを信じ、相手の気持ちを受け入れること、なにかしてもらったら感謝の気持ちをきちんと伝えることを心がけてください。そうすれば、ストレートに感情表現ができる、純粋な人になれるでしょう。

こちらの記事もおすすめです

「策士」の正しい意味とは?策士と呼ばれる人の特徴や注意すべき点を解説

【臆病】とはちょっとしたことを恐れる様子。意味や類語、克服方法を解説

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事