Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 雑学

2023.10.13

「気配り上手な人」の特徴とは?職場やプライベートでも実践できるコツ

 

気配りができる人には、どのような特徴があるのでしょうか?気配り上手は多くの人に好かれるため、憧れている人も多いものです。気配り上手になるためのコツを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

Tags:

気配りの意味とは。気遣いや心配りと同じ?

まず「気配り」とは、どのような意味なのでしょうか?似た言葉に「気遣い」や「心配り」がありますが、それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

気配り

相手を思い、先回りして行動すること

「気配り」とは、相手を思いやり、スムーズに物事が進むよう、いろいろなことに気を付けること。例えば相手が靴を履こうとしたときに、さっと靴ベラを手渡したり、コーヒーを飲もうとしたときにミルクと砂糖は必要か聞いてくれたり…というように、ほんの少しだけ先のことを想像して、つまずきがないような状態に整えるための行動がこれにあたります。次に相手が欲しがるものをさっと手渡すことや、求めるサポートができる人は多くの人に感謝され、気配り上手と評価されます。

気遣い、心配りとは若干意味が異なる

「気配り」と似た言葉に「気遣い」や「心配り」がありますが、これらの言葉の違いは、時間と注意の広さといえます。「気配り」が少し先の未来を見て、全体を注意するのに対し、「気遣い」や「心配り」は今の状況に合わせて特定の1人に注意します。

中でも、心配りは「何をしたら喜んでくれるか?」と相手のことを考えて行動することです。ベストな状況を作ることというよりは、相手を喜ばせることが目的です。そのため、相手にぴったり合った心配りができると、感動してもらえます。そうでなくても「何かできることはありますか?」という一言も、立派な心配りといえます。似た印象のある3種類の言葉ですが、微妙なニュアンスの違いがあるのです。

▼あわせて読みたい

気配りができる人の特徴

では、実際に「気配り」ができる人にはどのような特徴があるのでしょうか?あなたもこれらの特徴に当てはまれば、気配り上手かもしれません。

いろいろな一筆箋

周りの状況を的確に把握できる

気配り上手な人は、周りの状況を瞬時に把握することを得意としています。相手や周囲の人間が普段どのような行動をしているかをよく見ているため、ちょっとした表情しぐさの変化にもすぐに気づくのです。周りの人が次に何を求めるのかをすんなりと理解し、それをさっと用意して声をかけたり、困る前に手渡したりできます。状況を先読みして行動する力があるため、職場でも期待され、活躍している人が多いのも特徴です。

でしゃばることなく常に謙虚

気配り上手な人は、相手の必要なもの・求めているものをさっと手渡すことができる人ですが、決してそれを自慢しませんし、特別に良いことをしたとも思っていません。これ見よがしな態度ではないため、嫌な印象を与えないのです。気配り上手が周りの人を助けるのは、「お互いさま」の気持ちから自然と行っていることです。助けた相手にお返しをしてもらうことは考えておらず、巡り巡って自分も誰かに助けられていると謙虚に考えています。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!