LINEの返信が遅い理由は5つ!脈あり・脈なしサインと続けるコツをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.19

LINEの返信が遅い理由は5つ!脈あり・脈なしサインとは?

LINEの返信が遅い原因として、「返し方がわからない」など5つの理由が考えられます。早く返事をもらうためには連絡頻度を見直すなどの工夫が不可欠。今回はLINEの返信が遅い理由や脈あり・脈なしの見分け方、やりとりを続けるコツをご紹介します。

Tags:

【目次】
LINEの返信が遅れる5つの理由とは?
LINEの返信が遅い男性の脈あり・脈なしサイン
返信が遅い人とLINEを続けるコツ3つ
LINEの返信が遅い理由を理解しメッセージを工夫しよう

LINEの返信が遅れる5つの理由とは?

LINEの返信が遅れる理由として、主に以下の5つが挙げられます。

line 返信 遅い

1. 返信できないほど忙しいから
2. 駆け引きを楽しんでいるから
3. どう返信するか悩んでいるから
4. LINEが得意ではないから
5. やりとりが面倒になったから

返事がこない理由を理解しておくと、返事を待つ間のストレス軽減につながるでしょう。ここでは返信が遅れる5つの理由について解説します。

1. 返信できないほど忙しいから

返信する時間を取れないほどの多忙が原因で、返信が遅れることがあります。やらなければいけないことが山積みになっていると、LINEのやりとりに時間を使うのは難しい場合もあるでしょう。

特に男性の場合、仕事に集中しているときは仕事以外のことに目を向けられない人が多数派です。同時に複数の作業をこなすのが苦手という人も多く、返信を後回しにしている可能性が高いかもしれません。

2. 駆け引きを楽しんでいるから

LINEの返信が遅れる理由の一つに「恋の駆け引き」が挙げられます。わざと返信を遅らせることで相手の気を引こうとするパターンです。

順調に続いていたラリーが突然途切れると、「どうしたんだろう?」「何か気に障ったかな?」と気になってしまいますよね。こういった心理を利用し、返信を待たせて自分のことを考える時間を作らせようとしているのです。

特に長いラリーが続いたあとに返信が遅れ気味になる場合は、LINEを使った駆け引きを仕掛けていると考えられます。

3. どう返信するか悩んでいるから

受け取ったメッセージにどう返していいかわからず、悩みすぎて返信できないケースもあります。「どう返したら好かれるか」「不快にさせる内容になっていないか」など、慎重に内容を考える人ほど返信が遅れがちです。

考える時間が長くなる理由として、「好かれたい」という気持ちや「嫌われたくない」という思いから、返信内容を熟考していることが挙げられます。あるいは、長文のメッセージや返しにくい内容に対して言葉をまとめられないパターンかもしれません。

4. LINEが得意ではないから

LINEに苦手意識があり、返信が遅れ気味になる人は多いです。LINEは便利なコミュニケーション方法として普及していますが、電話が嫌いな人がいるのと同じように、LINEが苦手な人は少なくありません。

LINEが得意ではない理由には、「既読機能によって返事を急かされるのが嫌」「顔を見ずにやりとりしたくない」などが挙げられます。または、そもそもマメな連絡が苦手で、「直接会って話せばいいや」という考えから返信が途切れることもあります。

5. やりとりが面倒になったから

やりとり自体が面倒になって返信が遅れるのも多いケースでしょう。他愛のない話を好む女性が多いのに対し、男性は意味のないやりとりを好まない人が多いです。LINEは会話を楽しむためのものではなく、単なる連絡手段と考えている人もいます。

そのため、ゴールが見えないようなだらだらとした会話が続くと、やりとりするのが億劫になって返信が遅くなる傾向があります。

LINEの返信が遅い男性の脈あり・脈なしサイン

LINEの返信が遅くても、脈ありか脈なしか見分けることは可能です。メッセージに絵文字や名前呼びが多く入っていれば脈ありの可能性が大。反対に相手からの質問がなく、会話が続かないメッセージなら脈なし説が濃厚です。

line 返信 遅い

このように、返信が遅いからといって必ずしも脈がないわけではありません。ここではLINEの返信が遅い男性の脈あり・脈なしサインについて解説します。

■絵文字や名前呼びが多いなら脈ありかも

絵文字がたくさん使われていたり、LINEの中でよく名前を呼ばれたりするなら、脈ありの可能性が高いです。メッセージに絵文字を盛り込むと、文字だけを送るよりも感情を込められます。

