心理カウンセラー監修!LINEで未読無視されるのは送る内容のせい?未読無視をする人の理由・特徴・対処法・既読無視との違いを紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.08.14

心理カウンセラー監修!LINEで未読無視されるのは送る内容のせい?未読無視をする人の理由・特徴・対処法・既読無視との違いを紹介

LINEなどの連絡ツールでメッセージを送ったにもかかわらず読んでもらえない「未読無視」は、されると落ち込んでしまうもの。ひと言で未読無視といっても、される理由はさまざまです。理由を知って気持ちのよいコミュニケーションを目指しましょう。

Tags:

【目次】
未読無視をする理由は?
未読無視をする人の特徴
既読無視との違いは?
未読無視する原因は送る内容のせい?
未読無視をされた場合の対処法

未読無視をする理由は?

LINEを使っていれば誰にでも起こる「未読無視」。用事があって送ったのに無視をされたほうは、「嫌われたのかな」「何か怒らせてしまったのかも…」と心配になるってしまいますよね? しかしほとんどの未読無視は、ちょっとしたタイミングの悪さや、忙しさなど単純な理由であるケースがほとんどです。

未読無視

(C)Shutterstock.com

そもそもどれぐらいの期間を無視されれば未読無視にあたるのでしょうか? 人それぞれ受け取り方で異なり、決まったルールはありません。数分無視されているだけで「未読無視されている?」と考えてしまう人もいれば、3日ぐらい返信がなくてようやく「未読無視かも?」と思う人もいます。

今回のこちらの記事では「3日以上既読さえされない状態のこと」を未読無視として解説します。

気づいていない

メッセージをもらったけど気がついていなかったというケースもよく見られます。外出中で通知音に気がつかず、スマホを確認できていない場合も珍しくありません。また、スマホを忘れて外出してしまうと、当然気がつかないので未読無視となります。

スマホゲームに夢中になっていて通知に気づかなかったということもあります。電話をしていた場合も、メッセージに気づきにくい傾向です。何か別なことに集中している場合も気づかないケースになりがちです。

中には「LINEが苦手なキャラ」を演じて、未読無視しても大目に見てもらえるようにしている人もいます。必要以上にLINEはしない主義の人がこの方法を使っているようです。

忘れているだけ

LINEのメッセージを受け取ると、ポップアップで内容の一部が表示されるので、既読にしなくても内容がある程度わかります。ポップアップの内容だけでわかってしまうと、返事をせずにそのまま未読無視となって放置されがちです。

メッセージに気がついた当初は返信を意識しているのですが、やることが多くて気がついたら忘れていたということもあります。また、自分の中で返信をしたつもりになっていることも。これはあまり重要ではない内容の場合に起こりやすいケースです。

仲の良いママ友で、ある程度理解し合ってる関係でも起こる可能性は少なくありません。「いつでも連絡取れるし、少しぐらい忘れても大丈夫」と感じ、気軽に未読無視をしてしまうのです。

未読無視

内容はチェックしたいけど既読にしたくない!というときに既読をつけずにLINEを読む方法

すぐに返信できないから

仕事や家事で忙しい、または子どもが病気で看病しているなどの理由で返信ができない状態になっているのかもしれません。スマホの不具合の可能性もあります。非常に落ち込む出来事や緊急事態などが起こってしまい、返信している余裕がないこともあるでしょう。

どんな返信しようかと悩んでしまうタイプやメール文章が難解と感じて、落ち着いて考えて返信しようとしている場合も、未読無視が多くなりがちです。言葉を慎重に選ぶ人は、返信を考えるのに時間がかかってしまいます。そこでしばらく未読無視にしておいて、後でゆっくり読みながら返信を考えるのです。

未読無視をする人の特徴

未読無視は、意識していようがいまいが、誰でもやってしまうこと。その中でも、頻繁にやってしまうタイプの人は、どのような人なのでしょうか。

未読無視

(C)Shutterstock.com

マメじゃない

普段から面倒くさがりでマメな性格ではない人は、連絡事項程度の使い方をしていることが多く、既読無視をしがちかもしれません。人に干渉せず、干渉されるのも嫌うタイプは、頻繁にやりとりするのをおっくうに感じるのです。

「今何している?」というメッセージをもらっても「何しててもいいでしょ」と思ってしまいますし、他人には関係ないと思ってしまうのかもしれません。しつこい連絡が苦手なタイプといえます。

