心理カウンセラーが教える!「自己中な人」ってどんな人?自己中心的な性格は育った環境が関係しているってホント!? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.08.05

心理カウンセラーが教える!「自己中な人」ってどんな人?自己中心的な性格は育った環境が関係しているってホント!?

職場やグループの中に自己中な人がいると、その場の雰囲気が悪くなってしまいます。相手に振り回されて苦労した経験がある人もいるでしょう。人はなぜ自己中になってしまうのでしょうか?自己中になる原因や、自己中な人との上手な付き合い方を紹介します。

【目次】
自己中とは
自己中になる原因
自己中な人の特徴
自己中な人の心理
適切な付き合い方

自己中とは

日本人は強調性があり、自己主張が控えめな民族ととらえられますが、職場やグループの中に、1人や2人は「自己中な人」がいるものです。では、よく使われる「自己中」とはどんな性格の人を指すのでしょうか?

自分中心に考えること

自己中「たちが悪い人」はどこにでもいる。特徴やうまく付き合う方法は?

「自己中」とは「自己中心的」の略で「物事を自分中心に考えること」を意味します。「あの人は自己中だ」「自己中な発言をする」など、人の性格や行動に対して気軽に使っていますよね。

集団生活においては、他人の立場や心情に配慮しながら行動するのが通常です。しかし自己中な人は、自己中心性バイアス(他者の感情を自分勝手に判断すること)に陥り、他者の視点や他人の心・意図・欲求を推測する能力が不足している場合、また自分と違う価値観があることを理解してない場合が多く見られます。自分の利益だけを追求したり、一方的に意見を主張したりすることもあります。

日本人の生活では「集団行動」が多く、子どもの頃から「協調性」を身に付ける大切さを学びます。異なる立場や価値観の人が互いに助け合ったり、譲り合ったりしながら生きる社会において、自分中心にしか物事が考えられない人は、自身が生きにくいだけでなく、マイナスのイメージをもたれかねません。

長所にもなるがバランスに注意

自己中は長所になることもあります。自己中な人は、見方を変えれば「自分の価値観や世界を大切にしている人」といえます。他人の意見に振り回されない精神的な強さをもっていたり、(たとえもっていなくても)もっているように周囲に思わせることができるため、、夢や成功をつかみやすいともいえます。自分への自信にあふれているように見えるのも、自己中な人の特徴のひとつです。

自己中という性格が短所になるか長所になるかは、その人しだい。どうしても譲れないところははっきりと主張しつつも、他の部分は他者の意見を尊重するなど、「バランス」を保つことが大切です。

自己中になる原因

自己中 言動

人の性格の土台は、子どもの頃に形成されるといわれています。もともとの気質もありますが、自己中になってしまう原因は、育った環境や周囲の大人たちの態度が関係しているかもしれません。

厳しくされすぎた

幼少期に、親や周囲の大人たちに厳しくしつけられてきた人は、その反動で自己中になる場合があります。「あれはダメ、これもダメ」とダメダメばかりを言う親の元で育つと、子どもは「自由にやりたい」という願望を押し殺すことになります。こうしたタイプの人は、親元を離れてから人が変わったようにわがままにふるまうことがあります。

また、甘えが許されない厳格な家庭において、子どもは「自分は愛されていない」と感じる場合があります。人は虐待をされるよりも、「無視される」「存在を認められない」ということが精神的に大きなストレスになったり、精神崩壊を引き起こす原因となったりします。よって、その回避のために「自分をもっと見てほしい!」という強い思いが爆発し、自己中になってしまう場合も。

甘やかされすぎた

逆に、幼少期に甘やかされて育った人も自己中になることもあります。両親はもちろん、兄や姉、祖父母などからちやほやされることで、どんどんわがままになってしまうケースも。特に、末っ子やひとりっ子の自己中にはこのパターンがみられるようです。

これは、先に挙げた「自己中心バイアス」というものが働き、自由にされたからこそ相手の心情を理解する教育がされていなかったことが大きな原因として考えられます。

その結果、社会人になっても他人に迷惑をかけ続けてしまいがち。こうしたタイプの人は、大人になってから上司に厳しく言われることに耐えられなかったり、グループの中で浮いてしまったりという、経験につながっていきます。

自己中な人の特徴

【プライドが高い人】の特徴。上手く付き合うには?

