「腐れ縁」の意味とは?男女や女友達との関係性、上手に付き合う方法を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.04.10

「腐れ縁」の意味とは?男女や女友達との関係性、上手に付き合う方法を解説

恋愛や友達関係で使われる「腐れ縁」という言葉。「正しい意味は何なの?」と気になることもあるのではないでしょうか。文字からネガティブなイメージを持たれがちですが、実は悪い意味ばかりではないのです。今回は、腐れ縁のさまざまな関係性や上手に付き合う方法について、わかりやすくご紹介します。

Tags:

【目次】
腐れ縁の正しい意味とは?
腐れ縁には「いい意味」「悪い意味」2つある
男女の腐れ縁の関係性3パターン
異性の恋愛だけじゃない?女同士の腐れ縁
腐れ縁の相手と上手に付き合うポイント4つ
腐れ縁を断ち切りたいときには
腐れ縁を良い関係にするのは自分次第

腐れ縁の正しい意味とは?

「あの人とは腐れ縁だから……」。日常会話のなかで、何気なく使ってはいませんか?そもそも、腐れ縁という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。まずは腐れ縁の正しい意味や、類義語などについて確認していきましょう。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

■腐れ縁は「断ち切れない関係」

腐れ縁とは、離れようとしても離れられない関係を意味します。「運命の相手」を思わせるようなニュアンスですが、実際には好ましくない関係に使われることが多い言葉です。

【腐れ縁】(クサレエン)
離れようとしても離れられない関係。好ましくない関係を批判的・自嘲的にいう。くさりえん。
【参考】デジタル大辞泉

「本当は離れたいのに、関係が断ち切れない……」。そのような相手にも、腐れ縁という言葉は適しています。一般的には、ネガティブなイメージでとらえられる言葉であると言えるでしょう。

■腐れ縁の語源は「鎖」(くさり)の縁

腐れ縁は、「くさりえん」という言葉が転じて生まれたと考えられています。ひとつひとつが絡み合い、どこまでもつながっていく「鎖」。かつての「鎖縁」には、「鎖のように切ることのできない関係」という意味があったとされています。

しかし、鎖の縁も良い相手でなければ、決して前向きな間柄とは言えません。いつしか鎖縁には、「腐り」という文字があてはめられるようになりました。そこから意味合いが転じ、腐れ縁は「離れたくても離れられない関係」を現すようになったと言われています。

■腐れ縁の類義語と対義語

腐れ縁には、以下のような類義語があります。いずれも腐れ縁と同じく、長期的に続く関係性を現す言葉です。

・絶ちがたい関係
・しがらみ
・旧知の間柄
・年来の知己
・悪縁

「絶ちがたい関係」は、なかなか切れない人とのつながりを意味します。「しがらみ」も、自分では断ち切ることのできない関係を表す言葉です。

「旧知の間柄」、「年来の知己」は、普段あまり使うことのない言葉かもしれません。いずれも古くからの知り合いであることを意味し、腐れ縁と同じく簡単には切れない縁を表します。「悪」の文字を使う「悪縁」からは、好ましくない縁を意味することが伝わるでしょう。

一方で、腐れ縁と反対の意味を持つ対義語には「良縁」があげられます。良縁は、よい出会いを意味するとともに、よい結婚を現す言葉です。相手は昔からの知り合いに限定されないことも、腐れ縁との大きな違いであると言えるでしょう。

腐れ縁には「いい意味」「悪い意味」2つある

好ましくない関係性を意味していると言われる腐れ縁。しかし、実際の人間関係では、「いい意味」と「悪い意味」両面を持つと考えられます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

■「いい意味」の腐れ縁

いい意味の腐れ縁は、簡単には断ち切ることができず、なおかつお互いを高め合える関係性を意味します。

「これだけ好きなことが言えるのも、小学生からの腐れ縁だからだね」
「彼はライバルであり腐れ縁の相手。ここまで努力できたのも、彼がいてくれたおかげです」

このように言い合える腐れ縁は、お互いに心を開き、良い関係を築き上げていると考えられます。「自分たちは腐れ縁だね」と言われても、そこにはポジティブな意味合いが込められていると言えるでしょう。

また、長く続く腐れ縁だということは、それだけお互いを信頼している関係だということです。「鎖」が由来である腐れ縁には、相手との結びつきが強いという意味も含まれています。

