1分動画でわかる!おうちで肩こり解消法【モデル鈴木サチが教える!ピラティス講座】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.01.05

1分動画でわかる!おうちで肩こり解消法【モデル鈴木サチが教える!ピラティス講座】

ピラティスインストラクターとしても活躍中のモデル鈴木サチさん。「ワー/ママにピラティスの良さを知ってほしい」というサチさんに、自宅ですぐにできる簡単なピラティスを聞きました。まずは特に悩みが多い「背中の張り、肩こり」に効く方法です。

Tags:

抱っこにおんぶ。ワーママの共通の悩み「背中の張りと肩のコリ」をピラティスで解消!

今回、モデルでありピラティスインストラクターである鈴木サチさんが最初に紹介してくれるのが、背中の張りと肩のコリに効果的なピラティス。
「特に子供が乳児の時期は抱っこ紐で長時間歩いたり、いろんな体勢を取ることが多く、気づけば背中と肩がガチガチになっていることも多いと思います。このストレッチは上半身だけを動かすゆったりとした動作なのですぐにできるはず。背中全体の張りや肩コリが和らいだり、鎖骨のつまりにも効果的なので、ぜひやってみてくださいね」。

鈴木サチのピラティスレクチャー

基本編

1 軽く膝を曲げ、横向きの姿勢をとる
2 息を吸いながら、左手を天井にあげる
  骨盤は固定し、おへそ周りを中心に回転することがポイント
3 息を吐き出しながら、左手の指先を反対側に倒していく
4 息を吸いながら、左手を天井にあげる
5 息を吐き出しながら、元の位置に戻す
*この動作を左右交互に各5回ずつ行う

応用編

1 息を吸って左腕をぐるっと前方から後方へ、
  半円を描くように回す。
  なるべく遠くを触るようなイメージで
2 息を吐き出しながら左腕を後方から前方へ
  残りの半円を描くように回す
3 逆回しも行う
*この動作を左右、各5回ずつ行う

基本編のポイントは、骨盤は固定し下半身は動かないように意識すること。おへそ周りから上半身を回転することが大切です。
また応用編のポイントは、半円を描くように腕を回す際、なるべく遠くを触るようなイメージで肩胛骨を動かすこと。普段は動かす機会が少ない肩まわりの筋肉をゆっくりと動かすことを意識してみてください。1日3分を目安に続けることで、肩こり・背中の張りを解消できますよ。

<鈴木サチさんのピラティス予約>
LINE@で予約できるようになりました
sachi_pilates:LINE ID  @894ifsdq

撮影/鈴木サチ 構成/松崎のぞみ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事