仕事でミスしてしまったときの対処法!報告や謝罪はどうする?事前の対策方法も | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.07.22

仕事でミスしてしまったときの対処法!報告や謝罪はどうする?事前の対策方法も

「仕事でミスが続く自分を変えたい…」「ミス後の対処はどうするのが正解なんだろう…?」誰にでもミスはあるとは言え、ミスは周囲に迷惑をかけてしまうこと。できるだけ避けたいですよね。そこで今回は、仕事でミスが多い人の特徴やミスを減らすための対策、ミスをしてしまったときの対処・謝罪方法、さらに落ち込まないためのリカバリー方法もご紹介します。「どうして自分はいつもこうなんだろう…」と自信をなくす前に、ぜひ一度チェックしてみて。

Tags:

【目次】
仕事でミスが多い人の特徴
仕事でミスをしないための対策
ミスを隠すのはNG!仕事でミスしたときの報告と謝罪方法
ミスばかりで落ち込む自分をリセットする方法

仕事でミスが多い人の特徴

時間にルーズ


行き当たりばったりな行動が多い人は、仕事でもミスをしやすいと言えるでしょう。計画的で時間に余裕を持つことがあまりないので、時間にもルーズな一面があります。

甲斐性なしになってしまうのはなぜ? 甲斐性なしの人の特徴や見極め方

人に頼ることができない

人に頼ることができない
コラムニスト犬山紙子さんによると、無理に自立しようとするよりも人に頼れる力が大切だと言います。

「人に頼れる人は、自分の得意不得意をよくわかっています。苦手なことを手伝ってもらって得意なことでお返ししているのです。社会もそうやって適材適所でうまく回っているわけで。」(犬山さん)

すべて自分でどうにかしようとせずに、わからないことは素直にわからない、助けてほしい、と聞く力も必要なのかもしれませんね。

”人に頼らない”ことが「自立」じゃない!【犬山紙子のワーキングマザー一年生】

集中力が切れやすい

集中力が切れやすい
(C)Shutterstock.com

集中力が散漫になってしまうとミスが多くなります。ミスが増えると自信をなくし、周りへ迷惑をかけているのではないか…と自己嫌悪に陥ってしまう悪循環に。集中力が切れやすいのは、もしかしたらキャパオーバーが原因かもしれません。

キャパオーバーになりやすい人の特徴は?なってしまった場合どうしたらいい?

自分に甘い

自分に甘い
自分に甘い人はミスを認めず、言い訳をします。これまでなんらかの失敗をしても、周囲の人が代わりに謝ってくれたり、解決してくれたりして、自分の行動や言動に責任をとるという経験をしてこなかった可能性が。「自分がやらなくても誰かが解決してくれるだろう」という甘えが、ミスを繰り返す原因になっているかもしれません。

【責任転嫁】する人の特徴は? 対処法や自分がならないために注意したいこと

仕事でミスをしないための対策

チェックの方法を変える

チェックの方法を変える
仕事のミスを防ぐためには念入りなチェックが必要です。できれば「チェックを2段階にする」や「時間を空けて再チェックする」などの対策を。確認漏れを防ぐことができ、結果、ミスの頻度も減っていくはず。

悔しい気持ちはどこからくる?対処法しだいでバネにもできる!

仕事を整理する

仕事を整理する
(C)Shutterstock.com

今自分が引き受けている仕事を、いったん落ち着いて整理してみましょう。手帳などに担当の業務をリストアップし、「今すぐやるべきこと」「今週中にやればよいこと」などと分類して。こうすることで自分の頭の中が可視化でき、キャパオーバーになってミスをすることも減っていくでしょう。

キャパオーバーになりやすい人の特徴は?なってしまった場合どうしたらいい?

