Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 家族

2020.06.20

【スキンシップ】にはどんな効果がある?日常的にできるスキンシップと苦手な人におすすめな方法

 

特に理由もなく心に孤独や不安を感じているのなら、スキンシップが足りないのかもしれません。大切な人とスキンシップをとり、愛情や絆をより一層深めてみては。スキンシップを求める理由やその効果、さらには気軽にできるスキンシップについて紹介します。

Tags:

スキンシップをとる心理とは?

日常生活では、家族や大切な人に「触れたい」と思ったり、知らぬ間に触れていたりすることがあります。これはどのような心理が働いているためなのでしょうか。人がスキンシップをとるときの心理について考えてみましょう。

相手に対して愛情がある

そもそも、愛情を感じない相手に触れたくなるということはあまりないですよね。愛情があるからこそスキンシップをとり、大切に思う気持ちや愛着を肌で伝えようとするのではないでしょうか。普段は愛の言葉を口にしないカップルでも、適度なスキンシップがあれば互いの愛を確信できるもの。それが「愛されている」「愛している」という自信になって、パートナーを大切に思い続けられるかもしれません。

また、子どもが小さいときのスキンシップは特に大切と言われています。言葉が分からない子どもは、ママから抱きしめられたり撫でられたりすることで安心感を抱くものです。スキンシップからママの優しさや愛情を感じられれば、子どもは体も心も健やかに過ごせるはず。

心を許している

誰かとスキンシップをとるとき、相手との距離はかなり近くなります。その近さを不快に感じないなら、それはあなたがその相手とは「距離をとる必要がない」と感じている証拠かもしれません。

人間にはそれぞれ、快適な空間を保つための「パーソナルスペース」があるものです。このパーソナルスペースは、関係の親密さに比例して小さくなるといわれます。相手と触れあえるほど近くに身を置けるということは、その距離感があなたにとっては快適かつちょうどよいということ。通常は心を許した相手でないと、このようには思えません。

長続きするカップルの秘訣とは?相手への感謝や思いやりを忘れないで

寂しさを埋めたい

寂しさや愛情不足を感じているときは、気持ちが落ち込み孤独を感じるものです。「受け入れられたい」「誰かがそばにいることを感じたい」という気持ちから、スキンシップをとりたくなることもあります。赤ちゃんがママのスキンシップで安心するように、人のぬくもりは寂しい心の隙間を埋めてくれます。特に自分が愛している相手とのスキンシップはリラックス感を高め、ほっとさせてくれるものです。心が弱くなっているときに大切な人のぬくもりがほしくなるのは当然といえます。

夫婦間でスキンシップをとらなくなる原因

夫婦仲を円満に保つうえで、「スキンシップが重要」というのは多くの人が知るところです。それでも結婚して時間が経つと「スキンシップが減った」「スキンシップをしなくなった」という夫婦は増えてきます。好きで結ばれたはずの夫婦が、なぜスキンシップをとらなくなるのでしょうか。

スキンシップ

家事や子育て・仕事を優先

結婚して一組の夫婦となると、お互いのことにばかり目を向けていられません。日々の生活を回していかなければなりませんし、子どもがいれば子育てにも時間を取られます。24時間のうちで成すべきことがあまりにも多く、夫婦でスキンシップをとるのが物理的に難しくなるということは誰もが実感するところではないでしょうか。

特に夫婦共働きの家庭では、仕事が優先されやすい傾向があります。帰宅後は家事、子どもの世話に追われ、時間はあっという間に過ぎていきます。少しでも時間が空けば「休みたい」「好きなことをしたい」という気持ちも優先されるため、夫婦はコミュニケーションさえおろそかになりがちです。「パートナーとスキンシップをとろう」とお互いが思えなければ、スキンシップはできません。

スキンシップ

日本全国100人のワーママに調査!夜の夫婦関係・セックスの頻度はどのくらい?

