【無線ルーター】のおすすめはこれ!|購入時のポイント、安定した速度を保つコツも解説 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE女のデジタル学

2019.09.09

【無線ルーター】のおすすめはこれ!|購入時のポイント、安定した速度を保つコツも解説

無線ルーターは、快適にインターネットを利用するために欠かせない機器の一つです。しかし種類が多く、利用環境にぴったりのモデルを見つけることは、簡単ではありません。無線ルーター選びのポイントや通信速度を上げるコツ、おすすめ商品を紹介します。

【目次】
無線ルーターとは?
無線ルーターを選ぶときのポイント
安定した速度の通信を保つには?
環境や用途で選ぶおすすめ無線ルーター

無線ルーターとは?

そもそも「無線ルーター」とは、何をするための機器なのでしょうか。はじめに、無線ルーターの仕組みや役割について見ていきましょう。

(C)Shutterstock.com

インターネットに接続できる無線の通信機器

無線ルーターとは、スマホやパソコンなどのデバイス(端末)を、無線でインターネット回線に接続する機器のことです。無線ルーターがあれば、電波の届く範囲に限り、「家中どこでもインターネット」に接続できます。

また、ほとんどの無線ルーターは、複数のデバイスを同時に接続できるようになっています。パソコンやスマホはもちろん、ゲーム機やテレビ、家電なども、すべて1台の無線ルーターで対応可能です。

Wi-Fiと無線LANには違いがあるの?

無線ルーターは、「Wi-Fiルーター」や「無線LANルーター」と呼ばれることもあります。「Wi-Fi」も「無線LAN」も、よく耳にする言葉ですが、意味や違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

本来、無線LANとは、インターネット回線とデバイス間の通信を、電波を使って行う仕組みのことを指します。そしてWi-Fiは、無線LANの通信規格の一つです。

ただし現在は、無線LANの「世界標準規格」がWi-Fiとなっているため、無線LANとWi-Fiは、ほぼ同じものと考えても差し支えないでしょう。

無線ルーターを選ぶときのポイント

無線ルーターには電波の届く範囲や通信速度、一度に接続できるデバイスの数などによって、さまざまなタイプがあります。また、Wi-Fiの規格も常に進化しており、古い規格のモデルでは、充分な速度が得られないことも考えられます。

このため無線ルーターを買うときは、間取りや家族の人数、通信規格を意識しながら選ぶのが基本です。それぞれについて、ポイントを解説します。

(C)Shutterstock.com

家の間取りや利用人数を目安に選ぶ

無線ルーターの商品説明には、推奨する家の間取りや利用人数、一度に接続できるデバイスの台数などが記載されています。この内容を参考にして絞り込んでいくと、自宅の環境に適したモデルを探しやすくなります。

ただし、この推奨環境は「家の中心部に無線ルーターを置いた場合」を想定しています。実際には家の中心部よりも、壁際や窓際に置くことが多いので、無線ルーターから離れた部屋では電波が届かなくなるかもしれません。現状の間取りよりも、1段階上の広さを目安に選んでおくと安心です。

また、現在では掃除機やエアコン、電子レンジなどの家電製品もインターネットに接続する時代です。ネットを使ったサービスは、今後もさらに増えていくことが予想されるため、利用人数や同時接続できる台数についても、現状より多めに見積もっておくのがおすすめです。

一戸建てや4LDK以上のマンションの場合

無線ルーターには、電波を送受信するためのアンテナが搭載されています。アンテナの数が多いほど電波が広範囲に届き、通信速度も速くなります。

現在は、送受信用のアンテナをそれぞれ4本ずつ備えた「4×4」が最高クラスですので、一戸建てや広いマンションで使うなら、「4×4」タイプがおすすめです。

また、家が広ければそれだけ家族が多く、接続したいデバイスも増えます。接続可能なデバイスの台数にも、余裕を持たせておきましょう。

一人暮らしや少人数の場合

少人数の家族で、家の面積もさほど広くない場合は、アンテナ数や接続台数が少ないモデルでも充分対応できます。

機能性よりも、大きさやデザインを重視して選んでも良いでしょう。最新機能を搭載している上に、数千円で買えるコストパフォーマンスに優れたモデルもたくさんあります。

通信規格や速度もチェック

無線ルーターを買うときは、通信規格や速度のチェックも欠かせません。少し難しく感じるかもしれませんが、押さえるべきポイントはたった一つです。

実はWi-Fiの通信規格には、古い順に「11a」「11b」「11g」「11n」「11ac」の5種類があります。当然、現在の最新規格である「11ac」の方が、ほかの規格よりも通信速度が速く、快適にインターネットを楽しめます。

また、仮にお持ちのデバイスが「11ac」に対応していなくても、問題なく使えます。これから無線ルーターを買う方は、最新の「11ac」対応モデルを選んでおけば大丈夫です。

安定した速度の通信を保つには?

無線ルーターは電波を使うため、設置環境が良くないと速度が低下したり、通信が切れたりします。

新しい無線ルーターを買ったのに、いまひとつ速度が遅いと感じる場合、設置環境に問題があるのかもしれません。常に安定した通信速度を得るためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

(C)Shutterstock.com

ルーターとの距離を近づける

無線ルーターとデバイスとの距離が遠くなるほど、電波は弱くなり、通信速度も低下します。無線ルーターは、できるだけパソコンやテレビ、ゲーム機などの近くに設置することがポイントです。

離れた部屋でスマホなどを使う場合は、どうしても電波が弱くなるので、廊下や階段に「無線LAN中継器」を設置しても良いでしょう。無線ルーターからの電波をキャッチして、さらに遠くまで届けてくれます。

壁や棚などの障害物を避ける

無線ルーターとデバイスとの間に障害物があると、電波が届きにくくなります。特に、鉄筋コンクリートの建物は、木造に比べ電波を遮断しやすいため、注意が必要です。

壁や棚に阻まれないよう、無線ルーターの置き場所を工夫してみましょう。パソコンラックやテレビ台の上など、「少し高めの開放的な場所」がおすすめです。

環境や用途で選ぶおすすめ無線ルーター

最後に、利用環境や用途別に、おすすめの無線ルーターをピックアップして紹介します。

(C)Shutterstock.com

安い価格を重視するなら NEC「Aterm WG1200CR」

「Aterm WG1200CR」は、3000円台と手頃な価格が魅力の無線ルーターです。推奨環境は間取り3LDK、利用人数は3人となっており、価格の割に性能が良く「11ac」規格にも対応しています。

サイズがコンパクトで、置き場所にも困らないのもメリットです。価格が安いので、3階建てや広い家の2台目ルーターとして使うのもおすすめです。

商品名:NEC Aterm WG1200CR
価格:3713円(税込)

ファミリー用の定番 バッファロー「WSR-2533DHPL」

4人以上のファミリーで使うなら、バッファローの「WSR-2533DHPL」がおすすめです。

「4×4」アンテナを搭載し、最大18台までのデバイスを同時に接続できます。一戸建てや広めのマンションでも、ストレスなくインターネットを楽しめます。

バッファロー製品はセットアップや買い替え時の引継ぎ設定がとても簡単で、初心者でも安心して使えます。インテリアに馴染みやすい、スリムなデザインもポイントです。

商品名:バッファロー WSR-2533DHPL
価格:7480円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事