ジャック・オ・ランタンでハロウィンを盛り上げよう!由来や作り方も | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.10.30

ジャック・オ・ランタンでハロウィンを盛り上げよう!由来や作り方も

秋のイベント「ハロウィン」が近づくと、あちこちにかぼちゃをくり抜いた「ジャック・オ・ランタン」が登場します。このかぼちゃの由来や飾る意味、作り方をご紹介します。子どもとランタンを手作りして、ハロウィンを盛り上げましょう。

Tags:

【目次】
ジャック・オ・ランタンとは?
ジャック・オ・ランタンをなぜ飾る?
ジャック・オ・ランタンの作り方

ジャック・オ・ランタンとは?

10月31日は、ハロウィン。欧米ではお化けの仮装をした子どもたちが「トリックオアトリート」と言いながら街を練り歩きます。そして、行く先々の家からたくさんのお菓子をもらうのが習わしです。

ジャック オ ランタン

(C)Shutterstock.com

そんな不思議なイベント・ハロウィンに欠かせないのが、かぼちゃのランタン「ジャック・オ・ランタン」。

ハロウィンの起源や習わしとともに、ジャック・オ・ランタンの由来について見ていきましょう。

ハロウィンについて

ハロウィンはキリスト教の祝日の一つ「万聖節」の前夜祭として知られており、起源は古代ケルトの収穫祭にあるといわれています。

10月31日は、古代ケルトの大晦日に当たる日です。人々はこの日、死者の霊や悪霊がこの世にやってくると信じていました。そのため、悪霊から身を守ろうと自分たちも悪霊に扮したのです。現在「ハロウィン=仮装」と連想されるのは、この習わしが元になっています。

また、仮装をした子どもたちが街を練り歩いてお菓子をもらうのは、古代ケルト人が悪霊を追い払うためにお供えをしていたことに由来します。昔の人は悪霊に扮した子どもたちにお菓子をあげれば、悪霊がこの世で悪さをせずに帰ってくれると信じていました。

ジャック オ ランタン目から鱗!〝ハロウィンキャンプ〟を楽しむ3つのコツ【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

ジャック・オ・ランタンの由来

ジャック・オ・ランタンの「ジャック」は、ヨーロッパの古いお話「提灯ジャック」にちなんでいるといわれています。

ジャックは乱暴者でウソつきの男性です。その悪行によりハロウィンの日に悪魔に魂を取られそうになりますが、悪知恵で難を逃れます。そればかりか悪魔に「二度と彼の魂を取らない」という約束さえさせました。

やがてジャックが死ぬと、地獄行きを命ぜられます。しかし悪魔は、かつての「魂を取らない」という約束によりジャックを地獄に入れてくれません。

仕方なくジャックはカブで提灯を作り、地獄の火をともして歩き出します。どんなに暗くさみしくても、行くあてはありません。ジャックは提灯の灯だけを頼りに、永遠にさまよい続けることとなったのです。

ジャック オ ランタンキャラメル好き、パンプキン好きは食べるべし!【クリスピー・クリーム・ドーナツ】のハロウィン限定ドーナツ速報

もともとはかぼちゃじゃなかった?

「提灯ジャック」のお話にある通り、もともとハロウィンのランタンとして使われていたのはかぼちゃではなく「カブ」でした。

これがかぼちゃになったのは、ケルト人の末裔であるアイルランドやスコットランドの人々がアメリカに移住したためといわれています。

当時のアメリカでは、カブを入手するのが容易ではありませんでした。そのため人々は、入手しやすいかぼちゃを代用してランタンを作ったのです。そしてこれ以後、「ジャック・オ・ランタン=かぼちゃ」として広く定着しました。

現在でもスコットランドなどでは、カブでジャック・オ・ランタンを作るところもあるそうですよ。

ジャック オ ランタン10月には売り切れ必至!〝ダイソー〟で9月中に買うべきハロウィングッズ4選【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

ジャック・オ・ランタンをなぜ飾る?

永遠にさまよい続ける「提灯ジャック」に由来するジャック・オ・ランタンは、ハロウィンに欠かせないアイテムの一つ。さまざまなハロウィンモチーフに登場していますが、なぜハロウィンにジャック・オ・ランタンを飾るようになったのでしょうか?

