仕事がマンネリ化してしまったら? 転職をする前に見直したい原因・対処法 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.18

仕事がマンネリ化してしまったら? 転職をする前に見直したい原因・対処法

同じ職場で働き続けていると、同じことの繰り返しでマンネリ化してしまうこともあります。仕事でマンネリ化が起こる原因と対処法を知り、再び新鮮な気持ちで働けるよう工夫をしてみましょう。転職すべきか悩んだときの考え方も、併せて紹介します。

Tags:

【目次】
 ・仕事がマンネリ化する原因とは
 ・仕事のマンネリ化を解消する方法
 ・転職すべきか悩んだら

仕事がマンネリ化する原因とは

仕事がマンネリ化すると、焦りや不安につながることもあります。ある程度働いた職場でマンネリ化が起こってしまう理由とは何なのでしょうか?

マンネリ化 仕事

(C)Shutterstock.com

・繰り返しの毎日に飽きてしまった

入社してすぐの頃は覚えることも多く、単純な作業の繰り返しでも新鮮な気持ちで仕事に取り組める人が多いでしょう。しかし毎日同じ作業を繰り返すルーチンワークでは、マンネリ化が起こりやすくなります。

ルーチンワークを続けていると目新しさがなくなってしまい、よい意味でも悪い意味でも「慣れ」が生じるのが普通です。仕事に限らず新しい出来事がなければ、最初は新鮮味があったことでも飽きてしまうでしょう。

仕事自体がルーチンワークでなかったとしても、同じ職場に出向くという行為は毎日繰り返されます。入社してからある程度の年月がたってマンネリ化が起こるのは、ある意味自然なことです。

【ルーチンワーク】のメリットって?効率よく仕事をこなすための秘訣とは

・達成感や意欲を感じられない

新人の頃は一つの業務に一生懸命取り組み、やり遂げると達成感を得ていた人も多いのではないでしょうか。しかし業務に慣れてくると「こんな仕事はできて当たり前」という感覚が普通になり、達成感を得にくくなります。

達成感は仕事のモチベーションを大きく左右する重要な要素です。やり遂げたという満足感がないまま次の仕事をこなしていると、意欲が低下しマンネリ化を招きます。実際に多くの人がマンネリ化の原因として挙げているのが、「達成感を得られないこと」です。

現在の仕事が忙しすぎて、新しいことに挑戦できない環境も意欲を下げてしまうことにつながります。入社したての頃は分からなかった厳しい現実を感じ、スキルアップや目標達成のゴールが遠く感じてしまうのも、やる気の低下とマンネリ化の原因です。

やる気が起きないときの対処法って?抜け出す方法の体験談をまとめました | Domani

仕事のマンネリ化を解消する方法

マンネリ化が進むと、仕事に対して前向きに取り組みにくくなります。働いていて新鮮さがなくなったと感じたとき、どのような工夫ができるのでしょうか?

マンネリ化 仕事

(C)Shutterstock.com

・細かい目標設定をしてみる

仕事がマンネリ化していると感じたときは、小さな目標を設定してみましょう。ゴールがあれば努力をしやすくなるものです。目標が達成できたら達成感を得られ、もし及ばなくても頑張ろうというモチベーションにつながります。

細かい目標を立てる習慣が付いたら、「現在の職場で働き始めた理由は何だったのか」を考えてみるのもおすすめです。休日など時間の取れるときに、仕事を通じて成し遂げたいことや、そのためにクリアしなければならない目標を書き出してみましょう。

入社した頃の気持ちを思い出すことにもつながるため、休み明けから新鮮な気持ちで仕事に臨める効果もあります。

・働きながらスキルアップを図る

仕事がマンネリ化している状態のとき、自分のスキルや経験を見直してみるのも有効な方法です。現在の職場で経験した業務や失敗したこと、成功したことなどを書き出し、得意な分野と苦手な分野を把握します。

その上で向上させたいスキルが見つかれば、自身を高めるチャンスです。まずは現在の仕事の中でできるスキルアップにチャレンジしましょう。今まで避けていた方法で業務に取り組んでみる、使ったことがないツールも活用してみるなどが挙げられます。

働きながら自分を高められている実感を持てれば、マンネリ化を解消しやすくなるでしょう。

・主体的な考え方を身に付ける

長年同じ職場で働いていると、どうしても受け身の姿勢になりがちです。仕事のマンネリから脱却するには、自ら行動するマインドを身に付けることが大切です。

業務に対してはまず、自分がすべきことに真剣に向き合い、会社に貢献しているのだと考えて取り組みましょう。組織の利益につながる提案を考えてみるのもおすすめです。

人間関係を良好にするためにも、主体性が欠かせません。職場の人間関係を円滑にするため、できることがないか積極的に考えてみましょう。

・プライベートを充実させる

仕事のマンネリ化に悩む人の中には、充実感の不足や現状への不安から、気付かないうちにストレスをためてしまっている人もいます。精神が疲れていると、やる気も起きにくくなるでしょう。このような状態で解決策を考えても、なかなかはかどりません。

精神的なストレスに気付いたら、思い切って休みを取るのがおすすめです。一度仕事から離れて自然や家族と触れあう時間を作る、思い切り好きなことに打ち込むなどして心をリフレッシュしましょう。

有給休暇が取れるのであれば、まとまった休みを取るのもよいでしょう。仕事の悩みから一時的にでも解放されることで、新鮮な気持ちがよみがえる可能性もあります。

仕事がつまらないときの対処方法|転職を考える前にするべきことは? | Domani

転職すべきか悩んだら

マンネリ化を感じると「このままでよいのか」という思いから、転職を視野に入れる人もいるでしょう。しかし安易に辞めてしまうと、後悔することにもなりかねません。現在の職場で働き続けた方がよいのか、転職がよいのか判断する目安を紹介します。

マンネリ化 仕事

(C)Shutterstock.com

・職場の環境や待遇を見直す

マンネリ状態になるとマイナス面ばかりに気を取られ、プラスの面に目が向きにくくなります。一度気持ちをフラットにして、今いる職場の環境や福利厚生といった待遇面を見直すことが重要です。待遇面で特に不満がなく、環境も改善の余地があるなら継続する方がよいでしょう。

現在いる部署の仕事にやりがいを感じられなくても、部署異動や配置転換などで仕事が変わる可能性もあります。人間関係も一新され、新鮮な気持ちを取り戻せるかもしれません。

ただし会社の経営が不安定、トップの考えとどうしても合わないなど、自身の努力ではどうにもならないマイナス要素がある場合、転職も視野に入れましょう。

・自分のやりたいことに向き合う

転職すべきか悩んだら「自分のやりたいことは何か」に向き合いましょう。ビジョンが不明確なまま動くのはリスクがあり、失敗する可能性も高くなります。

やりたいことが見つかったら、まずは現職を続けながら副業として取り組んでみるのがおすすめです。普段の仕事とは違ったチャレンジができるため、成長する機会にもなるでしょう。オンライン秘書・ライター・翻訳など、近年は周りに知られても問題のない副業が多くあります。

やりたい仕事に副業として取り組むうちに、キャリア計画を立てられるようになるのもメリットです。副業で十分なスキルが付いたと感じたら、キャリアチェンジのための転職も視野に入れましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

今が考えどき! キャリアプランについて意識していますか?
仕事や勉強に集中できない…困ったときの対処法とは?

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事