正しい角質ケアで全身つるんっ!顔や足を傷つけない角質の取り方をレクチャー | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYスキンケア

2021.02.09

顔や足を傷つけない角質の取り方|擦りすぎはNG!正しい角質ケアでツルスベ肌へ

乾燥する季節、お肌のカサカサが気になってきますよね。角質ケアをしっかりすることで、肌をしっとり清潔に保つことが大切です。でも、擦りすぎややりすぎはNG!今回は、正しい角質の取り方やおすすめのケア方法をご紹介します。マスクの擦れでゴワつく肌やガサガサかかとは、正しい角質ケアでしっかり防いでいきましょう!

Tags:

【目次】
毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因
マスク擦れでゴワつく顔の角質ケア
週2回でOK!肌に優しい拭き取り角質ケア
角質や毛穴汚れにクレイパックもおすすめ
やりすぎ注意!かかとの角質の取り方
肌に負担をかけずにすべすべボディになるスクラブ
バスタイムはシルクのボディタオルで角質ケア

毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因

皮膚科医の慶田朋子先生に毛穴が目立つ原因や角栓のケア方法をうかがいました。

皮脂と古い角質が混ざって毛穴を詰まらせる

鼻や眉間、あごなど、皮脂分泌が多いエリアに目立つ毛穴。毛穴の中で代謝して剝がれた古い角質と皮脂が混ざり、〝角栓〟となって毛穴を詰まらせます。

詰まり毛穴を放置すると表面が酸化して黒ずむ

詰まった角栓も日々の洗顔で表面を少しずつ落とせていれば問題ないのですが、洗顔が疎かだと、表面が酸化して黒ずみます。こうなると角栓は硬くなり、頑固で落ちにくい状態に。

コラーゲンが弾力を失い、密度も低下して毛穴が伸びる

頰の内側に多く見られる毛穴。真皮のハリを保っていたコラーゲンやエラスチンが弾力を失い、密度が低下すると、肌が重力に負けてたるみ、毛穴が開きます。進行すると伸びて涙形に。

角質による毛穴トラブルはどうしたらいい?

皮膚科医の慶田朋子先生によると、「体の毛穴の場合、穴から毛が生えていて、毛を乾燥させないための皮脂腺が横に付属しています。ところが顔の場合、毛自体は退化してしまい、ほとんどがうぶ毛に。逆に皮脂腺は体のそれより大きくなっています」とのこと。

皮脂が多く出る分、体にはないテカりやベタつきが起こりやすいそう。さらに、多くの毛穴トラブルも発生します。 「肌表面と同様、毛穴の中でも角層の代謝が行われているので、皮脂と古い角質が混ざって〝角栓〞となり、毛穴を詰まらせます。それを放っておくと、大きく硬くなって毛穴を開かせ、さらに表面が酸化して黒ずみ毛穴に。これらを防ぐには、日々のきちんとした洗顔が大切です」(慶田先生)

もうひとつ、アラフォーの悩みといえば、頰のたるみ毛穴。「肌がたるむと皮膚が重力で伸び、頰の大きな毛穴は引っ張られて目立ちます。保湿やハリを与えるケアなどで多少目立たなくはなりますが、根本改善は難しいもの。日焼け止めを毎日塗ってたるみの進行を緩やかにし、気になるなら医療の力も取り入れましょう」(慶田先生)

知っておきたい毛穴の構造

毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺がついています。顔の場合は毛の多くがうぶ毛なので、毛に行き渡らず肌表面にしみ出したり、古い角質と混ざって角栓の原因にも。真皮がたるむと表面がハリを失い、毛穴も開いてしまいます。

Q. 洗顔料を使わないほうが、毛穴が目立たなくなるって本当?
A. 角栓が悪化します。朝も夜も洗顔料できちんと洗って

「肌が乾燥するから朝はぬるま湯ですすぐだけ、という声もよく聞きますが、毛穴詰まりが気になるなら、洗顔料できちんと洗わないと角栓はとれません。よほど乾燥して毛穴がほぼ目立たない人以外は、朝も夜もしっかり洗顔を」(慶田先生)

