Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.15

「足を引っ張る人」ってどんな人?【100人に聞いた】

周りに「足を引っ張る人」がいるか、ワーママ100人にアンケートを実施。「足を引っ張る人」とはどんな人なのか、どのように接しているのかについても聞きました。

Tags:

そもそも「足を引っ張る」の意味とは?

まずは「足を引っ張る」の意味を改めてチェック。

「足を引っ張る」
人の成功や前進をじゃまする。また、妨げとなる。「チームの―・る」
(小学館刊・デジタル大辞泉)

【質問】あなたの周りに「足を引っ張る人」はいる?

足を引っ張る人

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

それではいよいよアンケートの結果を発表。ワーママ100人に「足を引っ張る人」が周囲にいるか質問したところ、「はい」と回答したのは16.7%。2割に満たない結果となりました。

【質問】「足を引っ張る人」ってどんな人?

続いて、周囲の「足を引っ張る人」がどのような人なのか質問しました。代表的な回答をご紹介します。

・文句や否定的なことばかり言う

「仕事をさぼるのに文句ばかり」(30代・山梨県・子ども1人)
「やることすべてを否定する人」(30代・埼玉県・子ども1人)

・嘘をつく

「自分の立場が悪くなると、すぐに他人を悪者にしたてて嘘を広める」(30代・三重県・子ども2人)
「約束を守らない。嘘を日常的につく」(30代・兵庫県・子ども3人)

・行動や決断が遅い

「こっちは準備できているのに相手がもたもたしている」(30代・北海道・子ども2人)
「決断が遅い人」(40代・神奈川県・子ども2人)

足を引っ張る人

・ミスが多い

「ミスが多すぎ」(30代・島根県・子ども2人)
「肝心なときにミスをしたりする」(30代・和歌山県・子ども1人)

・気分で動く

「機嫌で仕事をする」(40代・岩手県・子ども1人)
「自分の思い通りにならないとすぐに不機嫌になる」(40代・新潟県・子ども1人)

「人の成功や前進をじゃまする」ことなだけあって、仕事の妨げになったり、混乱を招いたりするようなことが挙げられました。上記以外には「人の話を聞かない」「思い込みで動く」「周りを見渡せない」などの回答も。

【質問】足を引っ張る人との付き合い方は?

最後に、「足を引っ張る人」にどのように接したらいいと思うかも聞いてみました。代表的な回答をピックアップしてご紹介します。

・深く関わらないようにする

「うまく距離をとって付き合う」(30代・埼玉県・子ども1人)
「関わらない。どうしても関わらなければならないときは用事があるときのみで手短にすませる」(30代・神奈川県・子ども3人)
「深く付き合わず、ほどほどに接する」(40代・岡山県・子ども2人)
「必要以上に関わらない。一緒に組んで仕事をするならきちんと役割を分ける」(30代・山口県・子ども1人)
「余計な口出しをしてくる人の言葉は話半分に聞いておく。近すぎると嫌いになって働きづらくなるので、嫌いにならない程度の距離感を保つ」(30代・福井県・子ども1人)
「関わらない。また相手にしない」(40代・大阪府・子ども4人)

・フォローする

「さりげなく、こうした方がいいんじゃないとアドバイスする」(40代・東京都・子ども1人)
「助けながら見守る」(40代・山形県・子ども2人)
「足を引っ張りたくて引っ張っているわけではないなら、助ける」(30代・愛知県・子ども2人)
「困っていることを一緒に助けてあげる。足を引っ張る人と思わないで接する」(40代・東京都・子ども3人)
「意図的に足を引っ張る人とは関わらない。 実力不足で足を引っ張ってしまう人には、やり方を改めさせたり、誰かがチェックをしたりという仕組みをつくる」(30代・埼玉県・子ども1人)

足を引っ張る人

・気にしない/割り切る

「あまり気にしないこと」(40代・鳥取県・子ども1人)
「そういう考えもあるよね、と一旦受け止めるが真剣に受け止めない。そういう人だと理解して付き合う」(40代・兵庫県・子ども1人)
「そういう人と割り切る。 足を引っ張られないよう、自己防衛の意味を込めてフォローする」(30代・千葉県・子ども1人)
「人それぞれ能力は違うと割り切る」(30代・福岡県・子ども1人)

・互いに助け合う

「助け合う」(30代・大阪府・子ども1人)
「お互いのダメなところを支え合い、カバーし合う」(30代・和歌山県・子ども1人)

・期待しない/諦める

「その人に期待しないこと」(30代・山梨県・子ども1人)
「そういう人だと思って諦めている」(30代・島根県・子ども2人)

・信用しない

「その人の言うことに惑わされない、信じない」(30代・佐賀県・子ども2人)

・指導者を変える

「指導する人を変えてみる」(40代・佐賀県・子ども3人)

・伝える

「正直に言う」(40代・富山県・子ども1人)

アンケートの結果もっとも多かったのは、足を引っ張る人とは深く関わらないようにするという回答。さらに、さりげなくフォローするという人や、互いにカバーし合うという人も多い結果となりました。

最後に

「足を引っ張る人」とはなるべく距離を置くという回答が多かった一方、フォローするという回答も多数挙がった今回のアンケート。ミスをしてしまうのも苦手なことがあるのも当たり前で、「足を引っ張る人がいる」というより「誰もが足を引っ張ってしまうことはある」と考えている人も多いようです。また、意図的に足を引っ張る人とは関わらないようにし、そうではないなら助けるという回答も。相手に悪意がある場合やこちらへの害が大きい場合などは、自分を守るために距離を置くことも必要ということではないでしょうか。一口に「足を引っ張る」と言っても、フォローし合えるようなことなのか、悪意があるのかないのかなど内容は様々で、みなさんの対処の仕方もそれぞれ変わってくるようです。

イラスト/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい

【100人に聞いてみた】独りよがりな人にみられる特徴とは?
【100人に聞いた】おおらかな人に見られる特徴とは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事