おいしい【キムチ】が食べたい♡|選び方のコツやおすすめレシピ(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2019.11.23

おいしい【キムチ】が食べたい♡|選び方のコツやおすすめレシピ(まとめ)

韓国を代表する漬物「キムチ」は、日本でも広く親しまれている漬物です。市販されているキムチの種類も多く、本当においしいキムチを探すのが難しいという場合に役立つ、キムチの選び方とおすすめキムチを紹介します。

おいしいキムチを選ぶコツとは?

日本のスーパーでは多数のキムチが販売されており、夕食やランチなどのおかずとして人気があります。しかし、市販されているキムチは、メーカーや製法によって全く違う味になります。自分好みのおいしいキムチを選ぶために、以下のコツを押さえておきましょう。

(C)Shutterstock.com

熟成・発酵・浅漬けの製法から

製法によってキムチも種類が異なります。キムチには「熟成」「発酵」「浅漬け」の3種類があり、この工程によって味を決めると言っても過言ではありません。

熟成キムチは、原料となる野菜と塩辛をその名の通り長期間熟成させて作られるキムチのこと。熟成期間が長いので、コクやうま味が強く出ているのが特徴です。時間の経過により酸味が強くなることも少ないため、酸っぱいキムチが苦手な人にも適したタイプです。

発酵キムチは、添加物を加えずに野菜に薬味を漬け込んだタイプ。発酵しているため乳酸菌の量が多く、時間の経過とともに酸味が増すのが特徴です。

浅漬けキムチは、野菜を調味料で漬け込んでキムチの味を再現したもの。製造過程で発酵させていないことから、他の製法で発生する乳酸菌が含まれていないことが特徴。発酵していないので酸味がなく、あっさりとしたキムチを好む人におすすめです。

使用されている具材にも注目

白菜を使ったキムチは「ペチュキムチ」と呼ばれており、日本でも多くの人に食べられています。キムチには白菜以外の具材を使用したものも多くあります。大根のキムチ「カクテキ」の他、きゅうりを使った「オイキムチ」、カニを漬け込んだ「ケジャン」など、キムチには具材の違いによりさまざまな味を楽しむことができます。好みの具材のキムチを探して、違う味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(C)Shutterstock.com

自分好みの辛さか確認を

キムチは、製品によって辛さの程度が大きく異なります。あっさりとしたキムチなら、食べやすくピリッとした刺激を感じる程度ですが、中には激辛キムチも存在します。特に、白菜を使ったペチュキムチは使用する薬味や唐辛子の量によって辛さが変わってきます。

料理にぴったり、キムチを使ったレシピ

そのまま食べてもおいしいキムチですが、この味を生かしたレシピで、さらにおいしく調理してみてはいかがでしょうか。おかずや食事のメインに、キムチを使ったアレンジレシピにチャレンジしてみましょう。

(C)Shutterstock.com

定番のおかず料理 豚キムチ

キムチを使った料理の定番の一つが、「豚キムチ」。作り方はシンプルで、ごま油で炒めた豚バラ肉にキムチを絡めるだけ。ニラや玉ねぎなどの野菜を加えても、味に変化を付けられておいしくいただけます。

キムチにしっかりと味が付いているので、調味料なしでもできるレシピですが、別に粉唐辛子やコチュジャン、おろしにんにく、すりごまと砂糖を合わせた調味料をプラスすると、より味わい深い豚キムチに仕上がります。

(C)Shutterstock.com

韓国の家庭料理 キムチチヂミ

お好み焼きのような「チヂミ」は、小麦粉に卵と水、米粉を合わせたタネに野菜を加えて平たく焼いた韓国の家庭料理。野菜の代わりにキムチを加えると「キムチチヂミ」として食べられます。

チヂミのタネは、上記の材料を混ぜ合わせて作る他、市販のチヂミの素でも作れます。タネにキムチを混ぜ、ごま油を熱したフライパンで平たく焼けば、香ばしいピリ辛のキムチチヂミに。食事のメインだけではなく、おやつにもおすすめのメニューです。

(C)Shutterstock.com

スーパーで購入できるおすすめのキムチ2選

スーパーにたくさん並ぶキムチには、日本人の味覚に合わせた味付けの日本産キムチの他、本場韓国で愛されている韓国直輸入のキムチもあります。そこで、スーパーで購入できる本格的なおいしいキムチを、国産、韓国産それぞれ1種類ずつ紹介します。

(C)Shutterstock.com

日本人好みの定番品 東海漬物「こくうま」

国産の白菜を使用し、唐辛子と魚介エキスで漬け込んだ「こくうま」は、コクとうま味、辛味のバランスが絶妙な、食べやすい味わいのキムチ。さらに醤油とカキエキス、ホタテエキスを加え、白ご飯との相性抜群です。白ご飯とキムチを一緒に食べることが多い日本人に好まれるコク深い味なので、普段の食卓で食べるキムチとしておすすめの商品です。

商品名:東海漬物 こくうま 320g
価格:370円(税込)

韓国で人気の発酵キムチ 宗家「徳用 宗家キムチ」

「宗家(チョンカ)」は、韓国での売上ナンバーワンと言うほど高い人気を誇るメーカーで、その中でも「徳用 宗家キムチ」は、本場韓国から直輸入した熟成発酵キムチ。厳選された韓国産の原料のみで、伝統製法を用いて漬け込んだキムチは塩味と辛味のバランスが良く、そのまま料理に使用してもおいしく食べられます。日本のものより水分量が少ない韓国の白菜を使用しているので、シャキシャキとした噛みごたえで、発酵が進んでいくとより濃厚でコクのある味が楽しめます。

商品名:宗家 徳用 宗家キムチ 1.2kg×2個
価格:2900円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事