Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.20

今さら聞けない「マスト」の意味とは?シーン別の使い方と例文、関連するビジネス用語

分かっているようで実はあやふやな言葉は、誰にでもあるもの。「マスト」は、ビジネスシーンだけでなく、日常会話でも使われるようになってきました。「マスト」の意味や使い方のほか、仕事で使える関連用語も一緒に押さえましょう。

Tags:

「マスト」の意味とは?

近年よく耳にするようになった「マスト」ですが、意味が曖昧な人もいるかもしれません。まずは、言葉の意味を確認していきましょう。

must マスト 意味 使い方 例文 類語 言い換え ビジネス ニード ウォント ベスト

「しなければならない」「必須」の意味

「マスト」は、英語の「must」が由来のカタカナ語で、「〇〇しなければならない」という意味で使われます。

「必須」「重要である」「なくてはならないもの」といった意味もあり、必ず成し遂げるべきことや、必ず用意するものなどを表現する場合に使います。

例えば、「事前連絡はマストで」と言われた場合には、必ず事前に連絡しなければなりません。「絶対に遂行したい(してほしい)事柄」に対して使われ、強制感や義務を含んだニュアンスで使われます。

「マスト」の使い方と例文

「マスト」の意味が分かったら、どのように使うのかを見ていきましょう。日常生活とビジネスシーンでは意味合いに少し違いがあるため、シーン別に解説します。

must マスト 意味 使い方 例文 類語 言い換え ビジネス ニード ウォント ベスト

日常生活での「マスト」の使い方

日常生活においての「マスト」は、「外せない」「欠かせない」といった意味合いで使われることがほとんどです。近年では、日常会話の中で気軽に使っている人も増えてきています。

《例文》
●〇〇に行くんだったら、海沿いのカフェのパンケーキはマストだよね
●リラックスして眠りたい日は、ラベンダーのアロマがマストです

また、雑誌の商品紹介や店頭のポップなどでよく見かける「マストアイテム」「マストバイ」は、「必需品」「おすすめ」といった意味になります。

《例文》
●この夏のマストアイテムは蛍光カラーの小物!
●インドア派の夏に!家時間を楽しむためのマストバイ

このように、日常生活で使われる「マスト」には、強制や義務の意味合いは少なく、「これいいよね」「おすすめだよ」といった柔らかいニュアンスで使われることが多いでしょう。

ビジネスシーンでの「マスト」の使い方

ビジネスシーンでの「マスト」は、重要事項や絶対に外せない要件に対して使用します。

「この会議の録画はマストだ」と言われたら、「この会議は必ず録画する必要がある」「録画しないという選択肢はない」といった強制力のある意味となるのです。また、「マスト事項」や「マスト項目」は、「絶対に外せない事柄」を表します。

《例文》
●業績好調で人手不足のため、人員の増強はマストです
●マスト事項から優先して進めてください

「マスト」は、「こうしてほしい」という意向を表現するのに便利な言葉なので、多用してしまう人も多いよう。頻繁に使用すると、本当に重要なこととそうでないことの区別がつかなくなるため、適切に使用するよう心掛けましょう。

また、マーケティング業界で使われる「マストバイキャンペーン」という言葉は、これまで説明した「マスト」とは意味が変わってきます。基本的には「商品を購入することで応募可能なキャンペーン」を指すため、業務内容や前後の文脈によって判断しましょう。

「マスト」と関連するビジネス用語は?

「マスト」に関連するビジネス用語には、「ベター」「ベスト」「ウォント」「ニード」などがあります。言葉の意味をそれぞれ理解し、「マスト」との使い分けの参考にしましょう。

must マスト 意味 使い方 例文 類語 言い換え ビジネス ニード ウォント ベスト

「ベター」

「ベター」は「ほかと比較して、ほかよりもよい」「〇〇の方がまだよい(マシ)」という意味で、英語の「better」をカタカナ語として使用している言葉です。

いくつかの選択肢があり、その中でよりよい事柄を選択する場面で用いられます。

《例文》
●A案よりはB案の方がベター
●会場は駅から近い方がベター

マストは「必須の義務」を示す場合に使用し、ベターは「比較して選択」する場面で使用するため、使い分けはそれほど難しくないでしょう。

「ベスト」

ビジネスシーンでの「ベスト」は、「一番よい」「最も優れている」という意味で、英語の「best」をカタカナ語にしたものです。

《例文》
●資料は今日中に仕上がればベストです
●結果を見ると、今回の人選はベストだったといえるでしょう

また、「ベスト」には「最善」「全力」という意味合いもあります。

《例文》
●ベストを尽くして明日を迎えよう

ベターは「複数を比較してマシなものを選択」する場合に使用するのに対し、ベストは「最も望ましい状態・事柄」を指すときに使用します。

「ウォント」

ビジネスの場で使われる「ウォント」は、英語の「want」をカタカナ語にしたもので、「希望する」「望む」という意味です。「必須ではないけれど、できるならお願いしたい」という、要望を表現するニュアンスになります。

《例文》
●会場はエレベーター有りがマスト条件だけど、ホワイトボードはウォントね
●中途採用の人のセミナー参加はウォントです

ビジネスで使われる「マスト」が、絶対にやらなければならない「義務」であったのに対し、ウォントは強制力のない「希望」「要望」です。

「ニード」

「ニード」は英語の「need」からきていて、「必要がある」という意味で使われます。

《例文》
●受付には英語が話せる人の配置がニードです
●このコンペには斬新なアイデアがニードである

「マスト(必須)」「ウォント(希望)」「ニード(必要)」を重要度で並べると、強い方から順に「マスト>ニード>ウォント」です。

「マスト」は「必ずやる」「やらなければならない」という義務を意味し、「ウォント」はあくまで「こうだったらいいな」という希望を表現します。「ニード」はその中間のニュアンスで、「ウォント」よりは強い要望ですが、「マスト」ほどの強さはありません。

あわせて読みたい

「検討する」ビジネスシーンではどう使う?例文と類義語もあわせて紹介
「ファジー」とはどんな意味?使い方から例文、用語まで解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事