【公認心理師監修】母親嫌いになるのはどうして?今後もうまく付き合う方法とは | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.09.04

【公認心理師監修】母親嫌いになるのはどうして?今後もうまく付き合う方法とは

自分を育ててくれた母親であっても、どうしても好きになれないことも。母親を嫌いになってしまうのにはどんな理由があるのか、そして対処法を専門家に聞きました。

【目次】
母親嫌いは悪いことではない
嫌われる母親の特徴・パターンとは
母親嫌いになった理由は?
今後もうまく付き合う方法

母親嫌いは悪いことではない

母親との関係に悩む人は少なくありません。思春期のころは仲が悪くても大人になるにつれて打ち解ける場合もあれば、大人になっても好きになれないという人も。では、どうして母親を嫌いになってしまうのでしょうか?

公認心理師などの資格を持つ、メンタルケア・コンサルタントの大美賀直子さんに聞きました。

母親嫌い

なぜ嫌いになるのかを紐解こう

母親とうまくいかないことで自分を責めてしまうこともあるかもしれませんが、そもそも違う人間なのだから、合わないことも当然あるはずです。親子だから仲良くできて当たり前なんてことはありません。

なぜ母親を嫌いになってしまったのかというのは、人それぞれだと思います。しかし、母親に自分を個人としてしっかり尊重してもらえなかったり、ポジティブな感情よりもネガティブな感情をぶつけられることが多かったりすると、母親との関係がうまくいかなくなってしまう傾向があるようです。

ということで、母親を嫌いになってしまうおもな原因を、より詳しくみていきましょう。

嫌われる母親の特徴・パターンとは

大美賀さんによると、どんな母親が嫌われてしまうのかというのは一概には言えないながら、例えば次のようなものが挙げられるそうです。

母親嫌い

母親に自分の人生を支配されていると感じる

母親からの干渉があまりに多く、自分の人生であるはずなのにまるでコントロールされているように感じる…。つまり自分自身を尊重されていないと感じることが、子どもが母親との関係を負担に感じてしまう原因に。

母親が精神的に自立していない

むしろ母親の方が精神的な自立ができていないためにベタベタしてくるようなことが多いと、子どもは次第に息苦しさを感じるようになってしまうことも。

愚痴や悪口を聞かされることが多い

愚痴や悪口などを母親から繰り返し聞かされることも、子どもにとっての負担に。なかには、母親を慰めるために「いい子」であろうと頑張り過ぎてしまうこともあるそうです。

母親嫌いになった理由は?

他にも、母親とのコミュニケーションやふれあいがうまくいかなかったということが、母親を嫌いになってしまう原因になりえるそう。考えられる原因を3つご紹介します。

母親嫌い

母性的な愛情を与えてもらえなかった

温かみのある対応、ハグなどの身体的接触といった母性的な愛情を受け取れなかったことが、母親と上手に関係を築けない原因になることも。

「自分自身も愛情不足、過剰なストレス状態など、母親にもそれができない事情があったのかもしれません。しかし、子どもは母性的な愛情を心の栄養にして育つので、それが得られないとさびしさや不安を感じやすくなります」(大美賀さん)

気持ちを汲み取ってもらえなかった

母親に自分の気持ちを汲み取り、寄り添ってもらえなかったということも、原因として挙げられます。

「母親に余裕がない、気持ちに対応するのが苦手、ということも影響しているかもしれません。しかし、子どもは自分の気持ちを言葉で理解し、説明することができないので、言葉にできない気持ちを母親に気づいてもらい、その気持ちを大事に扱い寄り添ってもらうことを求めています。現実にはそれが100%満足にできる親などほとんどいませんが…」(大美賀さん)

親の求めることを行ったとき以外評価されない

「かけっこで1等賞をとると喜ぶが、そうでないと『なんで負けたの?』というがっかりした表情をする」「不平を言わずにきょうだいの面倒をみると喜ばれ、そうでないと『お姉ちゃんなのに』とがっかりされる」など、親の求めることを行ったときしか評価されず、それ以外のときはがっかりされたり無視されたり…。そういう経験も、子どもが自分を出せなくなってしまう原因になるそう。

「こうしたことが続くと、子どもは親の求める結果を出せるよう、過剰に頑張るように。すると、本当に自分がやりたいことに取り組むチャンスを失ってしまいます」(大美賀さん)

今後もうまく付き合う方法

様々な理由から、たとえ嫌いな母親でもまったく付き合わないわけにはいかない、という状況の人も多いかもしれません。今後もうまく付き合っていく必要がある場合、上手に関係を続けていく方法を大美賀さんに教えていただきました。

母親嫌い

境界線を引く

大美賀さんによると、母親との間に「境界線を引く」ということを意識するのが大切とのこと。

「母親との間に精神的な「境界線」を引くとよいでしょう。境界線を引くことは突き放す、拒絶することではなく、個としての各々を尊重することです」(大美賀さん)

親子、家族と言っても、1人1人はまったく違う人間。それぞれの気持ちを大切にし、個人として尊重しあうことが必要です。具体的には、家族なんだからと何もかも責任を背負おうとせず、自分でできることは自分でしてもらうようにする、親との電話が負担なら、何時までとあらかじめ時間を区切っておく、同居しているなら、1人で出かけて自分だけの時間を作るようにする、など。

自分の人生は自分のもの、親のものは親のもの、と適度な距離感を保つことが、ストレスを減らしていくことにつながります。

画像ALT

メンタルケア・コンサルタント

大美賀 直子(おおみか なおこ)

公認心理師、精神保健福祉士等の国家資格を持ち、企業や大学等でのカウンセリング活動に従事。「こころと人生と人間関係」のベストバランスを提案するコンサルティング、執筆、講演活動も行っている。 総合情報サイトAll Aboutで「ストレス」のガイドを務め、現代人を悩ませるストレスに関する基礎知識と対処法を解説。『働く私の「自分時間」』(アスカビジネス)、『心とカラダの磨き方』(PHP研究所)など、著書・監修多数。
ホームページ

あわせて読みたい
▶︎精神科医に聞く!ハグで期待できる効果とは?効果が高まるハグの方法は?
▶︎家族5人、ひとつ屋根の下で「自分」を確保するために【モデル牧野紗弥の夫婦生活ホントのところ27】

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事