ネガティブなイメージを持たれがちな腐れ縁ですが、相手によっては決してそうとは言い切れません。お互いが切磋琢磨できる、ポジティブな間柄を意味することも覚えておきたいですね。

■「悪い意味」の腐れ縁

悪い意味の腐れ縁は、「本当は関係を断ち切りたい」と考えていることが大きなポイントです。

「彼との腐れ縁が続いて、ほかの人と新しい関係が築けない……」
「彼女とは学生時代からの腐れ縁だけど、本当はもう連絡を取りたくない……」

このように、自分にとってプラスではない関係性は、悪い意味での腐れ縁だと考えられます。ここで注意したいのが、ネガティブな腐れ縁は将来的なメリットが少ないということです。

男女間で悪い意味の腐れ縁が続いている場合には、新たな出会いを逃してしまうケースもあります。恋愛だけにとらわれて、本来自分が取り組むべき課題や新たな可能性に気付けないこともあるでしょう。友人同士であれば、本当は居心地が悪いにもかかわらず、腐れ縁だからとずるずるとした関係性を続けることもあるかもしれません。

このような悪い意味での腐れ縁は、相手との関係性を見直すことが大切です。自分にとって本当に必要な縁を逃してしまわないよう、腐れ縁の関係を改めて確認してみましょう。

男女の腐れ縁の関係性3パターン

腐れ縁というと、男女の恋愛関係を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際には、男女の腐れ縁は以下のような3つのパターンがあると考えられます。悪い意味の腐れ縁だけでなく、ポジティブな関係性があることにも注目してみましょう。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

関係性1:幼い頃からお互いを知る幼馴染

男女の腐れ縁で多いのが、幼い頃からお互いをよく知る幼馴染の関係性です。実家が近所にあり、小学生の頃から知り合いというパターンもあるでしょう。

お互いの幼少期をよく知り、小学生、中学生と多感な時期をともに過ごした異性は、安心感の持てる相手だと考えられます。一方で、実家が近く、お互いの情報が行き交ってしまうことに、居心地の悪さを感じることもあるかもしれません。

このように、大人になっても続く幼馴染の関係性は、依存し合う男女の腐れ縁とは違った意味合いを持ちます。男女それぞれが独立した、ポジティブな関係の腐れ縁です。子どものころからお互いを知っているため、まさに気心知れた相手であると言えるでしょう。

関係性2:別れと復縁を繰り返すカップル

「別れを告げても、また関係が始まってしまう……」
「本当はもう別れたいんだけど……」

このような男女の関係は、悪い意味での腐れ縁につながります。本当は離れたいのに、関係性が続いてしまう。その心理の裏には、お互いへの依存心があると考えられます。別れたとはいえ、元恋人は、心を通じ合わせた経験のある相手に変わりないからです。

そのため、自分がさみしかったり孤独を感じたりするほど、相手への依存心が強くなってしまう可能性があります。別れた相手ではなく、恋愛自体に依存しているケースもあるでしょう。

また、はっきりと理由を告げていない別れも、腐れ縁の要因のひとつとなります。お互いが別れを受け止めていないため、ふとしたきっかけで関係が復活してしまうのです。将来的な見通しが立てない場合には、悪い意味での腐れ縁として関係性を見つめ直す必要も生まれてくるでしょう。

関係性3:卒業しても縁が切れない同級生

異性の腐れ縁には、学校を卒業してからも関係性が続く友人も含まれます。定期的に仲間うちで集まったり、直接会うことはなくてもSNSでつながったりすることもあるでしょう。

同級生との腐れ縁の特徴は、久しぶりに会ったとしてもすぐに学生時代の関係に戻れることです。同じ職場で働けば、お互いを刺激し合うライバル同士になることも考えられます。学生時代の苦楽をともにした相手ほど、お互いの良い面、悪い面を知った上で長期的な関係を築くことができるでしょう。

また、学生時代の同級生と同じように腐れ縁になりやすいのが、同期入社の仲間です。同じ時期に社会人の扉を開いた仲間とは、仕事やプライベートの悩みを共有できます。切磋琢磨することでお互いが成長し合える、いい意味の腐れ縁につながる関係です。

