【スマホ充電器】のおすすめ3選|自分に合った充電器の選び方のコツ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE女のデジタル学

2019.09.14

【スマホ充電器】のおすすめ3選|自分に合った充電器の選び方のコツ

スマホの充電器は、容量や充電速度などを考慮して「用途」に合ったものを選びましょう。安全性とクオリティの高さを両立するおすすめの充電器や、購入前の注意点、さらには充電器を安全に使うために、「PESマークの有無」について紹介します。

【目次】
どれが自分に合う?充電器の選び方
必ずPESマークをチェックしよう
お出かけに最適、大容量でおすすめの充電器

どれが自分に合う?充電器の選び方

スマホの充電器の一つに、手軽に持ち運ぶことができるモバイルバッテリータイプがあります。単純に「容量が大きければ良い」と思っていませんか?充電のスピードや使いやすさ、重量などを総合的に考慮しながら「用途」に合ったものを選びましょう。

(C)Shutterstock.com

充電スピードが速いタイプ

旅先などで写真を撮ったり、スマホで地図を検索したりと、使う機会がぐっと増えます。「知らない間にスマホの電池量が少なくなっていた」というケースも多いのではないでしょうか。

電流が流れる値を「アンペア値(A)」と言い、一般的にアンペア値が高いほど、充電の速度は速くなります。1.0Aと2.0Aでは、2.0Aのほうがスピーディーに充電できるので、旅先や電話での商談など、スマホの充電を早くしたい場合に役立ちます。

1.0Aはスマホの充電は可能ですが、容量が大きいタブレットを充電するには力不足です。「スマホを早急に充電したい」「タブレットも充電したい」という人は、2.0A以上をおすすめします。

使い勝手が良いものを

USBポートが複数個ある充電器なら「スマホ+タブレット」「スマホ+スマホ」など、複数の端末が同時に充電できます。薄型で軽量のタイプであれば、カバンに入れてもかさばらず、どこにでも持ち運べます。

さらに、充電中のショートや過充電による発火を防ぐための「トラブル防止機能」が付いていれば安心です。キャンプなどのアウトドアに持ち込むなら、耐衝撃性や防水、防塵性も見逃せないチェックポイントに。このように、メインの充電機能だけでなく、充電器の使いやすさや利便性、安全性も考えて選ぶと失敗が少なくなります。

スマホの使用頻度に合わせて容量をチェック

容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」の単位で表記され、値が大きいほど充電できる回数は多くなります。機種によっても異なりますが、スマホを1回充電するのに必要な容量は3000~5000mAhほどです。10000mAhなら2~3回、20000mAhならその倍充電できる計算になります。

日常に使うシーンであれば5000mAhほどで十分ですが、旅行に携帯する時や頻繁に動画やゲームを楽しむ場合は10000~20000mAh、またはそれ以上の容量があると安心。注意したいのが、充電器に表記されている容量は「実容量」ではない点です。充電時に電力ロスが生じるため、実際に使える容量は「表示の約7割程度」と覚えておきましょう。

また、容量が大きいほど「充電器本体の充電」に時間がかかり、重量も重くなる傾向があります。利用目的や頻度に応じて充電器を使い分けるのがおすすめです。

必ずPESマークをチェックしよう

品質や安全性を確認する方法の一つが「PESマーク」の有無です。PESマークがない充電器を使用する時は、充電時のトラブルに十分注意する必要があります。

(C)Shutterstock.com

電気用品安全法をクリアした印

「PESマーク」は、電気用品安全法の基準をクリアした印で、スマホをはじめとするあらゆる電気製品に付与されます。充電器はPSEマークの対象商品ではありませんでしたが、発火や火傷などの事故が相次いだため、2019年2月1日に審査対象に追加されました。

現在、PSEマークのない充電器の製造・輸入・販売は全面的に禁止されています。フリマアプリやオークションサイトにおいても、PESマークのない充電器の取引はできませんので注意をしましょう。

出典:経済産業省:電気用品安全法

PESマークなしは安全性に注意しよう

法令が改定される前に製造された充電器にはPESマークがありません。マークなしの充電器を引き続き使用する際は、安全性に注意しながら使用しましょう。

充電器の内部にあるリチウムイオン二次電池は経年により劣化するため、早めに買い替えるのがおすすめです。オンラインで購入する場合は、PESマークの有無を確認すると同時に、販売元の信用情報もしっかりチェックを。

お出かけに最適、大容量でおすすめの充電器

10000mAp以上の大容量タイプは、旅行やアウトドアなどの外出時はもちろん、電源が使えない災害時にも役立ちます。コストパフォーマンスとクオリティのバランスに優れた充電器を選びましょう。

(C)Shutterstock.com

iphoneでも楽々充電 RAVPower「type-c 26800mAh」

26800mAhを誇る大容量で、スマホはもちろん、タブレットやUSB-C規格のノートパソコンも充電が可能です。2.4AまでのUSBポートが二つあるので、旅先で複数の端末を充電するのに便利でしょう。

充電器本体への充電速度も速く、空の状態から満タンまで約5.5時間です。内部には多重保護チップが内蔵されているので、過充電や過放電の心配も少ないでしょう。

商品名:RAVPower type-c 26800mAh
価格:6999円(税込)

2台同時充電可能 Anero「モバイルバッテリー 24000mAh」

旅行先でも便利な24000mAhの充電器で、2.1AまでのUSBポートが二つあります。本体の電池残量が一目で分かる「表示機能」や10種類の「防護機能」が付いており、分かりやすく、安全性に優れているところが人気の理由でしょう。

スタイリッシュで高級感のあるアルミボディはビジネスシーンにもおすすめです。大容量ながら360gと軽量なので持ち運びも楽になるでしょう。

商品名:Anero モバイルバッテリー 24000mAh
価格:3380円(税込)

容量の大きな充電器は重くて持ち運びにくいのがネックですが、Ankerの「PowerCore Speed 10000」は、クレジットカード大のコンパクトサイズで、重さはわずか180gです。

さらに、Anker独自のフルスピード充電技術(PowerIQ・VoltageBoost)によって、最大2.4Aでの急速充電を実現しています。内部には最高品質のICチップとハードウェアのみが使用され、安全面にも考慮されています。機内への持ち込みも可能なので、旅行や出張の時の良き相棒になってくれるでしょう。

商品名:Anker PowerCore Speed 10000
価格:2799円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事