もともとメッセージのやりとりが嫌いで、仕方なく使っている人も少なくありません。既読か未読かどうかが相手にすぐ伝わったり、誰かを登録するとすぐ友達候補が出たりする仕組みにうんざりするという場合もあります。

メッセージのやりとりを楽しめない人は、どうしても面倒に感じてしまい、結果として未読無視が増えてしまうようです。

仕事などが忙しい

仕事の種類によっては、スマホが手元になかったり、プライベートの連絡をまめにチェックすることができず、本意でなくても未読無視を繰り返す人もいます。また仕事上の連絡が多くてそちらを優先するので、プライベートのメッセージは後回しとなってしまうことも。

知人や友人が多く頻繁にメッセージが入る人も、いろいろなLINEを見ているうちに、返信を忘れてしまうことも。仕事や子育て、家事など、両立しているものが多い人ほど、LINEの返信は遅れやすい傾向です。

未読無視

未読メールが大渋滞!大事な連絡を見逃さない整理方法【働く女性の質問箱】

既読無視との違いは?

LINEには未読無視とは別に「既読無視」もあります。ふたつの違いはどこにあるのでしょうか?

既読無視も未読無視も、どちらもされた方としてはいい気持ちではありませんが、それぞれの違いについて見ていきます。

未読無視

(C)Shutterstock.com

メッセージは確認済み

未読は「きちんと読んでいない状態」に対し、既読は「読んでいる状態」です。メッセージはしっかり確認しているのに、返信が来ない…これはこれで、返信を待つ身としてはいろいろ考えてしまいます。

未読無視と既読無視、どちらが嫌か?というと人それぞれです。読んでさえもらえないことにショックを受ける人は未読無視を嫌がります。対して読んだうえで興味を持ってもらえないことにショックを受ける人は既読無視を嫌う傾向です。

既読は返信のプレッシャーを感じる

既読無視は未読無視に比べて、相手に既読が伝わっている分、返信義務を感じる人が多いようです。既読か未読かを、相手に監視されているようで重く感じてしまいます。

「仕事やPTAのことならしっかり返信するけれど、ただの雑談が延々と続くのは嫌だな…」と思う人もいれば、「既読が付かなければ、返信し忘れても言い訳しやすい」と感じている人もいます。

また、メッセージが届いた段階で、開かなくても内容を見られるように設定を変えることも可能です。迷惑メール対策の一環ですが、この設定にしておき、意図的に既読を付けず返信を避けていることは、案外多いようです。

未読無視

(C)Shutterstock.com

「ピント外れ力」 を駆使すべし! 面倒なママ友グループLINE対処法 | Domani

未読無視する原因は送る内容のせい?

未読無視をされてしまうのは、内容に問題があるのかもしれません。ここからは、未読無視されやすい内容を確認していきましょう。もし心当たりがあれば、改善することをおすすめします。

未読無視

(C)Shutterstock.com

頻度が多くて困っている

ママ友の中には、LINEが好きで頻繁にやりとりしようとする人がいます。「今からランチだよ」などちょっとした生活をマメに連絡してこられると、返信を面倒に感じる人もいるかもしれません。

夜中や早朝など、非常識な時間帯にもかかわらず頻繁にメッセージを送っている場合も、無視されがちです。しつこいと思われないようにするには、まず時間帯を考えることが大切です。言いたいことは簡潔にまとめて、最低限の回数で送れるようにします。

一日のLINE頻度はどれぐらいがベストでしょうか?これは相手にもよりますが、ママ友の場合は明らかに用事がある場合や話す機会が得られない場合に、一言連絡する程度が無難です。

もしくは相手のLINEの頻度に合わせるのもおすすめです。あまり相手からのLINEがないのであれば、LINEでのやりとりを好まない人なのかもしれません。

未読無視

プチストレスに。ママ友づきあいが苦手なんです【働くアラフォー質問箱】 | Domani

中身のないLINE

中身のないLINEや、相手にとって直接関係がないLINEも無視されがちです。「今日は○○へ行くよ」と言われても「そうですか」としか言えないことがあり、それだけのために返信するのは面倒に感じます。

また、LINEゲームのメッセージを送られるのも、ありがた迷惑に感じている人も多いのではないでしょうか。特に自分がやっていないゲームは、何のことだかわからないですから。他のママの悪口を送ってくるのもよい気分ではありません。読んでいて不快になってしまうメッセージはNGです。

妙に長い日記のようなメッセージも、未読無視される可能性が高いでしょう。長文で日記を残したいならブログやFacebookなどを開設し、相手のペースで見てもらうようにしましょう。LINEで送る内容はあくまでも必要な連絡を中心にし、自分語りは控えた方が無難です。

ブロックされているかも?