マスク擦れでゴワつく顔の角質ケア

敏感肌の方にもおすすめなアイテム

基本的なスキンケアは必須ですが、肌が刺激に過敏になっている時はいつものケアでいいのか心配になるもの。そこで、自身も敏感肌だという自由が丘クリニックの皮膚科医・松浦佳奈先生に、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

 

【スペシャル洗顔】余分な角質をオフするための酵素洗顔

敏感肌の方にもおすすめなアイテム

▲ダブル洗顔不要なのにしっかり落ちる。自由が丘クリニックドクターズコスメティクス JCクレンジングウォーター 200ml ¥3,600

「マスクをしていると鼻の周りが擦れ、表面の角層がゴワゴワしてくることも。それをケアするために週1〜2回、自宅でできるピーリングとして酵素を使った洗顔をします。これで、古くてレンガのように積み重なっている角質を取り、化粧水を浸透しやすくするのがコツ。

私が愛用しているのは、ビタミンCが配合されているオバジの酵素洗顔です。酵素のパワーで鼻の毛穴の黒ずみや古くなった角質をきちんと除去。全顔にやる必要はなくて、鼻やあごなどゴワつきが気になるところに部分的に使います。行うのは朝でも夜でもどちらでもいいのですが、その後にしっかり水分を入れてあげることが肝心。すると、肌のザラつきが取れてもっちり感が戻ってきますよ」(松浦先生)

【クリーム&乳液】肌を鎮静しつつ乾燥からしっかり守ってくれる

敏感肌の方にもおすすめなアイテム

▲保湿、抗菌、消炎効果が期待できるミスト。自由が丘クリニックドクターズコスメティクス JC VCローション 80ml ¥3,500

「水分を肌内部に閉じ込めるため、保湿した後は、きちんとコーティングしないといけません。私はキュレルのクリームを愛用しています。これは、肌の角質の細胞間脂質を構成しているセラミドが入っているので、保湿もできて肌のバリア機能が回復するためのサポートもしてくれるんです。ニキビの上からクリームで大丈夫?、と思う人もいると思いますが、ニキビ部分はむしろ乾燥しているので乳液やクリームを使うようにしてください。ワセリンのように油分がたっぷり入っているわけではないですし、サラッとしたテクスチャーです。夏は冷やしてパックするのもおすすめです」(松浦先生)

週2回でOK!肌に優しい拭き取り角質ケア

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに

「アラフォーになると角質が溜まっていく感じがひしひし。週に2回の拭き取り角質ケアをルーティンにしています。肌のやわらかさや透明感が違う。夏は皮脂の分泌が多く角質が溜まりやすい小鼻や眉を重点的に拭き取ります」(トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん)

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに

コットンにピーリング剤をつけたら一方方向に拭き取ること。摩擦を起こさないよう往復はしない。

おすすめアイテム

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに

▲ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション 150ml ¥13,500

グリコール酸やサリチル酸を組み合わせ、拭き取るだけで穏やかに肌を磨ける角質ケアローション。

角質や毛穴汚れにクレイパックもおすすめ

クレイパックに期待できる効果

クレイパックに期待できる効果

「クレイパック」とはクレイ(泥)をペースト状にしたもの

クレイとは海底や地底から採れる泥のことで、その泥に水や植物の成分などを加えペースト状にしたものが「クレイパック」です。肌の汚れや余分な皮脂を吸着する働きがあり、肌を清潔にする効果が期待できるので、パックの原材料に使用されています。クレイに含まれる成分は、採れる場所などによってさまざま。例えば、モロッコで採れる「ガスールクレイ」は、マグネシウムなどのミネラルをふんだんに含んでいることが特徴です。

クレイは肌悩みに合わせて選ぼう

「毛穴の汚れを何とかしたい」「乾燥が気になる」など、肌の悩みに応じてクレイパックの種類を選ぶことが基本です。肌の悩みに合うクレイパックを選ぶには、成分のメインとなっているクレイの特徴に注目しましょう。例えば、沖縄で採れる「クチャ」は汚れを吸着する力が強いので、毛穴の汚れを解消したいときにおすすめです。肌の乾燥やごわつきが気になる場合は、豊富なミネラル成分が含まれている「カオリン」や「ガスール」が配合されたパックを。カオリンは非常に粒子が細かく、ベビーパウダーやフェイスパウダーに使用されることもあります。肌に刺激を与えにくいので、肌が敏感な人でも使いやすいことが特徴です。

クレイパック 期待できる効果とは?

