【イヤホンマイク】おすすめはコレ!|ハンズフリー・高音質・コスパ・充電長持ちetc.選ぶ基準は? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE女のデジタル学

2019.09.02

【イヤホンマイク】おすすめはコレ!|ハンズフリー・高音質・コスパ・充電長持ちetc.選ぶ基準は?

スマホの普及に伴い、多種多様なマイク付きイヤホンが販売されています。購入を考えている人の中には「どれを選べば良いのか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。【マイク付きイヤホン】の特徴や種類、人気の高いおすすめの商品を紹介します。

Tags:

【目次】
マイク付きイヤホン、選ぶポイントは??
有線とワイヤレスタイプならどちらが良い?
通話可能なイヤホンのおすすめ3選

マイク付きイヤホン、選ぶポイントは?

従来は、音楽や動画などを視聴するために使用されていたイヤホンですが、スマホの普及により通話機能を備えたマイク付きイヤホンも増えているのではないでしょうか。まずは、マイク付きイヤホンの基本的な特徴やおすすめの機能を紹介します。

(C)Shutterstock.com

マイク付きイヤホンの特徴とは?

マイク付きイヤホンと一口に言ってもさまざまな種類がありますが、一般的なのはマイクと音量調節のリモコンが一体化したタイプです。外見は既存のイヤホンとさほど変わりませんが、リモコン部分にマイクが内蔵されています。  

マイク付きイヤホンは、100円ショップで買える安価なものから、音質に優れた高価なものまで種類豊富なタイプがあるのも特徴です。人により選ぶ際の基準はさまざまですが、用途に合った機能性も重視して選ぶと良いでしょう。

選ぶなら「ハンズフリー機能」付きがおすすめ

マイク付きイヤホンにあると便利なおすすめの機能が「ハンズフリー機能」です。ハンズフリー対応のマイク付きイヤホンであれば、手でスマホを持つことなく通話が可能になります。

例えば、スマホにイヤホンを接続して音楽を聞いている際に、電話の着信があっても、ハンズフリー対応のマイク付きイヤホンであれば、わざわざスマホを鞄やポケットから取り出して操作する必要がありません。

イヤホンに付いているリモコンで簡単に操作ができる上に、手に持って通話をしなくても良いため、家事や仕事をしながらでも通話可能です。

有線とワイヤレスタイプならどちらが良い?

マイク付きイヤホンにはケーブルで繋いて使用する有線タイプBluethooth機能を利用したワイヤレスタイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分のライフスタイルに適したタイプを選びましょう。

(C)Shutterstock.com

有線は安定性が高い

有線は、ワイヤレスタイプのように電波など外的要因に左右されないため、ノイズなどが入りにくく安定性が高いことがメリットです。音楽が途切れてしまったり、通話中の声が遅れて聞こえたりといったトラブルが少なく、快適に楽しめるのは大きな魅力です。

また、イヤホンを選ぶ際に大切な要素のひとつが「音質」です。一般的に有線のイヤホンは、無線接続ができるワイヤレスタイプと比較すると、リーズナブルな価格で高音質の物が手に入りやすい傾向にあります。有線は「安くて質の良いものが欲しい」というコスパ重視の人にもおすすめです。

使い勝手が良いのはワイヤレス

無線接続ができるワイヤレスタイプの大きな特徴のひとつは、ケーブルが絡んで邪魔になることがない点です。特に通勤ラッシュ時など、周りに人がたくさんいる状況であっても、ケーブルを気にせずに使用できるのは便利。

また、ワイヤレスであれば、スマホやポータブルプレーヤーなどからある程度離れていても使用可能。料理や掃除など、動きながらでも問題なく使用できるのもうれしいポイントです。

有線はプラグ形状で選択肢が少なくなる

有線のマイク付きイヤホンを使用する際に気を付けなければいけないのが「プラグの形状」です。

イヤホンのプラグの形状は、「3.5mm4極ミニプラグ」「Lightningコネクタ」「micro USB端子」「Type-C接続端子」などがあり、機器により使用可能なプラグの形状が異なります。

例えば、スマホに使えるイヤホンがポータブルプレーヤーには使えないことも。購入時には、対応している機器に合っているかも確認をしておくことが大切です。また、有線のイヤホンを購入する際は、使用する機器のプラグの形状に気を付ける必要があります。

通話可能なイヤホンのおすすめ3選

音楽を鑑賞するだけではなく、通話も快適にするマイク付きイヤホンを紹介します。特に大手メーカーからは、さまざまなタイプの商品が発売されていますので、自分に合った機能も確認しておきましょう。

(C)Shutterstock.com

(1)水中でも使用可! ソニー「ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900」

ソニーの「ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900」は、高い防水性と防塵性を備えているため、水中でのスポーツや野外のシーンでも安心して使用可能なイヤホンです。

ハンズフリー対応なだけでなく、こだわりのクリアな高音質やヘッドホン本体をタップするだけで音楽の再生・停止や電話の受話・終話などが簡単に操作可能なのも魅力です。

また、イヤホンの本体に多くの楽曲を保存可能な4BGメモリーを搭載した「音楽プレーヤー機能」付きなので、イヤホンだけで好きな音楽を楽しめます。さらに、連続再生可能時間が、プレーヤーモードでは最大6時間、ヘッドホンモードでは最大3時間と長いのもうれしいポイントです。

商品名:ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900
価格:2万3482円(税込)

(2)高音質だけど安いと評判!パナソニック「ワイヤレスステレオインサイドホン RP-NJ310B」

パナソニックの「ワイヤレスステレオインサイドホン RP-NJ310B」は、リーズナブルながら、重厚感のある低音からクリアな高音まで高音質を実感できる、ハンズフリー通話対応のイヤホンです。

長時間の使用も疲れない約13gと軽量でコンパクトなワイヤレスイヤホンで、耳にぴったりフィットし、着け心地が快適な楕円形のボディが特徴です。

また、フル充電の他に、約20分の充電で約60分の再生が可能な急速充電なため、万が一電池切れになってしまったときにもスピーディに充電ができます。

商品名:パナソニック ワイヤレスステレオインサイドホン RP-NJ310B
価格:4200円(税込)

(3)iPhoneユーザーに人気 アップル「AirPods with Charging Case」

iPhoneとの接続性が抜群のため、iPhoneユーザーから高い支持を得ているのが、ハンズフリー対応の「AirPods with Charging Case」です。

耳に装着するだけでオーディオが自動再生されたり、話していることを検知して周囲のノイズを取り除いたり、さまざまな独自のこだわりが人気の理由になっています。

また、バッテリーの寿命が長いのも優れた特徴で、1回の充電で5時間の音楽再生と最大3時間の通話が可能です。さらに、15分の充電で最大3時間の音楽再生と2時間の通話もでき、急いでいるときにも安心

滑らかでスタイリッシュな外観や、丸いフォルムがおしゃれでコンパクトな充電ケースも定評があります。

商品名:アップル AirPods with Charging Case
価格:1万9213円(税込)

あわせて読みたい
▶︎え!?便利すぎる♡新しい「耳からうどん」【デジタルノマドが教える!AirPods第2世代】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事