コロナ禍で子どもの〝うつ〟が増えている!? スクールカウンセラーが読み解く、子どもたちの現状とは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.08.06

コロナ禍で子どもの〝うつ〟が増えている!? スクールカウンセラーが読み解く、子どもたちの現状とは

コロナ禍で子どものうつが増加しているという調査結果も出ています。専門家に子どものうつについて詳しく取材しました。

Tags:

子どもの〝うつ率〟が悪化している!?

国立成育医療研究センターが2021年2月に「小学4~6年生の15%、中学生の24%、高校生の30%に中等度以上のうつ状態があった」と発表して話題になりました。スクールカウンセラーとしても活動している、臨床心理士・吉田美智子さんも「スクールカウンセラーとしての現場感覚でも、子どものうつ傾向は悪化している」と話します。

では、子どもたちはどのようなことにストレスを感じていて、大人たちはどう接すればいいのでしょうか。また記事の最後には、吉田さんがカウンセリングの際、実際使用されている【抑うつチェックリスト】を載せていますので、参考のひとつにしてみてください。

(出典:「コロナ×こどもアンケート」第4回調査報告 | 国立成育医療研究センター(ncchd.go.jp))

スクールカウンセラーが読み解く、子どもたちの現状とは?

「コロナ禍になり、子どもたちの様子を見ていると以下のようなストレスを抱えている子が多く見られます。

・コロナのせいで日常生活が思うように送れない
・ストレスを発散する機会も制限されている
・我慢が続いてる中でも、新年度から〝がんばろう〟と思っていた子たちの疲労が高まっている
・大人もストレスやいろいろな事情を抱えるため、子どもたちは〝大人に言いにくい〟と感じている

この結果、【イライラを人や物に当てる】【唯一の発散がゲーム・インターネットになり、生活リズムが乱れてしまう】【無気力になってしまう】という子が多く見られます。そして今、一番懸念しているのが、イライラを自分に向けてしまう子です。自分の髪の毛を抜く【抜毛症】や、自分の腕に噛みついたり、頭を叩いたりと、ストレスが自傷行為に繋がってしまっています。コロナ前は極稀に見られたのですが、コロナ後は例年の倍近くいる感覚です」

親ができることは?

「子どもに変化があってもなくても、このコロナ禍の今、日頃から接し方には気を配ってほしいなと思います。日常的には、

・まず子どもの話は否定しないで聞く
・親子で対話できるような時間・場所を作るよう心がける
・コロナストレスから解放されるまでは、おおらかな気持ちでゆとりある生活を送る
・制限のある中で頑張っている子どもを労う

もし、子どもがストレス行為をしていると感じたら

・頑張りすぎていないか振り返る
・ストレス、プレッシャーなど無理が生じていないか振り返る

親が生活を振り返り、調整・改善をしてください。また、TVや大人同士の会話の中で、無意識のうちにコロナの話をしている場合もあります。子どもが耳にし、必要以上に心配や不安に陥るケースも少なくありません。そしてこれからは、ワクチン接種が進みますが、子どもたちはまだ打つことができません。大人たちはワクチン接種で安堵感に包まれるかもしれませんが、子どもの不安は続きます。中には〝大人だけズルい〟〝自分は守られていない〟など、孤独感を感じる子も出てくるかもしれません。家族でワクチンについても話し合えるといいですね」

抑うつチェックリスト

<1>気持ちが落ち込む
<2>ものごとに興味をもてない、楽しめない
<3>食欲がない、または食べ過ぎてしまう
<4>眠れない、寝つけない、夜中に目が覚めてしまう、寝ても疲れがとれない
<5>落ち着きがない。または逆にスローな感じになった
<6>疲れやすい。やる気がでない
<7>自分はダメな人間だ、何の役にもたたないと感じてしまう
<8>集中できない。落ち着いて考えられない
<9>死んだほうがましだという気持ちになる。自分を傷つける行動をしてしまう。

「このチェックリストは、実際に、抑うつかどうかをチェックする時に使われるポイントをあげています。9つのうち、5つ以上が2週間以上続いて、日常生活に支障が出ると〝抑うつ〟と診断されます。できれば、ひとつでも当てはまったら、一度立ち止まって、すぐにでも対策を立てられるといいと思います」

取材・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎面倒臭いほどに怖がり屋な我が子…怖がりすぎの原因はなに?
▶︎かんしゃくを起こす子どもに〝同調〟は逆効果!?それよりも〝◯◯◯袋〟を育てて!

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事