自分の仕事に責任を持つ

自分の仕事に責任を持つ
「責任感」を他の言葉に言い換えるしたらと「使命感」。使命という言葉には「与えられた重大な務め」や「責任を持って果たさなければならない任務」という意味が加わります。

時間や約束を守り、やるべきことをはっきりさせることで「責任感」の原動力をつけていきましょう。

「責任感」がある人とない人はどう違う?バランスよく責任感をもつコツも紹介

ミスを隠すのはNG!仕事でミスしたときの報告と謝罪方法

謝罪に加えて今後の対応を示すのが基本

ITジャーナリスト高橋 暁子さんによれば、謝罪の順序はまず電話。そして誠意を持って謝罪、さらに今後の対応を示すことが基本だと言います。

謝罪に加えて今後の対応を示すのが基本
「まずするべきは、できれば電話、そうでなくともメールですぐに、誠意をもって謝罪すること。とくに問題なのは、内容が守秘義務に関わる場合です。上司を含めた社内にすぐ報告し、対策を話し合う必要があります。

さらに、今後の対策をクライアントにメールなどでご説明するのが、いいでしょう。大事なのは、相手が心配にならないようにすること。今後のビジネスに支障をきたさないこと。そして、絶対に同じ間違いを起こさないよう、会社としての対応を示すことだと思います。」(高橋さん)

あなたなら、どうする!?「ビジネス上のメール誤爆、対応を教えて!」【働く女性の質問箱】

お詫びメールのマナー

コミュニケーション・ファクトリーの中川路亜紀さんにお話を聞きました。

お詫びメールのマナー
「お詫びメールを書くにあたっては、相手にどんな迷惑がかかったか想像力を働かせる必要があります。

相手に大きなタイムロスをさせてしまったというときは“大変なお手間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした”とお詫びをし、先方に恥をかかせてしまった場合なら“大変失礼なことになってしまい、申し訳ありませんでした”というように、先方の状況や気持ちに沿ったお詫びの言葉をしっかり書きます。メールは重大なトラブルがあったときの第一報ではなく、まずは電話で知らせましょう。そのあとで、お詫びのメールを送ります。

お詫びのメールは、お詫び、経過説明、反省の言葉、今後への誓いをセットにするのが基本です。そして何よりも大切なのは、やはり読む相手への想像力をもつこと。経緯の説明の際にはわかりにくい専門用語は使わない。場合によってはお詫びの言葉を重ねながら、丁寧に書いてみてください」(中川さん)

お詫びメールのマナー
(C)Shutterstock.com

重大なミスの第一報はまずは電話。その後にお詫びメールを送るのが基本なのですね。外部の人へのお詫びなら、内輪で通じる社内用語や専門用語を使わず、表現を変えて言葉を重ねることで丁寧さを伝えるのが大事なようです。

きちんと知っておきたいメールでの謝罪、誠意の伝わる書き方

ミスばかりで落ち込む自分をリセットする方法

肯定型の人との関係性を保っておく

銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士の霜田里絵さんによれば、仕事のミスを引きずってしまう人は、趣味でも運動でも、食べ物でも、いろんな引き出しを持っておいてリカバリーすることが大切だそう。

「リカバーする方法は人それぞれですが、そのための引き出しは、多ければ多いほど、精神状態にはいいと言われています。ひとつ・ふたつくらいの方法ではなく、『もうダメだ~』って思ったとき、趣味でも運動でも、食べ物でも、いろんな引き出しがたくさんあることが、理想です。私自身は、お酒を飲むのも、運動するのも好き。音楽を聴くのも、映画を観るのも大好きです。」(霜田さん)

肯定型の人との関係性を保っておく
そして一番気をつけたいのが否定型の人だと言います。

「気をつけたいのは、友達や家族にいる否定型の人。悩んだとき、『それダメだよ』というタイプで、それに対して『いいんじゃない?』と言ってくれるのが肯定型の人。日常では、自分が弱ったときに自信をもたせてくれる肯定型の人との関係性を保っておくと、自分自身も楽になります。

きれいごとになってしまうかもしれませんが、失敗したときほど冷静に次の仕事に向けて努力することが大事だと私は思います。そういう人のほうが評価も高いし、その後伸びていく。失敗したときをチャンスだと思って、活用してみてください。」(霜田さん)

仕事に失敗!なかなか立ち直れません【働く女性の質問箱】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事