Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.11.22

「怪我の功名」はどんな場合に使うのが正解?由来や正しい使い方、類語をご紹介



「怪我の功名」は、失敗やなにげなしに行ったことから、偶然に好結果が生まれることを指す言葉です。ポジティブな意味ですが、一度失敗していることが前提であることに注意して使いましょう。このコラムでは、怪我の功名の由来や使い方についてわかりやすく解説します。

Tags:

「怪我の功名」とは、意図せず好結果となること

【怪我の功名:けがのこうみょう】
過失と思われたこと、なにげなしにやった事が、意外によい結果になること。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

怪我の功名

「怪我の功名」とは、失敗や過ちなどから、偶然にも好結果が生まれることを意味することわざで、読み方は「けがのこうみょう」です。たとえことわざを知らなくても意味を想像しやすく、比較的よく使われる表現の一つといえるでしょう。

ここからは、怪我の功名の語源、似ているけれど多少意味が異なる「災い転じて福となす」「不幸中の幸い」との違いについて解説します。

語源は高い評判という意味の「高名」

怪我の功名の「功名」の語源は「高名」であり、手柄を立てるという意味の言葉です。高名がいつしか功名に変わったようです。また怪我は、もともとは誤るや汚れる、偶然の負傷という意味を持つ「穢れる」の当て字とされています。

そのため怪我の功名は、「過ちが偶然、手柄につながる良い結果に転じる」ことをあらわします。

「災い転じて福となす」との違い

「災い転じて福をなす」は、災難を活かして幸福を手に入れるという意味のことわざです。災難を意識的に活用するニュアンスが含まれています。

一方、「怪我の功名」は失敗や過ちが「偶然」幸福に転じるという意味です。二つのことわざは一見似ていますが、幸運を招いたのが工夫や努力によるものか、偶然によるものかという明らかな違いがあります。

「不幸中の幸い」との違い

「不幸中の幸い」とは、不幸な出来事の中にも救いとなるような幸運があるという意味の言葉です。そもそも、不幸な出来事というのは起きないことが望ましいもの。それでも、救いとなるようなことがあったから最悪の状況は脱することができてよかったという、自分を納得させたり、他人を慰めたりするニュアンスで使います。

「怪我の功名」は過ちや過失だと思っていたことが結果的に幸運に転じることを意味するため、「不幸中の幸い」との違いに注意しましょう。

「怪我の功名」の使い方のコツ

「怪我の功名」は、過失などから偶然に幸運が生じるという意味をもちます。努力して掴み取った幸運にはあてはまりません。また、「こうみょう」の漢字を誤って使うケースにも注意しましょう。

怪我の功名

「怪我の功名」は、逆転勝利の意味をイメージすると使いやすくなります。実際に例文をご紹介するので、この点を踏まえて確認してみてください。また、怪我の功名を正しく使うには、「間違えて光明や巧妙を使わない」ことも重要です。それぞれ詳しく解説します。

逆転勝利の意味で使う

「怪我の功名」は、偶然もたらされた逆転勝利のニュアンスがあります。それを踏まえて使用すると、正しい使い方ができるはずです。努力を積み重ねた正当な結果として幸運を掴み取ったようなケースに使うのは適切ではありません。

たとえば「頑張った甲斐あって、勝利を掴み取った。まさに怪我の功名だ」という使い方は誤りです。

「怪我の功名」を使った例文4つ

それでは、実際に「怪我の功名」を使った例文を見てみましょう。

・目的地にはたどり着けなかったが、偶然にも前を通りがかったお店で、ずっと欲しかったスニーカーを手に入れることができた。まさに【怪我の功名】だ。
・君が寝坊で遅刻したことにより、事故に巻き込まれなくて済んだのは、【怪我の功名】だろう。
・希望の大学には合格できなかったが、その後学んだ学問があったからこそ、今の天職ともいえる仕事につくことができた。これこそ【怪我の功名】ではないか。
・今回の実験の成功は、その前の大きな失敗があってこその結果です。まさに【怪我の功名】ですね。

間違えて「光明」「巧妙」を使わない

怪我の功名の「功名」という二文字について、誤って他の漢字を使わないように注意しましょう。たとえば、過ちなどから幸運に転じる前向きな意味から光を連想し、「光明」としてしまうことがあります。また、過失が幸運に転じるなんて妙なことだ、という思いから「巧妙」と書いてしまうケースも。

一見それらしく見えますが、光明も巧妙も誤りで、正しくは功名です。間違えないように注意しましょう。

「怪我の功名」の類語4つ

怪我の功名には、似たような意味を持つ類語がいくつかあります。たとえば次のものが挙げられます。

怪我の功名

・過ちが好結果となる「過ちの功名」「怪我勝ち」
・偶然良い結果になる「棚からぼた餅」「偶然の産物」

いずれも最後には良い結果におさまっていることが共通点です。ここからは、怪我の功名の類語について、それぞれ解説していきます。

過ちが好結果となる「過ちの功名」「怪我勝ち」

「怪我の功名」の、過ちや失敗が良い結果に転じるという意味に焦点を当てた場合、同じ意味の類語は「過ちの功名」や「怪我勝ち」です。

過ちや失敗をそのまま「過ち」と表すか、比喩を使い「怪我」とするか、使う相手や状況に応じて適切なことわざを選択しましょう。怪我の功名も含め、このうちのどれを選んでも、前提として「過ち」があったことを指摘することになります。そのため、直接的な表現を避けるのが賢明な場合もあります。

偶然良い結果になる「棚からぼた餅」「偶然の産物」

「怪我の功名」には、偶然好結果となる、という意味もあります。この点に注目すると、「棚からぼた餅」や「偶然の産物」といったことわざも類語に分類されます。すべて、予想もしなかった幸運が偶然訪れるという状況に対して使われる言葉です。

意図的に行ったものではないため、再現するのは難しいというニュアンスも込められています。

「怪我の功名」で失敗をポジティブに表現しよう

怪我の功名

怪我の功名は、失敗や過ちが偶然好結果となることを表す言葉です。結果オーライなんだから大丈夫だよと励ます意味でも、謙遜のニュアンスでも使われます。

怪我の功名という言葉を理解すれば、失敗を恐れない強い気持ちを手に入れることができるかもしれません。たとえ途中でミスをしても、どのような展開になるかは最後までわからないもの。そういう時こそ怪我の功名のことわざを使って、失敗をポジティブに表現したいものですね。

あわせて読みたい

「海千山千」って褒め言葉で使っていいの?正しい使い方をマスターしよう
「賽は投げられた」の正しい意味は?|由来や使い方を正しく知ろう

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事