ホムパにラム肉…赤ワインは何を選べばいいですか? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEグルメ

2020.03.24

ホムパにラム肉…赤ワインは何を選べばいいですか?

赤身でヘルシー、アミノ酸由来の「L-カルチニン」も多く含まれていてダイエットにもよいと、いま大人気のラム肉。今回は、そんなラム肉料理にぴったりのボルドーワインをご紹介いたします。

Text:
鳥海 美奈子
Tags:

シンプルに焼いたラム肉に、粉山椒や大葉を添えて…

赤身でヘルシー、アミノ酸由来の「L-カルチニン」も多く含まれていてダイエットにも効くと、いま大人気のラム肉。じつはボルドーの人たちも、羊肉を日常的に食べているんですよ。だから、ラム肉とボルドーの赤ワインはもう定番ともいえる組み合わせ。いまスーパーなどでも気軽に買えるラムチョップを、フライパンでシンプルに焼いて火を入れたら、それに合わせたい赤ワインは「ラ・スース・ド・シャトー・ジョヴォント」。赤や黒い果物のニュアンスに少しスパイス香が混じっているから、粉山椒をつけたり、大葉を添えて食べたりすると、香りに共通点が生まれますよ。

▲ ラム肉の表面を焼いて、実山椒や醤油、赤ワインなどと煮込んでもいい。

「ラ・スース・ド・シャトー・ジュヴォント」ってどんなワイン?

▲ ラ・スース・ド・シャトー・ジュヴォント

ボルドーでよく使われる赤ワイン用のブドウ品種メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンがメイン。そこに5%だけブレンドされているのがプチ・ヴェルドー。このブドウ品種は熟すのが遅くて、以前はボルドーより暖かい地域でおもに栽培されていました。でも地球温暖化の影響で、最近はボルドーでも育てる生産者が増えてきています。チェリーやカシスといった果実に、ややスパイシーな香りがプラスされているのはこのプチ・ヴェルドーが入っているから。味わいも、よりしっかりしたものになります。

▲ 下草が生えた畑は、除草剤の使用を抑えている証拠。

いまはボルドー全体が持続可能なワインづくりに取り組んでいます

▲ カーヴのなかに飾られているアート作品

このシャトー・ジュヴォントのオーナーであるギュットマン家の人々は、パリ在住。カーヴのなかにはヴィヴァルディの音楽「四季」が流れていたり、現代絵画が飾られていたりと、アートにも造詣が深いことがわかります。

▲ サスティナブルなワインづくりをおこなう栽培・醸造責任者のオリビエ・ヴェルナデさん。

シャトーを訪問したこの日は、栽培・醸造責任者のオリビエ・ヴェルナデさんが指揮をとり、カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫のまっ最中でした。「いまはボルドー全体が持続可能なワインづくり、サスティナビリティに取り組んでいるから、私たちもそれを実践しています。殺虫剤の使用量、温室効果ガスの排出量、水の消費量などを少なくして、地球環境に配慮しているんですよ」。

レシピ提供/ボルドーワイン委員会(CIVB)

文/鳥海美奈子 写真/Mathieu Anglada

▼ あわせて読みたい記事
家呑みにボルドーワインと柚子餃子?意外な組み合わせがおいしい理由

画像ALT

ライター

鳥海 美奈子

共著にガン終末期の夫婦の形を描いた『去り逝くひとへの最期の手紙』(集英社)。2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在、ワイン記事を執筆。著書にフランス料理とワインのマリアージュを題材にした『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)がある。雑誌『サライ』(小学館)のWEBで「日本ワイン生産者の肖像」連載中。ワインホームパーティも大好き。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事