異性としてみられなくなった

結婚して家族になると、男女の愛も家族愛に変わっていくもの。恋人時代のようにパートナーにときめいたりドキドキしたりはせず、家族としてのいたわりや大切に思う気持ちが強くなる傾向があります。こうなるとわざわざスキンシップをとることが照れくさく思えたり、人によっては「嫌だ」と感じたりさえするかもしれません。

夫婦間の感情の変化は徐々に訪れますが、特に子どもが生まれた後は顕著な傾向に。女性は「母親」として子ども第一になり、パートナーに構う余裕がなくなる場合も多いです。パートナーを見る目は「男性」から「父親」に変わり、昔のように恋い慕う気持ちが薄れてしまうこともあります。

夫婦仲が悪い・愛情が薄れた

夫婦間のスキンシップの少なさは、そのまま夫婦間の愛情の少なさを表しているという場合も残念ながらあるようです。結婚してともに暮らすと、お互いの嫌なところが目につくようになるもの。また、結婚前と結婚後で態度が大きく変わる人も少なくありません。

結婚後のパートナーの変化のうち「どうしても受け入れられない」と感じるものがあるときは、夫婦の心は離れやすくなります。スキンシップの少なさを実感しているなら、これまでの夫婦のやりとりや出来事を振り返ってみてはいかがでしょうか。このとき「改めるべきところがあった」と感じたら、パートナーとよく話し合ってみましょう。お互いへの不平不満が解消されれば愛情が戻り、スキンシップもとりやすくなるかもしれません。

スキンシップをとることで得られる効果

相手の体の一部に触れるだけの行為ですが、スキンシップによってさまざまな好ましい効果が生まれるのだそう。家族関係を円満にし絆を深めるなら、積極的にスキンシップをとるのがベターといえるようです。スキンシップによって得られる効果について紹介します。

関係が良好になる

スキンシップは、触れることで相手への愛情を伝えることのできる行為です。触れる頻度が高くなるほど、お互いへの信頼や絆は自然に深まっていくといえます。日々忙しくしているママは、パートナーや子どもに対する態度がそっけなくなっていませんか?そんなときは小まめなスキンシップで愛情や信頼を伝えれば、相手を安心させられるのではないでしょうか。

また、パートナーとケンカしたときは、ハグが仲直りのきっかけになるかもしれません。あるいは子どもを叱ったり注意したりするときも、ハグがしおれた子どもの気持ちをフォローします。日々の生活では、照れくささが先行して言葉にしにくい気持ちもあります。こんなときスキンシップをとれば、大切な想いをきちんと伝えることができるはずです。

気持ちが安定する

好きだったり大切に思っていたりする相手と触れあっていると、自然に心が満たされます。イライラや落ち込みを感じていたとしても、相手のぬくもりがそれを和らげてくれるのです。特にハグは体の密着度が高く、相手の体温や鼓動をリアルに感じられます。「好きな人がそばにいてくれる」「一人ではない」と強く感じられるため、不安なときの効果は抜群です。

子どもにもよい影響がある?

「強く抱きしめられれば安心する」というのは、子どもも同じです。頻繁にハグしたり手をつないだりすることで、子どもは「ママがそばにいること」「守られていること」を実感できます。親子の絆はさらに強まり、常にお互いに対する強い愛情を感じることができそうです。

家族の絆を深めるなら、パパとママも意識的にスキンシップをとりましょう。スキンシップが夫婦間の信頼を高め、円満な夫婦関係を保ってくれる鍵となります。「子どもの前で恥ずかしい」と感じるママもいるかもしれませんが、両親が仲良くしている姿は子どもにとってうれしいもの。きっと家庭内の雰囲気はさらによくなり、家族みんなが居心地よく過ごせるようになるのではないでしょうか。

スキンシップのきっかけを作るには

本来スキンシップとは愛情表現の一つですから、タイミングやきっかけなどを気にする必要はありません。しかし、普段からそのような習慣がないと、積極的に振る舞うのは難しいものです。パートナーとスキンシップをとりたいとき、どのようなきっかけがあればスムーズなのでしょうか。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!