自己中な人にはいくつかの共通点があり、コミュニケーションの場や他人との交流の場面で、その特徴が顕著に表れます。自分や周りの人にあてはまる点がないかチェックしてみましょう。

空気が読めない

【気配り上手とは?】仕事上でもプライベートでも心がけてみたいこと

「空気を読む」とは「その場の雰囲気から状況を察すること」を意味します。コミュニケーションの場では、相手との関係性や会話の流れによって自分の発言や態度を変えるのが通常ですが、自己中な人には、それができないということも。

発言を控えたほうがよい場面でも、自分の主張を繰り返し、周囲をしらけさせてしまいます。例えば、ワーママの時短勤務で、ほかの社員が残業を強いられている中でも、「育児と仕事の両立は大変」と自分の立場ばかりを主張する人…。会話の流れをさえぎって自分の話をする人や、他人のプライベートにズカズカと踏み込んでくる人も「空気が読めない人」の代表格です。

本人も自覚がない場合や、わかっていても「具体的にどこがどう空気が読めず、どうしたら空気が読めるのか」ということがわからないのです。

約束やルールが守れない

遅刻の言い訳は印象を考慮しよう。正しい対処方法を解説

自己中な人は、他人との約束をないがしろにしたり、決められたルールを平気で破ることもあります。ひと言でいえば「常識がない人」です。「自分のために、貴重な時間をわざわざ割いてくれている」という相手の事情が理解できないため、遅刻やドタキャンが日常茶飯事になってしまうのです。特に、子どもの頃からわがまま放題で育ってきた人は、「謝れば許される」という軽率な考えを持つ傾向があります。

一方で、他人が約束を破ると、猛烈に相手を責め立てるのも自己中な人によくあるパターンです。他者に束縛されるのは嫌いなのに、相手に自分の考えやルールを押し付けようとするのです。

自覚がない

【自信過剰な人】とうまく付き合っていくには?特徴や心理を知り上手に対処

自己中な人の多くは、自分が自己中であるという自覚がありません。自分の立場でしか物事が考えられないため、他人に迷惑をかけているとは思っていないのです。常識から外れた行動をしても「社会人として恥ずかしい」という気持ちにはなりません。

中には「こうしたほうがいいんじゃない?」「それっておかしいよね」と助言をする友人や上司もいますが、そもそも自己中な人はプライドが高く、自分に都合のいい話しか聞かないことが多いものです。相手の話をはねつけ「自分は間違っていない」という意思を貫くため、周囲はしだいに指摘することをやめてしまいます。

自己中な人の心理

自己中 言動

自己中な人とひと口にいっても、その心理状況はさまざまです。「自分がいちばん!」と考えている人もいれば、「価値ある存在として認められたい」という気持ちや、「自己中だと自覚がない」などが行動を引き起こしているケースもあります。

自己顕示欲が強い

自己中な人はメンタルが強く、自信にあふれているように見えますが、全員がそうとは限りません。「自己顕示欲の強さ」がその人を自己中に見せているケースもあるのです。成長の過程で親から否定されて育った子どもは「認めてもらいたい」という強い欲求を持っています。それがしだいに「より多くの人に認めてもらいたい」「みんなに注目されたい」という自己顕示欲に変化していきます。

自己顕示欲が強い人は、自己主張が激しく、人の目につきやすい行動を繰り返す傾向があるため、他人の目には自己中な人に映ってしまうのです。実際は、自分を価値ある存在と認められず、心が不安定になっているということもあるのです。

自尊心が強い

【プライドが高い人】の特徴。上手く付き合うには?

