人間関係に疲れたときにするべき考え方とは? 具体的なアクションやおすすめ本(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.05.27

人間関係に疲れたときにするべき考え方とは? 具体的なアクションやおすすめ本(まとめ)

人付き合いは、社会生活を送る上で避けて通れないものです。「誰かと一緒にいると楽しい!」と思うときもあれば「人間関係に疲れた」と思うときもあるのではありませんか?どのような時に人との関わりがストレスに感じるのかチェックしていきましょう。

【目次】
人間関係に疲れてない?チェックしてみよう
どんな時に人間関係に疲れるのか
人間関係に疲れたときにするべき考え方
具体的なアクションを知ろう
人間関係に疲れたときにおすすめの本

人間関係に疲れてない?チェックしてみよう

人間関係疲れた時 おすすめ

あなたは今、人付き合いを負担に感じていませんか?まずは、自分が置かれている環境や性格を知って、自分が今、人間関係に疲れているかどうかチェックしていきましょう。

こんな環境だと疲れやすい

世間話が苦手な人にありがちなミス!意識すべき3つのコツ

人間関係に疲れる大きな要因は、あなたが置かれている環境です。あなたの周りには、いつも過剰に干渉してくる人や、自分の意見を押し付けてくる人、他人を利用しようとする人はいませんか?このような「相手の気持ちを考えられない人」が近くにいると、人は大きなストレスを感じやすいものです。

「最近、旦那さんとはうまくいってるの?」とプライベートを詮索されたり、「これやっといてね!」と仕事を押し付けられたりすると、心も体も疲弊してしまいます。相手が職場仲間の場合、毎日のように顔を合わせることになるため、「会わないようにする」「一切話さない」というのも難しい状況です。

疲れやすい人の特徴

「ピント外れ力」 を駆使すべし! 面倒なママ友グループLINE対処法

人付き合いに疲れやすい人には、優しくて感受性が豊かな人が多いです。そのため、苦手な人の話を適当に受け流せなかったり、誰かの悪口に胸を痛めたりします。そのモヤモヤした心をいつまでも抱えてしまうのも、疲れやすい人の特徴です。誰かに話したり、何かに没頭したり…などといったストレスが発散の方法を持ち合わせていないとなおさら、疲れがたまりやすくなります。

「最近、笑えなくなった」「知り合いのSNSの投稿を見ると、自分と比較して妬ましくなってしまう」などの傾向がある場合は要注意です。

どんな時に人間関係に疲れるのか

人間関係疲れた時 おすすめ

人との関わりに疲れてしまうのは、あなたの考え方の特徴や所属しているコミュニティなどが関係しているかもしれません。疲れやすくなってしまうNG行動と、疲れやすいコミュニティの傾向をつかんで、策を考えてみましょう。

気を遣いすぎている

「仕事疲れた」は心と身体からの無意識のSOS?疲れパターンごとの対処法

相手のことを気遣うあまり、自分への負担が大きくなっていませんか?気疲れしやすい人は、その親切な性格から、自分から率先して仕事を引き受けたり、困っている人がいればすぐに助けたりする傾向があります。

とにかく周りへの気配りが上手で、職場でも頼られる存在です。しかし、気を遣いすぎたせいで、仕事が増えてしまったり、職場の仲間から「あの人に言えば何でもやってくれる」と、都合良く使われてしまったりすることもあります。さらに悩ましいのは、「周りに迷惑をかけたくない」と思い、悩みを誰にも打ち明けられないことです。

主張や要求ができていない

会社を辞めたいのに、上司が辞めさせてくれない。どうすべき?【働く女性の質問箱】

相手に自分の主張や要求が伝えられないとき、人は大きなストレスを感じます。周りの顔色をうかがってしまうタイプの人は、心当たりがあるのではないでしょうか?「嫌われたらどうしよう」という恐怖心があると、仕事を頼まれたときに「今は時間がなくて、すみません!」とはっきりと断われません。また、「これ、お願いしてもいいかな?」と人に頼み事ができなかったりします。

その結果、周りの意見に従う日々が続き、人との関わりをつらく感じてしまうのです。周りが価値観の合わない人ばかりの場合、いつも無理して意見を合わせることになるため、より苦痛に感じてしまいます。

狭い世界にしかいない

目標未達を防ぐには?原因の分析やフィードバックの方法

職場ママ友付き合いなど、狭い世界に長い間いると、視野が狭くなってしまいます。例えば、職場で人間関係のトラブルがあると、それだけで世界が終わったような気分になってしまうのです。たとえ自分と性格が合わない人や苦手なタイプの人がいても、閉鎖的な空間の中で平穏に生き抜くためにはうまく立ち回るしか方法がありません。

しかし、「うまくやらなくちゃ!」というプレッシャーや、「逃げられない」という恐怖感は、あなたの心を苦しめることになります。まずは、狭い世界がすべてではないことを意識して、視野を広げていきましょう。

人間関係に疲れたときにするべき考え方

人間関係疲れた時 おすすめ

人間関係に疲れたときは、まず考え方のくせを直しましょう。あなたの心が楽になる考え方をピックアップしてみました。自分らしく生きるために、これまでの固執した考え方から脱却して、新しい考え方を身に付けましょう。

人にどう思われるかを気にしすぎない

【前向きな言葉でポジティブに】迷ったとき、悩んだときに知りたい言葉まとめ

人間関係に悩まないタイプの人は、人の目を気にしていません。無理に自分を良く見せようとはせず、常に「自分らしくいること」を意識しています。

気にしすぎる性格の人は、「嫌われたらどうしよう」「期待に応えなくちゃ」と思い、「偽りの自分」を演じがちです。確かに、始めは好かれるかもしれませんが、結果的に本音で話せる人が誰もいなくなってしまいます。案外、周りの人は他人をあまり見ていません。自分のことで精一杯の人がほとんどです。そのため、人の目を必要以上に気にしないようにしましょう。