肌の悩みは人によってさまざまです。乾燥とハリの低下など、複数の悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。クレイパックの役割は一つだけではありません。クレイパックに期待できる効果を紹介します。

血行を促進してトーンアップ

クレイパックは肌のくすみを緩和する効果が期待できます。顔色がくすむ原因の一つとして考えられるものが、血行不良です。クレイに含まれる「ミネラル成分」には、肌の血行を促す効果が期待できます。同じ色のファンデーションを使っているのに、「昔に比べて色が浮いて見えるようになった」と感じる人は肌がくすんできているかもしれません。クレイパックで滞っていた血行が良くなれば、ワントーン明るい肌を目指せます。

ハリや弾力のある肌に

人の肌は新陳代謝を繰り返すことで、新しい肌に生まれ変わっています。肌のターンオーバーが乱れると、ハリや弾力が失われやすくなるのです。ターンオーバーが乱れた肌は老廃物が溜まった状態になり、ごわつきます。クレイパックを取り入れて、老廃物を取り除いてあげましょう。クレイは肌の老廃物や余分な皮脂を吸着する力があるだけでなく、ミネラル成分によって肌細胞を活性化する効果も期待できるので、肌のハリや弾力にアプローチできます。

毛穴を引き締めてくれる

「毛穴が目立つ」「化粧ののりが悪い」などの悩みを持っている人にも、クレイパックがおすすめ。古くなった角質や皮脂が溜まっていると、余計に毛穴が目立って見える原因になります。クレイは汚れを吸着する力がある上に粒子が細かいので、毛穴に溜まった汚れを取り除きやすいのです。皮脂が多いTゾーンに溜まって酸化した古い皮脂や、小鼻の脇に詰まった角栓汚れに働きかけてくれます。定期的にクレイパックをして毛穴を広げる原因を取り除き、引き締まった肌を目指しましょう。

クレイパックの使い方

どんなに効果的な美肌成分が含まれていても、間違った使い方をすると肌を傷めてしまう原因となります。美肌を目指すには、クレイパックを正しく使うことが大事です。クレイパックの使用頻度や、適切な使い方を見ていきましょう。

クレイパックを使う頻度

クレイパックは肌を擦らなくても汚れを吸着して落とせるので、比較的肌への負担が少ないケアアイテム。しかし、皮脂を除去する作用に優れているため、連続して使うと肌に負担をかけることがあります。毎日使うのではなく、「週に1回程度」を目安に利用しましょう。肌の状態は人によって違うので、自分の肌の状態に合わせて使うことが大事です。普段の肌の手入れを通じて、肌の様子をよく観察しましょう。指で触ったときに「ごわつき」を感じたタイミングで使うのがおすすめ。ただし、商品によって推奨している頻度が違うので、注意書きをよく読んでから使用しましょう。

数分放置後、ぬるま湯で流す

クレイパックには容器から出してそのまま使えるタイプと、水で溶き固さを整えてから使うタイプがあります。水で溶いて使うタイプの場合、顔に乗せたときに垂れてこない固さに調整することがポイント。水分が多過ぎるとパックとして扱いづらくなるので、適度な粘度に調整します。準備ができたらケアしたい部分を中心にクレイパックを塗っていきますが、このとき力を入れすぎないよう注意が必要です。塗り終えたら「3~5分程度」放置して、うっすらと乾いてきたら洗い流すタイミング。ぬるま湯を使って、丁寧に洗い流しましょう。

使う際の注意点

1.目の周りは避ける
2.ゴシゴシと擦らない
3.放置時間は正しく
4.洗い流した後はすぐに保湿ケアを

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事