Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.12.31

「山茶花(さざんか)」の花言葉とは? 特徴や開花時期、椿との違い

寒くなってくると見かける椿によく似た植物の「山茶花」ですが、花言葉にはどんなものがあるのでしょうか? 今回は「山茶花」の花の特徴から開花時期、椿との違い、英語表現などを紹介していきます。

Tags:

「山茶花」ってどんな花?

皆さんは「山茶花」のことをご存知ですか? 冬の時期に庭で見かける「椿」にそっくりな花という印象が強いかもしれませんね。「山茶花」は日本の固有種で、古くから茶花や庭木として親しまれてきました。

山茶花

今回はそんな「山茶花」の開花時期や特徴、花言葉、そしてそっくりな「椿」との見分け方のポイントを紹介します。この機会に「山茶花」について、詳しく知ってみては?

<特徴や開花時期>

「山茶花」は、「さざんか」と読みますツバキ科の常緑小高木で、日本の固有種です。野生種は、10月から12月にかけて花が咲きます。主に四国、九州、沖縄などの西日本に分布しています。花の少ない時期に開花するため、古くから庭の木や生垣、盆栽として利用されていたそうです。

木材は硬いことから、建築や器具、彫刻など細工物に使われます。種子からとれる油は、食用油や髪につける油などに用いられます。童謡の「焚き火」では「さざんか、さざんか咲いた道〜」と歌われていますね。冬の季語とされ、歌人正岡子規は「山茶花を雀のこぼす日和かな」という句を残しています。

「山茶花」や椿にとって大敵の害虫、チャドクガは、幼虫が葉を食べてしまいます。毛が肌に触れると強いかゆみを伴う発疹が現れるため注意しましょう。幼虫の主な発生時期は5月から9月頃です。卵のうちに葉ごと処分するのが効果的です。

「山茶花」という名前は、中国での椿の呼び名「さんさか」から変化したものとされています。中国では「さざんか」のことを「茶梅」と書きます。

<種類>

「山茶花」には多くの園芸品種があり、花の色は赤、白、ピンク、赤と白のぼかし模様などがあります。華やかな八重咲きもあります。園芸品種は大きく分けて3つあり、サザンカ系園芸品種は10月から12月が開花時期。カンツバキ系園芸品種は11月から3月、ハルサザンカ系園芸品種は12月から4月です。種類を選べば、春あたりまで花を楽しむことができますね。

山茶花

・桜月夜(さくらづくよ)

サザンカ系園芸品種。ピンク色の半八重の花が特徴。

・七福神(しちふくじん)

サザンカ系園芸品種。濃い桃色の半八重。花期は10月から11月。

・獅子頭(ししがしら)

カンツバキ系園芸品種の多くの交配親になった品種。濃い桃色の八重咲きの花が特徴。

・富士の峰(ふじのみね)

カンツバキ系の園芸品種。千重咲き。白花品種では古くから利用されてきました。花期は11月から1月頃。

・鎌倉絞り(かまくらしぼり)

ハルサザンカ系園芸品種。赤地に白い斑の入った花が咲きます。

「山茶花」の花言葉とは?

「山茶花」全般の花言葉は「ひたむきさ」「困難に打ち勝つ」です。これは、冬の寒さに負けずに花を咲かせることに由来するといわれています。それでは、花の色別の花言葉もみていきましょう。

山茶花

1:謙譲、あなたが最も美しい

こちらは赤い「山茶花」の花言葉。真っ赤な「山茶花」は華やかではありますが、見た目がよく似た椿の花よりどこか控えめな印象があります。その姿から「謙譲」という花言葉が生まれたのかもしれません。

2:愛嬌、あなたは私の愛を退ける

こちらは白い「山茶花」の花言葉です。冬の風に吹かれながらも健気に咲く姿に、昔の人は愛らしさを感じたのでしょうか。「愛嬌」という花言葉がつけられています。

3:永遠の愛

こちらはピンク色の「山茶花」の花言葉。冬が来て他の花が枯れても、「山茶花」は寒さに負けずひたむきに咲き続けます。その姿から「永遠の愛」という言葉がつけられたようです。

「山茶花」と椿の違いとは?

冬の庭に彩りを添えてくれる植物に「山茶花」と「椿」があります。どちらもよく似ているため見かけた時に違いがわからない、という方も多いのではないでしょうか? わかりやすい見分け方やポイントを紹介します。

山茶花

1:花びらが落ちる方が「山茶花」

「山茶花」と「椿」の一番の見分け方は、花の散りかた。花びらがばらばらに散っているのが「山茶花」。花首ごと落ちているのが「椿」です。違いに迷ったときは、ぜひ足元をみてみましょう。ちなみに「椿」は、花が丸ごと落ちる姿から「首が落ちる姿に似ていて縁起が悪い」とされ武士に嫌われていました。有名なエピソードですね。

2:10月頃から開花する方が「山茶花」

「山茶花」と「椿」は、開花時期も若干異なります。「山茶花」は、10月から12月。「椿」は12月から4月です。秋頃から開花しているものは「山茶花」である可能性が高いといえます。ただし、花の品種や気候によっても変わってくるため、迷ったときは他の見分け方と併用してみましょう。

3:花が平面的で薄い方が「山茶花」

見た目もそっくりな両者ですが、若干特徴に違いが見られます。椿に比べて、花が平面的で薄いのが「山茶花」です。対して花が筒状で花びらに厚みのあるものが「椿」です。ただし、両者とも八重咲きなどの種類があるため見分けがつきにくいことも。シンプルな「山茶花」や「椿」ほど見分けやすいポイントといえるでしょう。

4:葉っぱのぎざぎざが深い方が「山茶花」

花が咲いていない時期は「葉っぱ」で見分けることもできますよ。葉っぱのぎざぎざのことを「鋸歯(きょし)」といいますが、このぎざぎざが深いものが「山茶花」。比較的浅いものが「椿」です。今度公園や庭で見かけたときは、葉もチェックしてみましょう。

5:葉っぱに毛が生えている方が「山茶花」

両者は葉も似ていますが、「山茶花」の方が葉の大きさがやや小ぶりです。また、葉に細かな毛が生えているものが「山茶花」。葉に毛が生えていないものが「椿」です。ちなみに実のもととなる子房の部分にも「山茶花」は毛が生えていますが、「椿」にはほとんど見られません。種類によっても若干の差はあるかもしれませんが、迷ったときは参考にしてみましょう。

英語表現とは?

「山茶花」は、英語の学名である「Camellia sasanqua」や「camellia」といいます。「camellia」とは「椿」という意味です。

最後に

「山茶花」の特徴や種類、花言葉などを紹介してきました。 「山茶花」は、古くから観賞用として親しまれていたようですね。また、花だけではなく木材は建築に使われていたり、種は髪につける油に利用されていたりと、昔の人々の生活に役立っていた植物であることもわかりました。

ぜひ今度、公園や街中で見かけたときは、先述したポイントを参考に、「山茶花」か「椿」か見分けてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ

「薔薇」の花言葉とは? 色別の意味や開花時期、プロポーズに贈る本数を紹介
「柊」の読み方やクリスマスとの関係は?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事