〝雲泥の差〟ってどれくらいの差?意味を理解して上手に使いこなそう! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.04

〝雲泥の差〟ってどれくらいの差?意味を理解して上手に使いこなそう!

〝雲泥の差〟と聞いて、どれくらいの差を思い浮かべますか?意味は「大きな違い」「大きな隔たり」「物事の間の差異」ですが、なぜ「雲」と「泥」なのか、疑問に思いますよね。今回は「雲泥の差」の正しい意味や使い方、使用する際の注意点などを併せてご紹介します!

Tags:

【目次】
「雲泥の差」の意味や読み⽅とは?
使い方を例文でチェック
雲泥の差の由来
類語にはどのようなものがある?
英語表現とは
最後に

「雲泥の差」の意味や読み⽅とは?

「雲泥の差」はよく聞く言葉ですが、現在使われている言葉のニュアンスと、本来の意味では多少の違いがあります。意味や注意点などを紹介しますので、「雲泥の差」について、しっかりと理解していきましょう。

雲泥の差

読み⽅と意味

「雲泥の差」は「うんでいのさ」と読みます。意味は「大きな違い」「大きな隔たり」「物事の間の差異」です。「雲泥の違い」と言うこともできます。

なぜ「雲」と「泥」なのか、疑問に思いますよね。「雲」は天にあり、「泥」は地にあります。それほど大きく離れているということを表現したのが、「雲泥」の語源なのです。

もちろん、「雲泥の差」は「大きな差」に言い換えることもできます。しかし、「大きな差」と「雲泥の差」とでは、受け取る印象が違いますよね。相手にしっかりと「差」があることを強調したいときは、「雲泥の差」を使ったほうが、より相手に伝わるでしょう。

「雲泥」以外にも、天と地ほどの大きな差を意味する類語はいくつかあります。豆知識としてチェックしてみてくださいね。

雲壌(うんじょう)… 雲と、大地である「壌」を合わせた言葉。
月鼈(げつべつ)… 月とすっぽん(鼈)のこと。
雲壌月鼈(うんじょうげつべつ)… 「雲壌」と「月鼈」を組み合わせた四字熟語。
雲泥万里(うんでいばんり)… 雲泥に、非常に遠い距離を意味する「万里」を組み合わせた四字熟語。
天地雲泥(てんちうんでい)… 天にある雲と、地にある泥を組み合わせた四字熟語。

使う時の注意点

「雲泥の差」は本来、単に大きな差をあらわし、優劣をあらわす言葉ではありません。しかし現代では、ふたつの物事を比較し、どちらか一方を上げ、どちらか一方を下げるようなニュアンスとしても、多く使われています。そのため、文脈によっては「雲泥の差」と聞くと、ネガティブな印象を持つ方も少なくありません。

ですので、「雲泥の差」を人に対して使う際には注意が必要です。不快に思われる使い方は、避けましょう。

使い⽅を例⽂でチェック

「雲泥の差」は、うまく使えれば、「差」や「違い」を効果的に相手に伝えることができます。例文を見ながら、使えるシーンや言葉のニュアンスについて理解し、使い方をマスターしてくださいね。

雲泥の差

1:「従来の商品と新商品では、品質に雲泥の差がある」

物と物を比較して、大きな違いがあるということを伝えたいとき、「雲泥の差」を使ってみましょう。この例文は、従来に比べ、新商品の品質が良くなったことを意味しています。お客様に新商品を提案する場合には、例文のように使うと「大きく改良された」というポジティブな面がより伝わります。

2:「ひと手間かけることで、料理の味に雲泥の差が生まれる」

ほんのひと手間が、天と地ほどの差を生むということを表現した一文です。このように、物事の効果を強調したいときに使えます。仕事の場面でも、「今日やるのと、明日やるのとでは雲泥の差だ」などと、自分や同僚、部下を鼓舞するような表現としても使えます。

