【動画つきアレンジ紹介】ベースは絶対!アレンジ前のランダム巻き/ボブ編 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.03.25

【動画つきアレンジ紹介】ベースは絶対!アレンジ前のランダム巻き/ボブ編

セルフアレンジがうまくできないと悩んでいる人に、絶対にやってほしいことが「アレンジ前のランダム巻き」。このベース作りのひと手間で、アレンジが作りやすくなり、仕上がりがグッと変わります!

Tags:

ボブでも絶対にやって! 理想のゆるふわ感を作るアレンジの前のランダム巻き

ゆるっとした毛流れやふんわりしたフォルムは、アレンジするときの理想ですよね。でも自分でアレンジすると、なぜかそのこなれたニュアンスが出ない…。そんな人に聞きたい!「あなたはアレンジする前に巻いていますか?」 きちんとじゃなくていいんです、適当で。なぜならその後アレンジしてしまうので、ランダムな巻き方でも気にならないんです。でも「巻く」ことは必須! そこで、簡単で今っぽさが出るアレンジ前のランダム巻き(ボブ編)を紹介します。

基本は【外巻きとミックスの縦巻き】

毛先を内巻きにするとちょっと古く見えてしまうため、毛先は必ず外巻きに。表面はうねりを出したいので、リバース巻き(後頭部の方に向けて巻く)とフォワード巻き(顔の方に向けて巻く)のミックスが基本です。

Before

髪の巻き方,上手な巻き方,アイロン,巻き方肩上のボブレイヤー。ギリギリ結べる長さを残しておくと、アレンジ幅が広がる。巻かずにアレンジをするとこなれ感がなく、特にフォーマルシーンではさびしく見えてしまうことも。

まずは毛先を外巻きに

髪の巻き方,上手な巻き方,アイロン,巻き方髪が短い場合は、やや細め(この場合は26mm)のアイロンを使用。毛先だけ全てワンカールの外巻きにする。巻いたら長く時間をおかず、少しキープしてスルー。毛先にハーフカールのハネができるくらいでOK。

表面は縦のミックス巻き

髪の巻き方,上手な巻き方,アイロン,巻き方表面の髪は、アイロンを縦に使って巻く。まず顔に一番近い毛束はリバース巻き(後ろ向きに巻く)にして、その後ろの毛束はフォワード巻き(顔方向に巻く)に。これを交互に巻いていく。ポイントは、両サイドのフェイスラインの毛束は必ずフォワードにすること。ちなみに写真はリバース巻き。

全て巻き終わったら、ヘアバームをひとすくいして手のひらによーく広げ、巻いたカールを崩しながらなじませる。毛先をつけてから全体につけて。ヘアバームはつけすぎるとベタつくので、少しずつつけ、足りないと思ったらまた少し足すようにするといい。

After

髪の巻き方,上手な巻き方,アイロン,巻き方

アレンジ前のランダム巻き/ボブ編

うまく巻けなくても大丈夫! このひと手間、5分プラスするだけで、アレンジの仕上がりが見違えます。巻きすぎたとしてもしっかり崩せば大丈夫。慣れてくればもっと手早くできるようになります。ぜひトライしてみてくださいね。

撮影/田中麻以 ヘアメイク/本木亜美(GARDEN) モデル/金子ゆり(Domarnist) 構成・動画作成/斉藤裕子

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事