機内で「米果」を配っていたらお客さんに笑われた!【元CAの中国語ってムズカシイ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2021.02.01

機内で「米果」を配っていたらお客さんに笑われた!【元CAの中国語ってムズカシイ】

同じような発音の言葉や日本語にはない発音が多く存在する中国語。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、新人のころに遭遇した中国語のしくじり談とは…? 連載第6回目は「米果」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

エコノミークラスは長いキャビンを行ったり来たりの連続

機体により180~320人ほどの乗客を収容することのできるエコノミークラスでは、お手拭き、ヘッドセット、入国書類、ドリンク、食事、スナックなど、搭乗した瞬間から多くのものを配ります。

アメリカやヨーロッパなどのロングホールフライトになると、食事のサービスが終わったあとでもドリンクとスナックをもち、20〜30分毎に喉が乾いている人はいないかお腹が空いている人はいないかとキャビンをパトロール。お客さんと目が合えば、「ジュースはいかがですか?」「ミックスナッツはいかがですか?」とお声がけします。


(c) shutterstock.com

米果 (ミイグオ) と美國 (メイグオ) 、似ているけれど間違えると…

この日、ロサンゼルス便のエコノミークラスに乗務していた同期のKM。(彼女がこれまでにやらかしてきたしくじりの数々はこの記事の最後に↓)

食事のサービスと免税品販売を終え、後ほど配る用にドリンクとミックスナッツの準備をしていると、先輩からの指示が飛んできました。

台湾人の先輩:「好〜 我們去發米果跟飲料喔」(ミックスナッツとドリンク、そろそろ配りましょうか)

KMは先ほどカゴにきれいに陳列したミックスナッツを抱えキャビンへ繰り出すと、それに気づいたお客さんが早速話しかけてきました。

台湾人の乗客:「小姐 那是什麼?」(それ、なんですか?)
KM:「這是美國 需要嗎?」(これはアメリカです。いかがですか?)

すぐにKMが台湾人ではないことに気づいたお客さんはニコッとしてフォロー、「Very similar indeed!」

そう、ミックスナッツは中国語で米果 (ミイグオ)、アメリカは美國 (メイグオ)、発音が非常によく似ているのです。

ミックスナッツ=米果 (Mǐguǒ)
アメリカ=美國 (Měiguó)


(c) shutterstock.com

「私アメリカ線でミックスナッツ配るのトラウマだわ…。」

そんなKMですが、現在は台湾人クルーからの信頼も非常に厚く、日本人クルーの中でいちばん上の位にまで上り詰め、日々後輩の教育に精を出しています。

【続】

▼ あわせて読みたい記事
咳をしているお客さんに「可頌」はないといってしまった結果…【元CAの中国語ってムズカシイ】
ベテランCAが15年経っても越えられない「香檳」の壁って?【元CAの中国語ってムズカシイ】

画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事