Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 雑学

2024.02.19

「幕間」なんと読む?正しい読み方から詳しい意味と〝演劇・映画用語〟を一挙に解説!

 

幕間という言葉を、聞いたことはありますか。普段から演劇・映画に関心の高い方にとっては、馴染みのある言葉かもしれません。本記事では、幕間という言葉について、語句の意味や読み方を解説します。後半では、その他の演劇・映画用語も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Tags:

「幕間」ってどんな言葉?

普段、演劇や映画と接する機会が少ない方にとって、「幕間」はあまり馴染みのない言葉かもしれません。この「幕間」とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

大衆演劇の幕

(C)Adobe Stock

また正しい読み方は、何なのでしょうか。本章では「幕間」の意味や読み方、誤読の例としての「まくま」、漢字の由来などを解説します。前提知識として覚えておきましょう。

「幕間」の意味・読み方

「幕間」とは、演劇において1つの幕が終わり、次の幕が始まるまでの間を示す言葉です。つまり演劇の舞台が準備中であり、幕が降りている時間のことです。辞書によると、以下のように解説されています。

演劇で、一幕が終わって、次の一幕が始まるまでの間。舞台に幕が下りている間。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

誤読に注意!

前述したように「幕間」は、「まくあい」と読みます。演劇に関連した言葉であり、一幕が終わって次の幕が開くまでの時間を指します。しかし「間」を「あい」と読む訓は、常用漢字表には載っていない非標準的な読み方です。新聞などでは通常「幕あい」と表記されます。

このことから、幕間を「まくま」と読んでしまうケースがあります。「まくあい」の項目で「まくまと読むのは誤り」と書かれている辞書もあります。

[補説]「まくま」とは読まない。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

漢字の由来

「幕間」という言葉の成り立ちを理解するために、構成要素である漢字を一文字ずつ考察してみましょう。まず「幕」は「芝居の一幕を指す」ものであり、「間」は「時と時のあいだ」を示します。従って「幕間」は「芝居の一幕が終わって、次の幕が始まるまでの時間」を示しています。「幕間」の表現は、「幕の合い間」が省略されて生まれたものです。

慣用句「幕間劇」とは

幕間から派生した言葉に、「幕間劇(まくあいげき)」という言葉があります。これは演劇において、本編とは別に挿入される短編の喜劇のことです。物語の主題とは独立しており、メインストーリーのシリアスな雰囲気を緩和させるための要素です。

演劇で、長い劇の間に挟んで演じる小喜劇。本筋と関係なく、重苦しい気分を緩和するためのもの。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

関連語句「間の手」とは

「幕間」において、「間」は「あい」と発音します。この読み方は、常用漢字表には掲載されていない訓読みです。そのため、馴染みが薄い言葉かもしれません。しかし、この「あい」という読み方を用いた言葉には、別の例も存在します。それが「間の手(あいのて)」です。

ミュージカルの幕

(C)Adobe Stock

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!