未読無視があまりにも続く場合は、残念ながらブロックされている可能性もあります。既読無視ならば、相手に届いてるのでブロックされていませんが、未読無視の場合はブロックされている可能性も捨てきれません。

この場合は一度思い切って「メッセージ読んでないみたいだけど、どうかした?ちょっと心配してます」と送ってみるのも手です。もし待っても返事が来ないならブロックされている可能性は高くなります。

もしかすると中身のないLINEやLINEを送る頻度が相手の許容範囲を超えてしまい、ブロックされてしまったのかも? 自分のコミュニケーションを振り返ってみるいい機会かもしれません。

未読無視をされた場合の対処法

理由があって連絡しているのに未読無視されると、連絡が伝わったのか確認できず困ってしまったり、軽くあしらわれているようでショックな気持ちになったりするものです。未読無視された場合はネガティブな気持ちを抑えて、3つの対処法を試してみましょう。

未読無視

(C)Shutterstock.com

しつこく連絡しない

未読無視が続くと「どうしてメッセージ見てくれないんだろう」とイライラしたり、「何かあったのではないか」と心配になったりします。

しかし、未読無視され続けている場合でも、あまりしつこく返信を求めることは避けましょう。責めたり急がせたりすると、かえって嫌がられてしまう場合もあります。あまり深く考えず、気楽に待つことがポイントです。

相手を気遣って

未読無視が続くことは、あまり気分がよいものではありません。だからといって露骨に不満や嫌がらせのようなメッセージを送るのはやめましょう。未読無視の理由はさまざまで、悪気のないケースがほとんどです。

忙しかったり、疲れていたり、時間がなかったり、また、本人にしかわからない事情があるかもしれません。メッセージを送る際は、「元気?こないだ○○の件で連絡したけど、何かあった?」など、まず相手の状況を心配するようなメッセージを送ることをおすすめします。

緊急ならば電話を

どうしてもすぐに返事が欲しいなら、電話で連絡をしましょう。LINEは無料通話ができるようになっているので、手軽に返事を聞けるはずです。

電話した結果、無事に会話ができたなら解決ですが、場合によっては「応答なし」と表示される場合もあります。この場合はブロックされている可能性もありますが、出られなかっただけという場合がほとんどです。

電話でも連絡が取れなかった場合は、共通の友人などを頼って連絡してもらう方法をとりましょう。

友達追加されているか確認を

未読無視されるのは、相手のLINE設定に問題があるかもしれません。LINEのプライバシー設定「メッセージ受信拒否」がONになっていると、<友だち>になっている相手からのLINEしか受け取れません。知り合って間もない間柄や、機種変をした場合に起こりがちなトラブルです。

相手に会ったときに直接確認したり、共通のLINEグループに入っている相手であれば、「○○の件で個人LINEに連絡しました」などと伝えたりして、相手に設定を見直してもらいましょう。

LINEのホーム画面→「設定」をタップ→「プライバシー管理」をタップ→「メッセージ受信拒否」で確認できます。

これは自分自身にも言えることです。相手が自分に対してLINEを送っているのにもかかわらず届かないということがわかったら、<友だち>として追加しているLINEしか受け取らない設定になっている可能性があります。早急に設定を変えましょう。

未読無視をされるのが不快なら、自分自身も未読無視をしないようにすることが大切といえるかもしれません。

●LINEの設定方法などは2020年7月31日取材時現在の内容です。

吉野麻衣子

心理カウンセラー

吉野麻衣子(よしの まいこ)

「SMART BRIDAL」代表/婚活心理カウンセラー、モデル/「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた戦略的婚活の可能な結婚相談所を経営。
43歳で14歳年下男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導するかたわら、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、女性の婚活を支援中。
恋愛&婚活に効く情報を定期配信中 (公式LINE)
サイト
年下エリートモテ男子との愛され婚をした秘訣ブログ

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事