Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.06.19

地域によって違う「明明後日」とは? その次の日の言い方や似た表現も

「明明後日」は「しあさって」「みょうみょうごにち」と読み、意味は「明後日の翌日」です。例文を交えた使い方や類語、「明明後日」の次の日についても解説します。

Tags:

「明明後日」とは?

「明明後日」とはよく聞く言葉ですが、何日後のことを指すと思いますか? 実は、「明明後日」は地域によって読み方や意味が異なる場合があるのです。まずは、「明明後日」の読み方や意味、由来など、基本的な知識を紹介します。

明明後日読み方意味とは類語由来

読み方と由来

「明明後日」の読み方は「しあさって」「みょうみょうごにち」です。明後日の翌日、つまり今日から3日後のことをさします。例えば、今日が5月10日であれば、明日は5月11日、明後日は5月12日、「明明後日」は5月13日です。一般的には、明後日の翌日を指しますが、地域によっては明後日の翌々日、つまり4日後のことを指す場合もあります。

「明明後日」の由来には、いくつかの説があるようです。まず、西日本においては、今日を1日目とした場合、「明明後日」が4日後になるため、「し」と読むようになったのだとか。ちなみに、「明明後日」の翌日を「五明後日(ごあさって)」、翌々日を「六明後日(ろくあさって)」というようです。

そのほかには、「過ぎし」を由来とする説、「再(さい)あさって」の「さい」を縮めて「し」になったとする説。また、「明日」が重なるという意味合いから、「重(しき)」「敷(しき)」の「し」を用いたとする説もあります。

地域によって異なる読み方や日数

「明明後日」は、地域によって読み方や、何日後を示すのかが異なる場合があるので紹介しましょう。まず、すでに説明した「明明後日」を「しあさって」と読み、3日後のことを指すのは、関西や東京都心部が多いようです。もともと「明明後日」は、関西で使われていた言葉なのだとか。それがやがて、関西と交流のあった江戸でも、この使い方が広まったのだそうです。

読み方についても地域差があり、「明明後日」を「やのあさって」「やなあさって」「やなさって」「さあさって」などと読む場所も。これは、東日本や、岐阜県、富山県の一部地域で使われている読み方なのだとか。また、最近ではあまり聞かなくなったようですが、三重県の伊勢志摩地方では、「明明後日」を「ささって」と読み、「しあさって」は4日後のことをさすのだそうです。

このように、「明明後日」は地域によって読み方も、示している日数も異なるので、使うときには「○月○日」と具体的に日にちを挙げるほうが得策でしょう。

明明後日読み方意味とは類語

「明明後日」の次の日の言い方は?

「明明後日」の次の日、つまり4日後のことは「弥の明後日(やのあさって)」と表す場合が多いです。ただし、すでに紹介したように、三重県の伊勢志摩地方では、4日後のことを「しあさって」といいます。そのほか、西日本の一部の地域では、「五明後日(ごあさって)」ということも。

「明明後日」の次の日については、「明明後日」以上に、地域によって読み方のバラツキが出てくるようです。「明明後日」よりも特に意識して、「○月○日」などと、明確な日にちを伝えるようにしましょう。

数日前や数日後を表すその他の表現を紹介

3日後のことを「明明後日」と言ったり、2日前のことを「一昨日」と言ったりと、日を表す特有の表現があるのが日本語の面白いところ。ここでは、数日前や数日後を表す表現をいくつか紹介します。

1:一昨日

「一昨日」は、「おととい」もしくは「いっさくじつ」と読みます。「一昨日」が表すのは、昨日の前日、つまり2日前のことです。

2:一昨昨日

あまり見慣れない「一昨昨日」。読み方は「さきおととい」もしくは「いっさくさくじつ」です。「一昨日」の前日、つまり3日前のことを表します。

3:明後日

「明後日」は普段からよく使う表現でしょう。「あさって」もしくは「みょうごにち」と読みます。明日の次の日、つまり2日後のことを指す言葉です。

「明明後日」の使い方を例文でチェック

では、「明明後日」を使った例文を見ていきましょう。これまでに説明した通り、「明明後日」は地域によって読み方も示す日にちも異なる場合があるため、日にちを明確に示すことがトラブルを避けるポイントです。

1:「この書類の提出期限は、明明後日の10月9日です」

明明後日読み方意味とは類語

この例文では、「明明後日」と言った後に、具体的な日にちを示しています。特に、期限が設けられている場合、期日に関して認識のズレが生じると、後にトラブルを引き起こしてしまうことも。期日がある場合はもちろん、ビジネスシーンでは、この例文のように日にちを明確に示すようにしましょう。

2:「明明後日から5日間、北海道旅行に行ってきます」

例文1はビジネスシーンを想定したものでしたが、こちらの例文は家族間での会話を想定したもの。「明明後日」は地域によって読み方や示す日にちが異なると説明しましたが、家族であれば、「明明後日」が示す日にちに違いはないでしょう。

「明明後日」の英語表現とは?

日本語特有の表現「明明後日」を英語で言いたい場合には、どのような表現が適しているのでしょうか。「明明後日」そのものを表す英語はないので、「3日後」という意味の英語をうまく使いましょう。それぞれ例文もあわせて解説します。

1:three days from today

3日後のことを指す「明明後日」を表現したい場合には、「three days from today」を使いましょう。直訳すると「今日から3日後」という意味になります。なお、「today」を「now」に置き換えて、「three days from now」でも同様の意味合いで使えます。

例文:My boss will be in Tokyo three days from now.(上司は明明後日、東京にいます)

2:in three days

より簡潔に表現したいなら、「in three days」を使ってみましょう。「in three days」は、「3日後に」「3日で」という意味です。

例文:My daughter has a test in three days.(娘は3日後にテストがある)

3:in three days’ time

「in three days’ time」も「3日後に」という意味の英語です。こちらの表現を使う際には、「days」の後に、「’」をつけるのを忘れないようにしましょう。

例文:I’m going on holiday in three days’ time.(3日後に休暇旅行に行きます)

最後に

明後日の翌日、今日から3日後のことを表す「明明後日」。地域によってさまざまな読み方があることや、示す日にちが異なるとは驚きです。つまり、自分の考える「明明後日」と、相手の考える「明明後日」が違う可能性があるということ。この点を考慮して、「明明後日」を使う場合には、明確な日にちもあわせて示すようにしましょう。

あわせて読みたい

「家事都合」と「私事都合」の違いとは? 使えるシーンや有給休暇にならない事例もご紹介
【餅は餅屋】はどんなシーンで使うのが最適?使い方や類義語を知って知識を深めよう

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事