令和初の小学1年生の「就きたい職業」第1位は? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.04.11

令和初の小学1年生の「就きたい職業」第1位は?

この春小学校に入学する子供とその両親、合計8000人に「将来就きたい職業」と「将来就いてほしい職業」についてアンケート!その結果は

Tags:

令和初の小学1年生に「就きたい職業」って?

やはり親というものは、子供の将来は気になるもの。「将来は何になりたいの?」と、きっと一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?

ランドセルなどに使用される人工皮革「クラリーノ(R)」を製造・販売する株式会社クラレは、この春小学校に入学する子供とその両親、合計8000人にアンケート。子供には「将来就きたい職業」を、両親には「将来就いてほしい職業」を聞きました。

すると、令和という新時代を象徴するような答えが返ってきました…!親と子の回答を比べるのも見どころの1つ。ぜひご覧あれ!

男の子の第1位はスポーツ選手。10位にはYouTuberがランクイン

まずは新一年生の男の子の回答から。

やはり第一位は「スポーツ選手」。過去のランキングと比較しても、約20年もの間、不動の一位として君臨しています。続く「警察官」や「運転士・運転手」も根強い人気に。

約20年間の推移を見ても、「スポーツ選手」と「警察官」は多少の上下はあるものの、一定の人気があることが窺えます。

ちなみに…「スポーツ選手」の内訳を見てみると…やはりサッカーと野球は強い!そして、第4位にはラグビー。昨年のラグビー熱はすごかったですよね!世間の盛り上がりも相まって、その魅力が子供たちにもしっかりと伝わっていることがわかります。

さらに意外なことに、7位にはeスポーツがランクイン。自宅でもオンライン対戦を楽しめる環境が増え、競技としてはもちろん、仕事として認知されているから驚きです。

一方で、ランキングの中で異彩を放っているのが「ユーチューバー」。数年前、「就きたい職業」として挙げられてからというもの、着実にその順位を上げ、2020年のランキングではついにトップ10に入り込むほどに。わずか5.6歳の子供に職業として広く認知されていることがわかります。

女の子の第1位はケーキ屋さん・パン屋さん

一方で、女の子のランキングでは、そこまで大きな変化は見られず。

やはり強いのは「ケーキ屋・パン屋」の職業。ここ20年間の全体の1/4前後が就きたい職業としてあげています。

こちらが、「ケーキ屋・パン屋」の内訳。ケーキ屋が過半数の割合を占め、さらにパティシェやスイーツ専門店が続きます。しかしパン屋の割合が5.6%と少ないのは意外です…!

さらに、「芸能人・歌手・モデル」といった華やかで注目される職業がこの20年で確実に順位を上げています。2000年から2010年の間で八位から三位にランクアップしているのは、インターネットの発達により、露出が増えたからなのでしょうか…!?

そして、なんと「警察官」に憧れる女の子が急増。「医師」も同様に過去最高の順位になっています!人々の安全を守る凛々しい姿に憧れる子が増えているのかも?

一方、子供に就いてほしい職業は…?

一方こちらは、親が子供に「就いてほしい職業」のランキング。順位こそ違えど、おおむね子供が就きたい職業と一致しています…!

男の子に対しては、比較的安定感のある職業が上位をキープ。「スポーツ選手」が2ランクダウンしたのは、親の安定志向が高まってきているのかもしれません。

女の子に関しては、「看護師」や「公務員」は一、二位と不動の人気。女の子の親御さんは医療系の職業が人気という結果になりました。


【調査概要】

調査対象:2020年4月に小学校に入学する子どもとその親
調査方法:クラリーノ製ランドセルを購入した方にアンケートを実施
      2019年7月~2019年12月のインターネット回答分から有効回答を抽出
有効回答:子ども4,000名(男女各2,000名)、その親4,000名
※子どもの調査は1999年から2020年まで通算22回目、親の調査は1992年から2020年まで通算29回目。

情報提供▶︎クラレ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事