自尊とは「自分を自分で優れていると思い込むこと」です。自尊心がある人は、自己肯定感が強く、言動は常に自信に満ちあふれています。自分を否定しながら生きる人が多い世の中で、ある程度の自尊心は必要かもしれません。

ただ、自尊心が強すぎると、他人の干渉を一切受け付けず「自分が正しい」の一点張りになってしまうことも。その結果、周囲には「自分の非を認められない頑固者」のレッテルを貼られてしまうのです。

また、自尊心が強い人は、自分を愛する気持ちも強く「自己陶酔」に陥りがちです。他者からの称賛ばかりを求め、他人には目もくれないという心理状態は自己中の始まりといえるでしょう。

他人への興味や関心が薄い

他者への興味が薄い人は、相手と深くかかわる機会がほとんどありません。相手の心情を理解する機会が得られないと、言動はおのずと自分本位になり、集団生活の中では浮いて見えるようになります。他人への興味がない人は、人の話を「つまらない」と感じています。

みんなが盛り上がっている最中にスマホを見たり、会話の流れを止めて自分の話をしたりしようとするため、周囲は「この人がいると雰囲気が壊れる」と疎ましく思っているかもしれません。他人の相談事に乗るのも苦手で、「〇〇さんに聞いたほうが詳しいよ」と、それとなく話を流してしまうのも日常茶飯事です。

適切な付き合い方

自己中 言動

自己中な相手とまともにつきあうと、心身ともに疲弊してしまいます。相手に振り回されずにつきあうにはどうしたらよいのでしょうか?

距離感を保つ

馬が合わない人と付き合っていくには?理由や対処法をご紹介

自己中な性格は、いくら指摘をしてもすぐには直りません。そればかりか、プライドや尊厳を傷つけられたと過剰な拒否反応を起こしてきたり、敵視される事も。相手の悪い部分を改善させようと頑張っても、徒労に終わるケースがほとんどです。会社の同僚やママ友の中に自己中な人がいた場合、必要最低限の付き合いをし、できるだけ距離を保つといいかもしれません。

あいさつをする、連絡事項はきちんと伝えるなど、基本的な礼節は守りつつも、プライベートでは2人では会わないと決めておくなどの距離感です。お茶にさそわれても断りやすいように、普段から「忙しくてお茶をしている暇もない」という雰囲気をつくっておきましょう。

おだてる・あしらう

サバサバ系女子の特徴は?自称サバサバ女子の特徴と対処法もチェック

自己中な人と会話をするときは「そうなんですね」「いいですね」など話を聞いていると感じさせるようなあいづちを打ち、肯定的に話を聞き流しましょう。ポイントは相手の話にいちいち反論したり、自分から話題を提供したりしないことです。自己中な人は、おしゃべり好きが多く、自慢話をしたがります。つまらないような態度を見せるとすぐに機嫌が悪くなり、関係性が悪くなる可能性があります。話を一方的に聞いてもらって満足すれば、相手は何事もなかったようにその場を去っていきます。

また、プライドが高い自己中な人に対しては「おだてる」という作戦も有効です。「すごいですね」と褒めていい気分にさせておけば、八つ当たりされる心配がありません。ただし、やりすぎは禁物です。

必要な場合は徹底して詰める

手のひら返しする人をどう見分ける?特徴や付き合い方を解説

自己中な人とは適度な距離を保つのがベストですが、相手を野放しにしておくと自己中がエスカレートする場合があります。もし、周囲が本当に迷惑している状況であれば、徹底的に相手と戦う覚悟をしましょう。

自己中な人は、自分を正当化するのに長けています。「自分は悪くない」の一点張りで、話がなかなか進まないかもしれません。さまざまな言い訳が出てくるのを想定した上で、相手が反論できない状態にまでもっていくのがポイントです。

中には、自分が自己中であることを自覚しておらず、悪気がまったくない人もいます。「配慮や思いやりが欠けると人に嫌われるよ」とはっきり言ってあげましょう。

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子(よしの まいこ)

「SMART BRIDAL」代表/婚活心理カウンセラー、モデル/「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた戦略的婚活の可能な結婚相談所を経営。
43歳で14歳年下男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導するかたわら、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、女性の婚活を支援中。
▶︎恋愛&婚活に効く情報を定期配信中 (公式LINE)
▶︎サイト
▶︎年下エリートモテ男子との愛され婚をした秘訣ブログ

 

あわせて読みたい
危機管理広報の担当者がそっと教える企業における危機管理の基本と謝罪会見のつくり方【「お詫びと謝罪の新常識」番外編 】
できるキャリアウーマンはここが違う!社内で憧れの女性になるために必要な方法は…

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事