3:「入社年は同じだが、AさんとBさんは能力に雲泥の差が出てしまった」

「雲泥の差」は、この例文のように人についても使うことができます。しかし、先述したとおり、人について使うときは、優劣をあらわす表現になりがちなので、注意が必要です。また、「生まれた環境が違うので、私と田中さんでは学歴に雲泥の差がある」といった文章では、皮肉ととらえられてしまうことも…。

以上を踏まえても、人について「雲泥の差」を使う場合は、聞いた相手がどう思うかを一旦考えてから言葉にすることが大切です。

雲泥の差の由来

「雲泥の差」の語源は、中国の詩人・白居易(はくきょい)の詩『傷友』からきているといわれています。その詩のなかで、白居易が昔からの友人と長安の街ですれ違う場面があります。

そのときの場面を詠ったのが、「今日長安の道、対面雲泥を隔つ」というもの。

ここで白居易は、「昔は貧しいながらもお互い助け合ったものだが、今日長安ですれ違った彼は振り向きもせず、雲泥の隔たりを感じる」と言っています。昔と今を比べ、自分と友人の間にできてしまった大きな隔たりを、雲と泥にたとえて表現しているのです。

雲泥の差

この一説で使われた「雲泥」が、今日でも使われている「雲泥の差」の語源といわれています。

類語にはどのようなものがある?

「雲泥の差」と同じように、ふたつの物事の差や隔たりを意味する言葉はいくつかあります。しかし、若干ニュアンスの違いがあります。例文とともに類似点と違いについても解説していきます。

1:月とすっぽん

月とすっぽんは、両方とも丸い形をしています。 ただし、形は似ているものの、まったく異なるふたつですよね。このことから、「月とすっぽん」は、ふたつの物が似ているようで、大きくかけ離れていることをあらわしています。「雲泥の差」は、本来は優劣をつけるニュアンスはありませんが、「月とすっぽん」は優劣をつけるニュアンスが含まれています。

(例文)私と姉の学歴は、月とすっぽんほどに違う。

雲泥の差

2:提灯に釣鐘

提灯と釣鐘は、ともに釣り下げて使われるもので、形も似ています。しかし、提灯は大部分が紙でできているため軽く、釣鐘は青銅でできているため非常に重いです。形は似ていても、重さに大きな違いがあることから、物事が釣り合わないことや比べものにならないことを意味しています。

現代ではあまり耳にすることはありませんが、昔は、結婚において両家の身分が釣り合わないことを「提灯に釣鐘」と表現していました。

(例文)○○家と○○家は、提灯に釣鐘だ。

英語表現とは?

「雲泥の差」に当てはまる英語はあるのでしょうか? 紹介します。

1:The paintings of this artist and that artist are as different as day and night.(この画家の絵画とあの画家の絵画とでは、雲泥の差がある)

昼である「day」と、夜である「night」を挙げ、ふたつがまったく異なることを意味するイディオムです。「as different as day and night」で、ひとかたまりの英語なので、そのまま覚えておきましょう。

2:My sister and I are as different as chalk and cheese.(姉と私とでは雲泥の差がある)

チョークとチーズのように、見た目は似ているけれども、まったく違うことを表現する言葉です。例文1との違いは、見た目は似ているという点です。日本語では、「月とすっぽん」のニュアンスに近い英語表現です。

3:There is a world of difference in the earnings between A company and B company.(A社とB社では、収入に雲泥の差がある)

「There is a world of difference」も、ひとかたまりで「雲泥の差がある」「天地の差がある」という意味の英語。「a world of~」で、「非常にたくさんの~」という意味を持ち、それに「違い」を意味する「difference」をつけたものです。たいていの場合は、「between~」や「between A and B」とともに使われます。

最後に

ここまで「雲泥の差」という言葉について解説しました。「雲泥の差」とは、非常に大きな差という意味。格差として伝わってしまうこともあるので、使うときには注意が必要ですが、上手に使えれば、表現力がアップします。さまざまな場面で使ってみてくださいね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
〝とどのつまり〟ってどういう意味?【頻繁に使わないけれど知っておきたい言葉】
〝忌憚ない意見〟ってどういう意味?求められた際の伝え方も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事