嫌われることを受け入れる

【サバサバ女子】の特徴って!? 近づくと厄介な偽サバサバ女子の具体的な行動

「人から嫌われるのが怖い」という人は、まずは「嫌われる=悪いこと」という概念を捨てましょう。人に嫌われたところで、あなた自身の価値は変わりません。そもそも、人には良い面と悪い面があり、人によって捉え方は異なります。周りにいる全員の評価を気にしていたら、きりがありません。

嫌われたとしても、「単純に性格が合わない」「意見の食い違い」など、あなたが原因ではないケースもあります。人間関係に悩んだら、「あの人とは合わなかったんだな」と割り切って、あなたの良さを分かってくれる人との時間を大切にしましょう。

具体的なアクションを知ろう

人間関係疲れた時 おすすめ

考え方を直すだけでは、人間関係の悩みは解決しにくいものです。実際に行動することで、より良い人間関係が築けます。人間関係に疲れにくくなる効果的な行動をチェックして、あなたらしい人との関わり方を見つけていきましょう。

もっと自分を表現する

目標未達を防ぐには?原因の分析やフィードバックの方法

人付き合いのストレスを減らすためには、自分の本心を自覚することと、それを相手に伝えることが大切です。例えば、話が合わない人から飲み会に誘われたとき、「自分は本当にその人と一緒にいて楽しいのか」と自分自身に問いかけ、しっかり断りましょう。

誠意をもって対応すれば相手も納得してくれますし、何よりあなたの心もスッと軽くなります。仕事を頼まれたときも同じです。自分の限界をしっかり把握して、仕事を安請け合いしないようにしましょう。「正直になるのが怖い」と感じる人もいますが、案外、周りの人は本音で話してくれる人に対して安心感を覚えるものです。

合わない人とは距離を置く

威圧感のある人の特徴って? 上手に付き合うコツを知ろう

すべての人と仲良くする必要はありません。もちろん、仲良くできればそれに越したことはありませんが、人には相性というものがあります。「苦手だな」と感じる人がいても、それは普通のことです。

「どうしても合わない」と感じるなら、無理に相手と一緒にいるのではなく、適度に距離を置きましょう。職場の場合、物理的に離れることは難しいため、視界に入れないようにしたり、「相手はいないもの」と捉えたりするのがおすすめです。あいさつなど、最低限の接触だけはしっかり心がけて、それ以外のときは自分から話しかけないなど、あなたの心が楽になる方法を試してみましょう。

環境や人間関係を変える

どんなときに心が折れる?いつもめげない人との違いとは

人間関係の悩みが絶えないなら、思い切って環境を変えるという方法もあります。いじめやパワハラがある職場なら、異動希望を出したり、転職したりして、その場から離れましょう。一度環境をリセットすれば、自分がいかに小さな世界にいたのかがはっきりと分かりますし、新しい人間関係も築けます。

今まで関わったことがないような人と仲良くなったり、新しい知識も身に付いたりするため、視野もぐんと広がるはずです。人付き合いが苦手な人の場合は、1人で黙々と作業ができる職種や、人間関係が淡泊な大人数の職場などを選んでみてはいかがでしょうか?

人間関係に疲れたときにおすすめの本

人間関係疲れた時 おすすめ

人との付き合い方に行き詰ったときは、読書がおすすめです。人間関係をテーマにした本を3冊解説します。あなたの悩みを解決するヒントを見つけてみてください。

『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)

「グループ行動」「張り合い」「うわさ話」など、女性特有の人間関係の悩みがテーマで、「職場の同僚とのランチタイムが苦痛」「やたら張り合ってくる人がいる」「うわさ話にうんざり」などの悩みを抱えている人にぴったりの本です。精神科医の水島広子先生による、困った女性たちの行動心理の分析や、「本物の良い関係」を築く方法も紹介しています。

「どうしてあの人はあんなことをするんだろう?」というモヤモヤを、スッキリと解消してくれる内容です。小手先のテクニックではなく、女性との人間関係において本当に「必要なもの」を知りたい人は、一度読んでみてはいかがでしょうか?

商品名:女子の人間関係
購入はこちら

『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本』(中経出版)

心理カウンセラーの石原加受子さんによる本で、人間関係に疲れてしまった人が、「なぜそうなるのか」「自分は今どういう心理状態にあるのか」など、自分の心と向き合うために役立つ本です。自分の心のSOSサインや、人間関係に悩む人の傾向・特徴などをまとめています。

「自分を悩ませる相手のことを良く知りたい」というよりも、「自分自身への理解を深めたい」というテーマがメインです。心がつらくなってしまう根本的な理由を知りたい人は、ぜひチェックしてみましょう。

商品名:仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本
購入はこちら

『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)

フロイトやユングと肩を並べる世界的な心理学者、アドラーの心理学をベースに、現代の日本人に必要なコミュニケーション術を紹介する本です。この本は哲学者の岸見一郎さんと、フリーランスライターの古賀史健さんによる対話形式でまとめられていて、長い文章が苦手な人でも読みやすくなっています。

「嫌われる勇気」を持つことが、人間関係でどんな影響をもたらすのかというテーマを踏まえながら、具体的なコミュニケーション術が書かれています。人間関係に疲れたとき、この本を読んで自分らしく生きるためのヒントを探ってみてはいかがでしょうか?

商品名:嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え
購入はこちら

あわせて読みたい
職場の人間関係がうまくいかない…悩んでいる人に試してほしい改善方法まとめ
マンションでも楽しめる!#おうち時間 おすすめアイテム3選【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事