ジャック オ ランタン

(C)Shutterstock.com

ジャック・オ・ランタンを飾る理由や期間を紹介します。

悪霊から身を守るために

ジャック・オ・ランタンは、悪霊を追い払うために飾られます。ハロウィンの日、玄関に火をともしたジャック・オ・ランタンを飾っておくと、悪霊が家の中に入ってこられなくなるそうです。

前述の通り、ハロウィンになるとあの世からたくさんの悪霊がやってくるといわれています。昔の人々はジャック・オ・ランタンを飾っておくことで、悪霊から身を守ろうとしたのです。

また同時に、ランタンの火は祖先の霊を迎える「迎え火」の役割もあるとされます。ジャック・オ・ランタンの光は、「あの世から帰ってきた祖先の霊が迷わないように」という道しるべでもあるのです。

どれくらいの期間飾るのがいいの?

ジャック・オ・ランタンを飾る期間については、特に決まりはありません。日本では9月頃からハロウィンの飾りが登場し始めます。お気に入りのアイテムは早めに入手しておいて「10月に入ったら飾る」のが一般的なようです。

ただし、本物のかぼちゃは、長く放置するとカビが生える恐れがあります。ジャック・オ・ランタンを手作りするつもりなら、「つるしたり高い場所に置いたりする」「風通しの良い場所に飾る」ことを心掛けましょう。

また、かぼちゃは食用ではなく鑑賞用を入手するのがおすすめです。ハロウィン用として売り出されるかぼちゃの多くは、カビが生えにくい加工がしてあるため長持ちしますよ。

ジャック・オ・ランタンの作り方

せっかくの秋のイベントを思い切り楽しむなら、ジャック・オ・ランタンを手作りしてみてはいかがでしょうか。子どもにハロウィンやジャック・オ・ランタンの由来などを聞かせながら、楽しいひとときを過ごしましょう。

ジャック オ ランタン

(C)Shutterstock.com

本格的なジャック・オ・ランタンの作り方、そして小さな子どもも気軽に作れるお手軽バージョンの作り方を紹介します。

本格的なジャック・オ・ランタン

本格的なジャック・オ・ランタンを作るには、まず以下のものを準備しましょう。

・ハロウィン用かぼちゃ
・ナイフ
・スプーンや小さなスコップ
・油性ペン
・ろうそく

このほか作業をスムーズにするために、手袋ゴミ袋新聞紙も用意しておくことをおすすめします。

必要なものがそろったら、次の手順でジャック・オ・ランタンを作成します。かぼちゃは固いため、ナイフを使う際は必ず大人が行い、くれぐれも気を付けて作業しましょう。

1:油性ペンでかぼちゃに顔を書く
2:かぼちゃの底に穴を開けて中身を出す
3:かぼちゃの顔をくり抜いていく
4:「2」で外したかぼちゃの底にろうそくを設置する
5: ろうそくを付けた底面をかぼちゃ本体に取り付ける

注意したいポイントは、中身をきれいに出すこと。カビが生えにくく、長持ちしやすくなります。

また、ジャック・オ・ランタンを日持ちさせたい場合は、いったん乾燥させるのがベターです。ろうそくはしっかり中を乾かしてから取り付けましょう。

ジャック オ ランタンハロウィンの飾り付けは手作りで♡ジャック・オ・ランタンの作り方

手軽に作れるジャック・オ・ランタン

小さい子どもと一緒にジャック・オ・ランタンを作るなら、かぼちゃをくり抜く工程は少し不安ですよね。そんなときは、刃物を使わずに済む「シール」でかぼちゃに表情を付けるのがおすすめです。かぼちゃの顔型に切り抜かれたシールなどはバラエティショップなどで手軽に購入できます。

シールがない場合は、かぼちゃの顔型に切り抜いた黒い紙を両面テープを付けるのもおすすめ。どちらの方法も外皮をくり抜いたり中身を出したりしないので、小さな子どもとでも気軽にジャック・オ・ランタンを作れます。

 

あわせて読みたい
▶︎サンディエゴで過ごす我が家の感謝祭&ブラックフライデー
▶︎中秋の名月で知られる十五夜|今年はどんな風に楽しむ?

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事