男性は絵文字をあまり使わない傾向がありますが、好意を持つ相手に対しては感情を伝えるために絵文字を使うことがあります。

そもそも、LINEは個別のトークルームで会話するため、いちいち名前を呼ぶ必要はありません。それなのにわざわざ名前呼びを多用してくる場合は、特別な感情が隠れていると考えられるでしょう。

■質問がなく会話が続かないなら脈なしの場合も

「相手からの質問がない」「会話を続ける意思が感じられない」といったLINEは脈なしである確率が高いです。

相手に対して好意があるとき、男性は質問することで会話を広げようとします。一方、興味を持たない相手とはLINEを続ける気がないため、質問したり話題を振ったりしません。

質問を織り交ぜた内容であれば、返信が遅くても脈ありの可能性があります。しかし、返信が遅いうえに素っ気ないメッセージが返ってくる場合は、残念ながら脈なしの場合も考えられます。

返信が遅い人とLINEを続けるコツ3つ

LINEの返信が遅い人と長くやりとりするためには、以下の3つのコツを意識することが有効です。

line 返信 遅い

1. 相手が返しやすい話題を振る
2. LINEを送る回数を減らす
3. 相談系のLINEを送る

相手が返信しやすいように工夫してLINEを送れば、返信率アップが期待できるでしょう。ここではLINEが続きやすくなるコツについてまとめていきます。

1. 相手が返しやすい話題を振る

返信が遅い人とLINEを続けたいなら、相手が返しやすい話題を送ることが大切です。相手からLINEが返ってこない場合、返し方に迷っているせいで返信が遅れている可能性があります。

相手にとって返しやすい話題であれば、自然と興味が湧いて返信を考えやすくなるでしょう。例えば、趣味や好きなものなど、相手が詳しく知っていそうな話題を振ると効果的です。

2. LINEを送る回数を減らす

急激にLINEを送る回数を減らすことも、返信が遅い人への対応として有効です。LINEの返信がこないのは、相手が「返信しなくても怒られない」「返信が遅れても必ず返ってくる」と安心しきっている可能性が高いです。

そういったタイプの男性には、突然こちらからのLINEを減らすのが効果的。相手は急に連絡がなくなったことに不安を感じ、焦って連絡をしてくるかもしれません。返信が遅いことに悩んでいる場合は、LINEを送る頻度を見直してみてください。

3. 相談系のLINEを送る

LINEで相談を持ちかけるのも、返信が遅い人とやりとりを続けるコツの一つです。女性から頼りにされることをうれしいと感じる男性は多いです。相談系のLINEで頼りにしていることをアピールすれば、「自分が助けてあげたい」といった気持ちから返信をくれるようになるかもしれません。

注意点として、重すぎる内容やネガティブな相談は控えるのが無難。呆れさせてしまう可能性があるため、愚痴っぽくなりすぎるのも禁物です。

LINEの返信が遅い理由を理解しメッセージを工夫しよう

line 返信 遅い

LINEの返信が遅れる理由は主に5つあり、「仕事が忙しい」「駆け引きを楽しんでいる」などが挙げられます。返信が遅い=脈なしとは限らず、絵文字や名前呼びが多ければ脈ありの可能性があります。

返信が遅い人とLINEするときは、返しやすい話題を振ったりするとやりとりが続きやすいでしょう。相手から返信がこないなら、遅れる理由を想定してメッセージに工夫を凝らしてみてください。

こちらの記事もたくさん読まれています

社会人の恋愛って難しい?学生時代との違いやきっかけの作り方をご紹介
未読無視されるのはなぜ?既読無視との違いや、する人の特徴【心理カウンセラー監修】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事