Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY ヘアアレンジ

2023.09.12

【髪を切りたいけど迷う】悩んだ時に試したいおすすめのイメチェン・アレンジ・セルフカットの方法

 

「思い切って髪を切りたいけれど、いざ切ったら後悔してしまうかも」という迷いを抱えてはいませんか?実際に切った場合のメリット・デメリットから、セルフカットの方法、切らずにできるアレンジまで、役立つ情報をまとめて紹介します。

髪を切りたいと悩んだらまず考えること

髪を切る・切らないで迷ってしまい、なかなか結論が出せないままに過ごしている人は多いものです。後悔しない選択をするためにも、まずは髪を切りたいと感じる心理と、あらかじめ考えておくべきポイントをチェックしていきましょう。

髪切りたいけど切れない対処法方法自分で切るセルフカットアレンジするヘアアレンジ

髪を切りたい時の心理

人が「髪を切りたい」と感じるとき、その心の奥にはいくつかの共通する心理が潜んでいることがあります。中でも多く見られるのが、「ストレス発散」「気分転換」といった、現状を変えたいと願う心理です。これは、見た目を変えることで内面にも変化を起こそうという深層心理の働きの一つです。一方、「今のヘアスタイルに飽きた」「気に入ったヘアスタイルを見つけた」と言う理由から髪を切りたいと考える人も多くいます。この場合、心を動かしているのは心理的な理由よりも、「より美しくありたい」という美意識からくるものです。

髪切りたいけど切れない対処法方法自分で切るセルフカットアレンジするヘアアレンジ洒落見えを約束!ニュアンスセンターパート【アラサー&アラフォーに似合うトレンドヘア】

なぜ髪なのか?

先述のとおり、「ストレス発散」や「気分転換」を目的に髪を切りたいと感じる人は多いものですが、では、どうして人はその手段として髪を切ることを選ぶのでしょうか?

その理由としてまずあげられるのが、「ヘアスタイルには、見た目の印象を大きく変える力があるから」です。実際に、「ロングヘア=女性らしい・上品で落ち着いた人」「ショートヘア=中性的・活発でサッパリした人」と言うイメージは、社会に広く浸透しています。それを逆手にとって、自分のイメージやキャラクターを変えるための手段として髪を切ろうと考えるのは自然なことです。また、髪はたとえ切ったとしてもいずれは再び伸びるものです。「失敗してもなんとかなる」と考える人にとっても、髪を切るのはちょうどよい選択なのかもしれません。

髪切りたいけど切れない対処法方法自分で切るセルフカットアレンジするヘアアレンジ大事なのは作り込まないナチュラルさ【アラサー&アラフォーに似合うトレンドヘア】

髪を切る前に考えるべきこと

いずれ再び伸びるとしても、一度切った髪を今日明日で元に戻すことは不可能です。いざ髪を切るにあたっては、以下に紹介するポイントをしっかりと確認しておきましょう。

  1. 新しいヘアスタイルを気に入るとは限らない
  2. すぐに飽きてしまうかもしれない
  3. 勢いで切った場合、後悔する可能性が高い
  4. ドレスや着物を着るようなイベントが近い場合、ヘアアレンジの選択肢が限られる
  5. 長さによっては髪を結べず困る可能性がある

切ってしまってから「こんなはずでは」と思うことのないように、これらの可能性について考えてから決断するのがおすすめです。

自分で髪を切ってみる

「髪を切りたくてたまらないのに、忙しすぎて美容院にいく暇がない」という人におすすめなのが、自分で自分の髪を切るセルフカットです。そのメリットやデメリット、具体的な方法を確認していきましょう。

髪切りたいけど切れない対処法方法自分で切るセルフカットアレンジするヘアアレンジ

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!