異性の恋愛だけじゃない?女同士の腐れ縁

腐れ縁の関係性は、異性だけではありません。女同士であっても、腐れ縁は存在します。男女の腐れ縁のように、幼馴染や学生時代の同級生というパターンもあるでしょう。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

女同士の腐れ縁は、お互いの恋愛遍歴や趣味についてよく理解しているため、気の置けない存在として良い関係を築いていけます。また、ライフスタイルによって関係性が変わりやすいことが特徴です。そのため、結婚や出産をきっかけに、気軽に会えなくなることも少なくありません。

しかし、腐れ縁であるほど、離れている時期があっても関係性は続くことも多いです。仕事や育児、夫婦間のトラブルなど、いざというときに頼れる存在にもなり得るでしょう。

腐れ縁の相手と上手に付き合うポイント4つ

腐れ縁の相手は、良くも悪くもお互いのことをよく知っている相手です。できれば上手にその関係を続けていきたいですよね。ここからは、腐れ縁の相手と上手に付き合う4つのポイントについてご紹介します。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

ポイント1:意識しすぎず自然体で付き合う

腐れ縁の相手と良い関係を続けるためには、自然体で付き合うことが大切です。誘いの連絡に無理に合わせたり、嫌な部分を我慢したりするようでは、いい意味の腐れ縁を続けていくことはできません。

「長年付き合いのある相手なのだから……」と、我慢していると、いつしか不満がたまることも考えられます。良い関係を長続きさせるためにも、腐れ縁ということを意識しすぎないように心がけましょう。

ポイント2:適度な距離感を保つ

腐れ縁の関係が長くなると、ついつい相手へ遠慮がなくなってしまうこともあります。こちらが頻繁に会いたいと思っていても、相手には事情があるかもしれません。腐れ縁の相手とはほどよい距離感を保ち、お互いが自立した関係を作ることが大切。相手に依存することなく、より良い関係を築いていくことができます。

ポイント3:何でも知ろうとしない

「腐れ縁の相手とは何でも言い合う仲だから……」と、プライベートに踏み込みすぎてはいませんか?学生の頃はすべてを知り合う仲でも、大人になると口にしたくないことも増えていきます。こちらの質問に対して相手が言いづらそうにしている場合には、追求しないように配慮することも大切です。

ポイント4:相手の変化に柔軟に対応する

結婚、出産、育児、仕事……。ライフスタイルは一人ひとり異なり、それぞれに変化していきます。腐れ縁の相手の変化にも柔軟に対応し、自分本位にならないように気を付けましょう。長続きする腐れ縁であれば、お互いに落ち着いたタイミングでまた新たに関係を始めることができます。

腐れ縁を断ち切りたいときには

腐れ縁の関係性には、「本当はもう終わらせたいのに……」と悩みを抱えるパターンもあるかもしれません。腐れ縁を断ち切りたいときには、どう対処したらよいのでしょうか。

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

■連絡をとるのをやめる

ずるずると続く腐れ縁は、自分の心が弱いときについ連絡してしまうというケースが考えられます。本当に関係を断ち切りたいときには、相手と連絡をとらない決心をしましょう。メールアドレスや電話番号は削除し、連絡できない環境を作ることも大切です。

■恋愛関係の場合は仕事や趣味に打ち込む

異性の腐れ縁は、相手ではなく、恋愛関係そのものに依存しているケースもあります。そのため、腐れ縁を断ち切るためには恋愛以外のものに興味を持つのがおすすめです。

仕事や趣味に打ち込めば、達成感を得たり新たな人間関係が築けたりする場合もあります。恋愛のことを考える時間が減れば、自然と腐れ縁を断ち切ることも可能となるでしょう。

腐れ縁を良い関係にするのは自分次第

腐れ縁

(C)Shutterstock.com

腐れ縁は、好ましくない関係性を現すことが多い言葉です。しかし、実際は悪い意味だけではなく、お互いを成長させるいい意味での腐れ縁も存在します。腐れ縁を良い関係にするかどうかは、あくまでも自分次第。相手を思いやる心と自立心を持ち、いい意味での腐れ縁が続くように心がけていきたいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

人間性が高いってどういうこと?人から好かれる人の特徴や目指すためにできること
人たらしとは?いい?悪い?人たらしな人が好きか嫌いかを調査してみた

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事