【ネットワークカメラ】おすすめ商品3選|選び方・基礎知識もあわせて紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEデジタル

2019.10.08

【ネットワークカメラ】おすすめ商品3選|選び方・基礎知識もあわせて紹介

ネットワークカメラは、遠隔地からでもスマートフォンと接続し、自宅の防犯や子ども、ペットの見守りなどに使用できる便利なツールです。自宅でネットワークカメラ上手に使用するための基本知識と選び方、そしておすすめ商品情報をまとめました。

Tags:

【目次】
ネットワークカメラは防犯にもなる?
ネットワークカメラを上手に選ぼう
おすすめのネットワークカメラを紹介

ネットワークカメラは防犯にもなる?

ネットワークカメラは、ネットに接続することで不審者の監視など、さまざまな機能を使うことができます。活用方法によっては、見守りにも使える便利なアイテムですが、使用方法にも十分注意が必要です。

(C)Shutterstock.com

子どもやペットの見守りにも

ネットワークカメラは、設置した場所の様子を外部からチェックできるだけではなく、付加機能を利用すればさまざまな情報の確認も可能にしてくれます。

例えば、温度センサーが内蔵されたネットワークカメラを使えば、人の有無やペットの様子を確認できるので、子どもやペットの見守りにも活用できます。

その他にも、メッセージ機能が付いたネットワークカメラなら、設置場所とカメラに接続したスマートフォンのアプリの間でメッセージのやり取りができます。また、振動センサーが付いていれば玄関ドアなどの動きを感知し、子どもが帰宅したかどうかも確認が可能です。

カメラへのセキュリティ対策が必要

一般的なWebカメラは、パソコンやタブレットと接続して動かすことができます。しかしネットワークカメラは、直接ネットに接続できるため、Webカメラよりも多彩な機能を持ち、幅広い用途で使用できるのです。

しかし、カメラそのものがインターネットにつながれているため、セキュリティ面における問題が発生することも考えられます。

ネットワークカメラは、他のところにあるカメラが侵入された場合、同モデルへの侵入も簡単だと言われていますが、パソコンのようなセキュリティソフトで対策ができていないネットワークカメラは、セキュリティが甘いこともあります。サイバー攻撃から守るには、セキュリティ対策がしっかりしたメーカーの製品を選ぶことが重要です。

ネットワークカメラを上手に選ぼう

ネットワークカメラは、形状による種類や機種による機能が異なります。以下の情報を参考に、使用する場所や用途によって最適なカメラを選びましょう。

(C)Shutterstock.com

ボックス型とドーム型の2種類

ネットワークカメラには、形状により「ボックス型」と「ドーム型」の2種類があります。

ボックス型は見た目にもカメラと分かりやすく、不審者にカメラを設置していることをアピールできる存在感があるため、防犯性が高いと言えます。ピンポイントでの撮影に強いですが、カメラを設置しているのが目立つことが気になる点でもあります。

ドーム型は天井に対して丸いドームのような形状なので、広角レンズを使って広い範囲の撮影が可能です。カメラとしての存在感はボックス型より強くはないため、複数個設置して360度全体を撮影するのに適していますが、ボックス型よりも画質が劣るタイプもあります。

防犯性や機能性もチェック

ネットワークカメラを設置するなら、防犯上重要な画質の鮮明さは第一です。画素数が高いカメラなら、細部まで鮮明に撮影できます。不審者を感知して撮影を行いたいのであれば、「動体検知機能」を備えておくと良いです。動くものに反応して自動的に撮影・録画を行えるのでおすすめです。また、屋外に設置するカメラなら防水性能や耐久性もチェックして、屋外でも壊れにくいタイプを選んでください。

設置場所に合わせた形を

ネットワークカメラは、設置場所によって適したタイプがあります。屋外に設置するなら防水・防塵機能などを搭載していることも多いボックス型が適しています。屋内なら部屋全体の広い範囲を撮影可能なドーム型がおすすめです。

自宅の見守りのためのネットワークカメラなら、デスクなどに置ける「据え置きタイプ」を選ぶのもおすすめ。防犯性を高めたいときは、カメラの台数を増やすと死角が減り、よりセキュリティレベルがアップします。

おすすめのネットワークカメラを紹介

多彩な機能を備えたネットワークカメラの中でも、家庭内での使用に機能満載のおすすめ製品として、以下の3種類を紹介します。

(C)Shutterstock.com

ハイテク機能満載 プラネックス「スマカメ フルHD CS-QR100F」

マイクとスピーカーを内蔵したプラネックスの「スマカメ フルHD CS-QR100F」は、動体検知機能搭載で、動きを感知しての録画やスマホへの通知が可能です。

フルHD撮影・録画に加えてカメラの周辺の音の録音もでき、スピーカーでの通話機能も備えています。赤外線の暗視機能で暗い場所も撮影できるのが特徴です。

商品名:プラネックス スマカメ フルHD CS-QR100F
価格:7184円(税込)

広角レンズ採用 プラネックス「カメラ一発!CS-W50FHD」

プラネックスの「カメラ一発!CS-W50FHD」は、ポケットティッシュ1個分ほどのコンパクトさで、家庭内での見守りが必要なときに便利なネットワークカメラです。

120度の広角レンズを搭載し、これ1台で室内の広範囲の撮影に対応しています。フルHDで鮮明な映像を録画でき、こちらのモデルもカメラを通しての会話が可能です。

動体検知機能を備え、異常発生時にはスマホへ通知が届き、スマホからカメラへ向けて威嚇音や自分の声を鳴らすこともできるので、閉店後の店舗などの監視にも適しています。

商品名:プラネックス カメラ一発!CS-W50FHD
価格:1万2248円(税込)

五つのセンサーを搭載 アイ・オー・データ「ネットワークカメラQwatch TS-WRLP」

アイ・オー・データの「ネットワークカメラQwatch TS-WRLP」は、屋内専用のネットワークカメラで、200万画素の鮮明な映像を撮影できるフルHDに対応しています。スマートフォンと接続することで、カメラとの通話や警告音発信などを行うことができます。

大きな特徴は、人感、動作、音、気温、湿度の5つのセンサーを搭載している点です。動作や人・ペットの熱、音を感知する他、設置場所の気温や湿度が設定した範囲を超えた場合も検知が可能で、気温と湿度はスマホアプリでグラフとして確認もできる、高機能なカメラです。

商品名:アイ・オー・データ ネットワークカメラQwatch TS-WRLP
価格:1万2868円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事